映画・テレビ

2020年9月26日 (土)

【映画】『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』を見た

 何をやりたかったのだろう。「ジョニー・デップ」の"怪演"にだけ頼った作品でしょうか。

ちょっとやり過ぎかな。まさかこのキャラ&ストーリーでシリーズ化を期待したわけではないでしょうが。。。

まあ、コメディ作品なのだろうなぁ。

グウィネス・パルトロー」「ユアン・マクレガー 」なども灰汁が強いキャラを演じ、脇も万全なのですが、なんでこんなに楽しめないのだろう。

 まあ、『笑いのツボ』 は人それぞれだしね。"動き"ではなく"言葉"、特に吹き替えは相当にうまく運ばないと─。

~盗まれた絵画を巡り、詐欺まがいの美術商?「チャリー・モルデカイ」が頼れる巨漢従僕「ジョージナ」と各国で大暴れ!!~

(記:スッタコ小僧)

 

【映画】『ファンタスティック・フォー 銀河の危機』を見た

 超能力を持った4人が活躍するSFアクション映画です。

ヨアン・グリフィズ」、「ジェシカ・アルバ」・・・ごめんなさい、「クリス・エヴァンス」が分かったぐらい。。。

 前作はそんなに悪い印象がなかったのに、まあ、だから続編ができたと思うのですが、なんでこのストーリー?。

原作は知りませんが、この内容しかストック・目玉となるストーリーがなかったのか、それとも映画オリジナル?。

敵か味方かあやふやな「宇宙サーファー」怪人を出して、敵味方・人間・宇宙人・かつての敵が入り乱れての"てんやわんや"。

主人公(ゴム人間)「リード博士」とヒロイン「スーザン」との結婚式を挟み込んでいますが、全体的に「どこが見所?」と頭をかしげる内容でした。

 良い題材/キャラクターも、物語がなければ・・・・。

(記:スッタコ小僧)

2020年9月22日 (火)

【映画】『ジュラシック・ワールド 炎の王国』を見た

 「クリス・プラット」主演、恐竜パニックシリーズ最終作?─まあ、意図せずとも"とどめ"を刺した一作です。

~はあ、テンプレ(テンプレート)するならする、新しい事やるのだったら、もう少し突き抜けて~

なんだろう、最後以外はあまりにも典型的な展開でガックシです。

また、邦題のサブタイトル「炎の王国」にも騙された感が満載です、まあ、勝手に炎の中の大アクションを期待した視聴者であるこちらが悪いのですが。

最後、何かを投げかけたいのか・・・それならば、映像の一端で良いので考える解決策/技術を分かりやすく見せてください。

せっかくのシリーズ、まだまだ色褪せぬ題材、CG技術を頑張るのではなく、もう少しなんとかならなかったのだろうか。

・・・破綻したパーク、存続し続ける恐竜に火山噴火の危機迫る。。。なんとか恐竜たちを救おうと乗り込むも─

字面だけ見ると燃える展開なのですが、頭から「あれ、あれれ」なんだよなぁ。

(記:スッタコ小僧)

2020年9月 6日 (日)

【映画】『マイ・インターン』を見た

 「アン・ハサウェイ」と「ロバート・デ・ニーロ」共演のヒューマン・ドラマでしょうか。

コメディかと思ったらそうでもないし、ラブストーリーでもない、終わりは"ほんわか"作品です。

高齢化社会に迎合した作品かと思いきや、意外や意外、終盤まできちんと見れた内容でした。

歳をとった時、本作の先輩達のように経験豊か、役に立つアドバイスができるヒトになれますように。

(記:スッタコ小僧)

2020年9月 5日 (土)

【映画】『祈りの幕が下がる時』を見た

 「東野圭吾」原作、「阿部寛」主演のミステリ映画です。

加賀恭一郎」シリーズ、前作の映画は見ているのですがドラマおよび原作小説は一切、読んでいない作品です。

主役「刑事」を忘れている&ほぼ知らない分、楽しめないのかなと心配したのですが、杞憂でした。

グイグイと引き込んでくる作品ですね、思わずがっつり見てしまいました。

ただ、残念なのはキャストがあまりにも"テンプレ"過ぎる事…。まあ、それでも"魅せて"くれましたが、もう少し何とかなりませんかね。

邦画はあまり見ない方なので、言える事は少ないですが、心配になってきましたよ。

~~~

16年前の母の死、そして謎だった母の恋人。

殺人事件の現場に残されたカレンダのメモにより繋がる過去と現代・・・事件の真相、そして母の恋人の正体とは─。

~~~

(記:スッタコ小僧)

【映画】『ベイビードライバー』を見た

 タイトルからてっきり、コメディかと思いきや・・・クライムアクション映画だったのか。

それよりも吃驚したのは、洋画が好きだった私が出演者について全く分からなくなっていること。

主演の「アンセル・エルゴート」さん、知りませんでした。

悪玉の計画屋?役の「ケヴィン・スペイシー」さんと「ジェイミー・フォックス」さんだけ、何とか分かりました。

音楽とドライビングテクニックが光る、アクション、洋楽と車に多大な興味があれば、もっと魅かれる作品かとは思いますが、残念ながら私はその分野に疎くて、いまいち嵌りませんでした。

でも、まぁ、楽しめる作品だったのではないでしょうか。全く見知らぬ作品で、ふと録画して楽しめると嬉しいですね。

(記:スッタコ小僧)

2020年8月25日 (火)

【映画】『山猫は眠らない4~7』を見た

 息子に代わって続いているのは知っていましたが、まさか劇場公開8作目を控えているとは・・・吃驚したスナイパー・アクション映画です。

第3作目までは見ていたので、4作目から録画して一気に7作目まで視聴です。

劇場に人を運ばせるためですが、ありがたい、でも「第8作目」は予告を見た限り─えっ、テイストが違うと感じ、私は敬遠しがちですが。

いやぁ、邦題をよく考えたなぁ、『復活の銃弾、反逆の銃弾、裏切りの銃弾、狙撃手の血統』とサブタイトルが続きます。

 4~6作は良かったかな。第4作目は伝説の狙撃手「トーマス・ベケット」(「トム・ベレンジャー」)の息子「ブランドン・ベケット」(「チャド・マイケル・コリンズ」)登場!!、交代した主役の出来は如何にだったのですが、狙撃手入門編のため、パワー不足は否めない。
その後、素直に第5作、「トーマス・ベケット」を再登場させた点は評価できます、その潔さと出演者が言い方が悪いですが"それほど大物ではない!?"からか、シリーズを通したメンバを用意できた点が長く続いた秘訣なのかな、と感じました。
 第6作は挫折、新たな学ぶべき人との出会い、そして最後の"砦"展開─燃えました。

一転、場所を普通の都市へ移してしまった第7作目は、いまいち盛り上がりに欠け、近未来兵器なのか特殊弾にも辟易・・・。

元の泥臭い内容に─と感じた最中、更に当惑させる第8作目の予告─えっ、くの一でも出すの?。

でも、あまり大掛かりな大作ではなく、この手のアクションシリーズが続いていくのは、シリーズを見ていた自分にとっては嬉しい驚きと楽しい時間でした。

(記:スッタコ小僧)

2020年8月10日 (月)

【映画】『イコライザー2』を見た

 「デンゼル・ワシントン」主演、「19秒で悪を倒す」フレーズのアクション映画第二弾です。

ちょっと期待度を上げ過ぎていたなぁ、第一作の出来、そして当時の第二弾の宣伝にて盛り上がり過ぎていました。

BSの放送で見たのですが、あれっ、ホテルでの悪人退治はカットされている?それとも、あれは特別版?。

色々なサブストーリーを混ぜ込み、最後の戦いは嵐の中で暗く見栄えが・・・加えて、既に色々なジャンル作品で出た〇〇爆発利用。

緊迫&ショッキングシーンでアクション映画としては及第点かもしれませんが、合格点以上の更なる出来を求めていたファンにとっては厳しい作品だったかと思います。(私もその一人です。)

(記:スッタコ小僧)

【映画】『キャノンボール』を見た

 昔は映画は特撮(SF)、(子供なので)あまり出演者で見ている事はなく、車にも興味がなかったので「お正月映画の決定版?」と言われても、ピンっと来なかったなぁ。

カンフー映画は大好きだったので、「ジャッキー・チェン」に魅かれて『~2』から見ていたような気がします。

でも『~2』も野球の延長か、ハイテクカーが水中を進む場面で途切れていて・・・色々と気になっていた事が続き、思い出深いシリーズの一つです。

今、改めて視聴しても若干、"ノリ"についていけない部分はありますが、「豪華出演者」「カーアクション」「コメディ」─大ヒット理由が分かる一品です。

~~~~~

カルフォルニアまでの5,000キロ、ルール無用の公道レース。

警察に捕まらないように各参加者、色々な策を凝らして、いざ、出発!!。

~~~~~

 

(記:スッタコ小僧)

【映画】『スペースバンパイア』を見た

 昔、中途半端、または苦手できちんと見れていなかった作品って、変に美化/期待度UPさせてしまっているパターンが多い。

今と昔では特に特撮では技術に差があるので、SF関連はガッカリすることが多い事にはある程度、覚悟があったのですが。。。

いやぁ、もう少し"まともにホラー、またはドッキリ"させてくれないかね。

「トビー・フーバー」監督のSFホラーです。

まあ、タイトルから「B級」は想定済み、でもその「B級」の期待値を大いに上げて視聴に臨んだのですが─。

ハッキリしない訳分からんストーリーラインをぶち込んだな、というのが残念な感想です。

扱う題材から、ホラー映画、何も簡潔・スッキリを求めているわけではありません、でもね、その点が面白さを邪魔しているとなると別です。

『スピーシーズ』(こちらもあまり、まともに見てませんが)の"走り"かと、別方面にも若干、気にして見ていたのですがそちらも肩透かし。

ふう。

~~~~~

ハレー彗星が地球に接近、宇宙船チャーチルが彗星を調べようと接近すると・・・謎の物体と遭遇。

中には巨大蝙蝠の死骸とカプセルに入った三人の美男美女──そして、チャーチルは行方不明に。

30日後、宇宙船が発見されるが・・・。

~~~~~

(記:スッタコ小僧)

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

リンク