ゲーム

2022年6月12日 (日)

【ゲーム】DC、そして久しぶりに携帯機を連続&長時間プレイ

 最初はそろそろ一気に7巻までクリアしようと再始動している『エルドラドゲート 第5巻』[DC]です。

うーん、戦闘というかイベント厳しくないか。。。モンスターハンターである「ソフィ」について、まだ使い慣れてないからか。

未だに単身、そしてモンスターを捕まえるイベントは殺さないように慎重にバトルする必要がある。

当初、キャッチ(捕まえる)ができないと思ったら、既に捕まえているモンスターがいて枠が埋まっているからのようです。

かといって、下手にセットで戦闘に参加させると・・・捕まえる必要があるレアモンスターを倒してしまったり、全く活躍せずにアッと言う間にやられてしまったり。

 私は第1巻から順にプレイしてますが、あらすじ等のコレクションが揃っており、元々の仕様としてはレベルアップ概念がないので、どの巻からでもOKなソフトだったはず。

まあ、でも隔月で楽しむRPG!!が売りだったので、やはり継続プレイが前提なんだろうなぁ、ここに来て"戦闘がシビア"と再実感です。

前述の通りレベルアップがないので、属性や武器・防具の合成で何とか強化していくしかない。。。でも、「ソフィ」は脱獄からスタートなのでゼニーが無いで、ジリ貧状態です。

 次はDCのアーケードスティックも動かしておかないといけないので、『スターグラディエーター2 ナイトメア オブ ビルシュタイン』[DC]です。

いつもはストⅢやあまりプレイしていなかったFV2なのですが、つい最近、かの宇宙映画を見た影響か、久しぶりにプレイしました。

 キャラは悪?の王女様「レイン」でプレイ、ボタン押したままで離すという使いづらい必殺技は利用せず、鎌?のリーチを活かしてクリアです。

ええっ、こんなエンディングなんだ、吃驚。

 正直、もう少しグラフィックを何とかできなかったのか、と言うのが正直な感想です。

DCへの移植に当たり、グラフィックを強化して(『ソウルキャリバー』レベル)発売していたら、大化け(まあDCなので限度がありますが)、DCの"この一本"として長く記憶に残ったかもしれません。

 舞台・演出など、ちょっと独創性というか、「皆が思い描くというか、見た事あるスペース(宇宙)感」なのですが、その分、馴染み易く格闘ゲームとしての操作性は流石、カプコン、バッチリな作品です。

 次はPSVitaです、と言っても、まずプレイしたのはPSPの方にもダウンロードしていた『豪血寺一族2ちょっとだけ最強伝説』[PS・ダウンロード版]、歌う格闘ゲームです。

以前も記載したかもしれませんが、本作PSソフトも持っています。各ステージの曲が楽しく、キャラもぶっ飛んでいて楽しいです。

ただ、PS版の難点は・・・変身の時に画面が止まる(ロード)事です、テンポが悪すぎる。

もしかしたらダウンロード版はその点が改善されているかも・・・と思って購入したのですが、残念ながら改善されてませんでした。

「礼児」で軽くプレイするつもりが、おおっクリアまで持っていけたか。

 えっ、エンディングのスタッフロール、なんでこんなに長いの。はぁ、久しぶりのロード地獄で別の点で疲れました。。。

 そして次のソフトは・・・これも、Vitaというよりは、SFCのリメイク『ロマンシング サガ3』[PSVita]をプレイです。

実は本シリーズ、SFCで1、2作目はプレイしたのですが、3作目はプレイしていなかったので。

 私は本シリーズはSFCから、まあ、そもそもTVゲームに自宅で始めたのはSFCからで、『ロマンシング サガ』[SFC]が初めて購入したソフトでした。(確かそうだったはず。次ぐらいが『ストリートファイターⅡ』[SFC]で格ゲーにドップリだったかと。)

ファミコン時代は親戚や友達の家に行った時に触れたぐらい。なんだろう、最初、プラモデル等と違って"モノ"が残らないTVゲームをそんなに欲しいと思った事がなかったんだよなぁ。

その為、TVゲーム購入・自宅デビューが結構、遅かったです。

たぶん、初めはRPGから始めようと何故か思ったのかな、お店には『ファイナルファンタジーⅣ』と『ロマンシング サガ』が目立った位置に置いてあったと思います。

何にもTVゲームやシリーズの前提知識がない中、どっちにするかで悩み、パッケージで決めた・・・記憶があります。

前述の通り、遅いデビューだったので二等身キャラで描かれたⅣよりサガを選択したんだと思います。

デビューが髭オヤジでなかった事から、未だにかのシリーズ、ほとんどプレイした事がない。。。親戚の家でファミコンの初代をとても楽しんだ記憶はあるのですが。

でもかのシリーズ作品はあまりプレイしていないだけで、任天堂作品には触れてますよ。SFCではFZEROやスーパーメトロイド、ゼルダなどは夢中になってプレイ、クリアしました。

 思い出ばかり記載して申し訳ないのですが、販売されている"書物"に間違いがある・・・という事を明確に経験したのもロマサガ絡みかな。

RPG初めてという事もあり、攻略本・確かたぶん初めの方しか説明していないスターターブックレベルだと思いますが、ソフトを入手後、購入したのかな。

その攻略本に記載してあったキャラの初期ステータス記載が、実際のゲームの値と異なっていたこと。。。何故か、本の方を信用してしまい、購入したソフトに不具合が・・・と当初、思ってしまった事があったと。

 ロマサガ3はプレイした事がないので、いつかプレイしたいと思ってました。1と2、特に2が面白かったとの記憶が強いので。

当初は3DSのVCで・・・と思ったのですが、ええっ、なんで3がないの。(2、3と購入しておこうと思ったのに2しかない。1はPS2のリメイク?があるからいいやで。)

諦めていた所に、PSVitaでPSショップを見ていたら、あれれれ、2と3もある!!で、ポチッです。

 3プレイ開始しましたが、やはり戦闘が面白い!!いつ、技を閃いてくれるのか、敵シンボルとのエンカウントが楽しいです。

セーブが簡単にできるせいか、ちょっと緊張感が低めですが。

難点は、何故か起動からタイトル、またタイトルが出てからも「NOW LOADING」がある事。なんで。

まあ、SSやPSoneでローディング耐性はあると思ったのですが、それはあくまでレトロハードの話でした・・・Vitaでなんでよ、と少しイラツキ有り。

 最後は3DSでダンジョンRPG『ラビリンスの彼方』[3DS]をプレイです。

3Dを何に活かすのかと思ったら、ストーリーで展開される設定、シチュエーション、ダンジョン探索の視点に利用した面白い作品です。

良くある三すくみの属性を利用した戦闘なのですが、当初、数字・数字でややこしい、安易に回復できない等の煩雑なシステムに挫けそうになったのですが、プレイし続けるとやめ時が見つからなくなる探索RPGです。

詳しい事は、また別日に記載したいと思います、しばらくは久しぶりに3DSの電源、頻繁にONする事になりそうです。

(そう言えば3DS、やっとまともにクリアしたのが1本に到達したばかりのハード。コンセプトは面白いのですが、中々進む作品がないなぁ。)

(記:スッタコ小僧)

2022年5月22日 (日)

【ゲーム】アドベンチャーゲーム三昧

 中々集中および一作品に継続してプレイできなくて、困ったら解答が溢れている(簡単に検索できる)アドベンチャーゲーム主体でプレイしました。

流石にGW、いくつかの作品をクリアしておきたくて。。。いい加減、積みゲをある程度、減らしておかないと。(大分、記事を書くのが遅くなったなぁ。)

 まずPSVitaで『死印』[PSVita]をプレイ、クリアです。

10時間程度でクリアできる作品であり、ホラーという事もありドキドキ感もあって、興味深く進める事ができました。

以前に記載した通り、ホラーにしては怖くない点が難点ですが、ストーリー/結末含めて楽しめる作品ではありました。

 次はいきなりアドベンチャーではないのですが、『英雄伝説 ガガーブトリロジー 朱紅い雫』[PSP]、RPGです。

三部作であり、第一作の『白き魔女』をクリア、そのストーリーが意外に良かった事から、PSPに通常、入れているのが本作です。

うーん、あまりストーリー的に面白い展開もない事から、親切設計で進め易いRPGなのですが進捗具合が悪い状態となっています。

ただ、過去の雑誌を読み返していて、本作のストーリーを褒めている読者感想が見つかり、久しぶりに少し進めました。

 さて次は、『心霊カメラ~憑いている手帳~』[3DS]です。

当初、かの人気ホラーアドベンチャー『零』シリーズ"擬き"として、とりあえずリリースした作品かと思ったのですが、3DSの独自機能を活かそう、活かそう、とした気概というか挑戦があり、最後の突然厳しくなった「カメラの戦い(シャッターチャンス[赤枠表示]を一瞬でも見逃すな!!)」以外は、楽しめました。

やっとクリアです、でもコスチュームも変えられるエキストラストーリーがある・・・うーん、元ストーリーでおそらくお化け退治部分を難しくしたモードなんだろう、ちょっと他作品もあるので。。。

本作、久しぶりの記事記載です。最後の最後にて前述のバトルで数回負けた後、大分、放置していた作品でした。

今回、何としてもクリア作品を増やしておこう─で、やっとクリアできました。

 最後は『此花パック~3つの事件簿~』[PS2]をクリアです。

Img_1703

4作品表示されていますが、『此花4』は予告ムービーのみです。

推理小説好きには幾分、軽めのトリックばかりですが、当初、私自身が想定していたよりも"しっかり"した内容で吃驚しました。(推理しかり、ボイス、アニメなどなども。いずれも有名処さん使用、決してそれだけに頼っている感ではない点がシリーズ継続の要因なのでしょう。)

ただ、3作目ではネタ切れか連続殺人から、〇〇事件捜査に変わってしまい、某長期探偵漫画/アニメのような最終インパクトになってしまったのが、少し残念でした。

(記:スッタコ小僧)

2022年5月 5日 (木)

【ゲーム】NEOGEO、XBOX360、SS、PS、DC、PSVita、PSPと色々

 まずはNEOGEOでアクションゲーム『NAM-1975』[NEOGEO・ROM]をプレイです。(この時期、戦争モノはどうかなぁ、とも思ったのですが、ゲームはゲームとして。)

スティックが左右標準となったゲームコントローラーでは想像もつきにくくなった、操作感。

Aボタン押しっぱなしで照準移動、Bボタンが手榴弾でCボタンとレバー左右でダッシュ移動、斜めで無敵の側転です。

 単純なだけに忙しい、また本作、意外に演出が凝っている点も某雑誌記事に記載されていましたが"原SNKの必殺の気合"が確かに感じられる作品です。

なので、デフォルトの4コンティニューでのクリアを目指しているのですが、最終ステージ一歩前で躓く状態です。(メモリーカードがあるので、そこからプレイすれば良いのですが、前述の通り演出が凝っているのでステージ1からプレイしたくなるのですよ。)

 次は爽快感抜群、各ステージグラフィックも今となっては(私には)絵画レベルで好き!!『餓狼伝説SPECIAL』[NEOGEO・ROM]を「ギース」でプレイしています。

やっとCPU戦、当て身が決まるようになってきた。また、初めは扱いづらいと思っていた通常技、成程、その強さが分かってきました。

ここでシューティング投入『パルスター』[NEOGEO・ROM]です。うーん、ミスするとその場復活ではなく、パワー・スピード・オプション初期状態で戻されるのはキツイです。

ミスすると終了するので(復活厳しい)、なかなか先へ進めない・・・ステージ3でずっと足踏み状態なのですが、某動画を見て勇気づけられました。

根気良く、頑張ってみようと。

 レバー・ボタン操作が本当に忙しいパズルゲーム『マジカルドロップ3』[NEOGEO・ROM]をプレイです。

連鎖時の演出見たいけど、忙しくなかなか見れない、でも各キャラアクション楽しいし、本当、良い作品ですね。

 『麻雀狂列伝-西日本編-』[NEOGEO・ROM]、大阪へ行きたいのに5,000円が貯めれない・・・。厳しいなぁ、本作。本当、素人同然でセガサターン[SS]の"これ"系を難度を下げて下げてクリアしてきたヘッポコにはキツイ作品です。

でも、先を見たい、クリアしたいので、コツコツとちょっと本当に頑張って"麻雀"自体をしっかり学んでみよう、動画サイトで丁寧に説明してくれている方もいるし。

 相変わらずいつ見ても"ドット"芸術!!『メタルスラッグ』[NEOGEO・ROM]、アクションゲームです。本当に絵や(単純で新しくはないが)ゲーム性、完成されている作品と脱帽です。

やっぱり凄い熱・・・を感じますね。

 さてXBOX360を出して、まずは単純に楽しめるレースゲーム・・・といっても本作は初プレイ、『ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド』[XBOX360]をプレイです。

本カーレースシリーズは、本作が"初"かな。操作が共通していて単純に楽しめるジャンルだけど・・・正直、"ペーパー"な私にはドライブゲームには、そんなに夢中になれないのです。(でもPSの『リッジレーサー』は、3D&ポリゴン、そしてその視点による迫力初体験でズブズブっと嵌ったけど。)

 続いてはシューティング『カラドリウス』[XBOX360]、攻撃を受けるとキャラが・・・が見所なのですが、なんだろうBGM?それとも"その見所"にまだまだ惹かれている!?のか、ついついプレイしてしまう一作となっています。

XBOX360、長くプレイし続けられる作品が少ない中、貴重な存在となっています。(ほんと、まともにクリアしたのは『トゥームレイダー』と『HALO ANNIVERSARY』ぐらいのハードなので。)

 最後は『ウルトラストリートファイターⅣ』[XBOX360]、全く使用した事がない「コーディー」で「セス」に敗退です。

PCで『ストリートファイターⅣ』の頃は、本当に楽しかった、久しぶりにストⅡが面白い、面白い・・・だったのですが、キャラが増えて、色々改良されているのですが、なんだろう、この物足りなさというか、プレイしたい感が盛り上がらないのは。

PCの時は、なんとかXBOX360のアーケードスティックを繋げる方法や、このPCスペックだとスローになってしまう、、、うーん、本作の為に新しくするか、等々色々と悩まされたのですが、今は全然、その想いが出てこない。

 テレビでeスポーツ関連が放送される中、最新の格闘ゲーム画面を見る事が多数あるのですが、どうしたんだろう、欲しい・プレイしたいと湧き上がって来るものがない。。。(DOAは若干あるけど、別の意味だろうなぁ。)

ゲーム、格闘ゲームに興味が無くなったのかと思ったのですが、そうでもない。レトロに囚われ過ぎているのか、固定観念に縛られ過ぎているのかな、でもそんな物を吹き飛ばしてくれるのが、"最新"なんじゃないかなぁ。

 セガサターン[SS]で、『アイドル麻雀ファイナルロマンス2』[SS]をプレイです。「4」をプレイしている途中なのですが、まあ「X指定」ではなくなっているので。。。

本作「2」は確か一時期、NEOGEO・CDを持っていた時にも購入した作品だったかと思います。止め絵だし、アニメーションとなった作品が多いSSの中ではほぼプレイしなくなった作品だったのですが、久しぶりにプレイすると・・・良い、さすが絵師の凄さかな。

ついついクリアするまでずっとプレイで、SSは本一作プレイで時間を費やしてしまいました。

 そしてNEOGEO・ROMに戻って再び『餓狼伝説SPECIAL』や『パルスター』、『NAM-1975』などをプレイ、その他は次の通り。

『ベースボールスターズ2』[NEOGEO・ROM]、野球ゲームです。本当、NEOGEOのお陰で普段だったらプレイせずに終わっているスポーツゲームをプレイできるのは助かります。(ハード愛で収集->プレイ)

 野球ゲームはSFCでコナミの『実況~』をプレイ後、NEOGEOで『2020年スーパーベースボール』をプレイするまで、本当に触れなかったなぁ。

ペナントレース?をクリアするまで、頑張るつもりです。GW中にクリアを目指したいのですが、時間が厳しいかな。

 さて次はとある方の活躍・フィーバーに"あてられて"少しずつ進めている『将棋の達人』[NEOGEO・ROM]です。

Img_1668Img_1669

 ちょこちょこっと進めていますが、自分の下手さ加減にガックシです。まあ、根気よく進めていきます。

最後は『ザ・キング・オブ・ファイターズ2002』[NEOGEO・ROM]、「シェルミー・アンヘル・大門」でプレイです。

「アンヘル」、UCを使いこなせれば、さぞ華麗で素早く、圧倒的なんだろうなぁ、と思うのですが精進が足りず。。。未だに「クイックMAX発動やら、どこキャン」をうまく使えていない状態に留まっています。

 久しぶりにPS(PSOne+液晶モニタ)で『ファイナルファンタジーⅨ』[PS]です。「ジタン」の正体も判明し、DISC4へ突入です。

いい加減にクリアしよう、、、と思っているのですが、アビリティ習得などレベル上げに嵌ってしまう作品。(良い点なのですが。)

前述の通りDISC4突入まで大分進められたので、また一旦STOPしてしまいそう、でも本作もGW中にはクリアしときたいかも。

 ドリームキャスト[DC]で『クイズ ああっ女神さまっ~闘う翼とともに~』[DC]をクリアです。

Img_1689

正直、さっさとクリアして本棚奥に他のDC作品と入れ替えて、と駆け足でクリアしました。

本ソフトの良い点が見つかりません、アーケード版+αらしいのですが、本当にゲームセンターで稼働していたのか、なんでセガはこんなクオリティの作品を販売したのか、首を傾げる内容です。

3D化のクォリティが低いし、クイズゲームとしても仕掛けや本作独自の・・・が無さ過ぎます。一番、キツかったのは「アニメ・コミック」等のジャンルを選択すると(まあ、仕方がないって言ったら仕方がないのですが)「藤島康介」さん作品からの出題になってしまう事。

すいません、正直、著者の作品、あんまり読んだり、アニメ化作品も見ていないのです。

 『ゴルフしようよ2~新たなる挑戦~』[DC]をプレイです。

PSの名作『みんなのGOLF』シリーズやNEOGEOでも『ビックトーナメントゴルフ』があるだけに、特に前者とグラフィック的にあまり変わらない本作は当初より購入やプレイ意欲がほぼなかったのですが、手に入ったのでプレイしました。

 まあ、流石にお手本となる名作が多数あるだけにプレイ感は良かったです、DCにGOLFゲーム1本─で所持しておく価値はあったかな。

『花組対戦コラムス2』[DC]、パズルゲームです。『サクラ大戦』シリーズは好きだし、パズルゲームも少しは嗜んでいるので、ストーリー見たさに軽くクリアするか、、、と意気込んだのですが、あれれっ、ルールが違うとこうもダメダメになるのか。

まさか一回戦にも勝てないとは・・・自分が情けないです。

 久しぶりに携帯機、D端子は現在XBOX(本当にプレイしてないなぁ)に譲っているので、TVではなくPSP画面で『英雄伝説 ガガーブトリロジー朱紅の雫』[PSP]、RPGをプレイです。

三部作、古典?的作品の為に一回はクリアしようとプレイし続けている作品です。(『~白き魔女』、確かにストーリーは良かったですが、システムやグラフィック的には・・・長くプレイするには正直、辛い。)

うーん、進み具合が悪いなぁ、長くかかりそう。

 最後はPSVitaでホラーアドベンチャー『死印(しいん)』[PSVita]をプレイです。絵柄がスタイリッシュ過ぎて、逆に怖くない・・・なのですが、なんだかんだで、数時間プレイで一気に第二章までクリア、進めてしまった。。。

ヒントが少なく、一発死の呪殺攻撃を喰らう、喰らう─といった部分もあるのですが、サクサク戻れる&再開できるので、苦痛でない。

前述の通り(私にとっては)"怖さ"を感じづらい点が【ホラーアドベンチャー】と謳っている点からするとマイナス点ですが、やめ時が難しく長時間プレイし続けてしまった・・・という点では、ゲームとして良作なのかと思います。

(記:スッタコ小僧)

2022年3月29日 (火)

【ゲーム】NGP、NEOGEO、そしてDCをプレイ

 まずは「ネオジオポケット」[NGP]で、カードゲーム『SNKvs.CAPCOMカードファイターズ2EXPAND EDITION』[NGP]をプレイです。

相手カードデッキ、BP(バトルポイント)が千台の強キャラばかりでズルいよ・・・とも思うのですが、こちらの手札が良く戦略が嵌れば「勝てなくはない」点が、コンティニューを誘う、誘う。

久しぶりに"ムキ"になって、時間を惜しんでプレイしてしまいました。

 「NEOGEO」[NG]で、定番プレイ『餓狼伝説SPECIAL』[NEOGEO・ROM]を前回「ローレンス」クリアしたので、「ギース」でプレイ開始です。

 ・・・成程、強い通常技の使い所が肝。でも、当て身も決めたいんだけど。まあ、当て身も1回、レイジング~も出せたので、CPU戦序盤敗退でしたが、今後、じっくり頑張っていこうと思います。

 『NAM-1975』[NEOGEO・ROM]、アクションゲーム、敵の怒涛の攻撃、照準と兵士操作が気が抜けず、本当に熱い。。。

 『ベースボールスターズ2』[NEOGEO・ROM]、トーナメント終盤戦だからか、途端に点が取れず延長戦が続く。

 『パルスター』[NEOGEO・ROM]は、あれっ、もう"すんなり"抜けていけると思った所で、ミス。

 『マジカルドロップ3』[NEOGEO・ROM]、レバー・ボタン操作が忙しく、でも画面・演出共に楽しい(じっくり見たいけど)パズルゲームです。

うまくなりたいなぁ。

 『フットボールフレンジー』[NEOGEO・ROM]、一回クリアしようとしていたのですが、大分、間が空いてしまったアメリカンフットボール作品です。

 簡単操作と何気にレバーガチャ・ボタン連打要で”熱く"させてくれます。(連射機能使ってしまってますが。)

あれっ、時間切れでゲームオーバー・・・最初のタイム選択で長くしておけば良かったのかな。まあ、セーブにより続きから出来るけど。

あとディフェンス側の時、Bボタンで選手変更できるんだ・・・プレイ前に説明書読み直し要。

 『メタルスラッグ』[NEOGEO・ROM]、画面密度が濃くて飽きないアクションゲームです。

 『クイズ・キング・オブ・ファイターズ』[NEOGEO・ROM]、久しぶり過ぎて、昔はクリアの為に問題解答をほぼ憶えたと思っていたのになぁ、ボロボロです。

「ロバート」でプレイしたのですが、あれっ、勝利ポーズって・・・何、この「キング」のハンカチ投げポーズは。こんなんだっけ。

 『ファイヤー・スープレックス』[NEOGEO・ROM]、「ロイ」でプレイを目指していたのですが、こちらも大分、ご無沙汰です。

連射機能のお陰で組んだ時、投げ負けないのでストレスが大幅減、楽しめてきてますが、やはり移動・軸合わせを"しっかり"しないと打撃でボコボコにされる相手あり。

 「ドリームキャスト」[DC]でいい加減、全7巻クリアを目指している『エルドラドゲート』[DC]をプレイです。

第4巻、クリアしました。おおっ、久しぶりに見るとフィールドのキャラドット良いですね、そしてバトル時の「天野さん絵」も慣れてと言うか、"こなれ"て《いい味》に感じるように。

そして、空中戦艦が飛び立つアニメーション・・・いいじゃない。

第5巻を開封、プレイ開始です。今度は二丁拳銃キャラ「ソフィー」、そしてモンスターハンターでモンスターをキャッチ(捕獲)とバトル参加させる特技をもったキャラ登場です。

(記:スッタコ小僧)

2022年3月15日 (火)

【ゲーム】NGP、XBOX360、そしてNEOGEO

 久しぶりにネオジオポケット(NGP)を出しました。電池がまだ切れておらず、そのまま使えたのは吃驚です。

一台はイヤフォン接続だと雑音が入ってしまうので、現在は二台。(同じ色なのは失敗したなぁ。)

一台は『水木しげるの妖怪写真館』[NGP]を差してあって、イヤフォン端子不調のもう一台は『SNKvs.CAPCOMカードファイターズ2EXPAND EDITION』[NGP]、今回久しぶりにプレイです。

前作は私にカードゲームの面白さを伝えてくれて、そしてクリアまで到達させてくれたシリーズ。

第二作目は、ストーリーモードで強カード入手が困難になった影響か、中々進まずに停滞していたのですが、おおっ、戦略と+運!?にて楽しいバトルと勝利を掴み、やっと「フォウ」を倒す事ができました。

今後もプレイして行きたいのですが、バックライトが弱くて、夜に電灯の元でプレイするしかない・・・休日の昼に寝転がってプレイしたいのに。。。そこが残念です。

 次はXBOX360です。サインインが不調だったのでプロフィールを再ダウンロード、良かった問題なく接続です。

本器も久しぶり過ぎて、本体動作が不調になったのかと心配しました。。。

ダウンロードの『ファイティングバイパーズ』[XBOX360]を「ハニー」、『バーチャファイター2』[XBOX360]を「サラ」でそれぞれプレイです。

後者の方は、当時、本当にゲームセンターで流行っていたよなぁ・・・。私はNEOGEO->2D派だったので、もともと対人戦はヘッポコ&勇気がないので、アーケードでは3Dも含め、ほとんどプレイしなかったけど。

周りにギャラリーが多数いて、バーチャ2の映像と動きには本当に衝撃を受けました。

バーチャ1の時もゲーセンで見かけていたのですが、1台のみでプレイしている人はいなかったし、1の映像・動きでは(正直)「なんだこれ」と感じていました。(なので、1の頃から衝撃!?を与えていたのか、SS[セガサターン]で1をプレイする為に購入した人が・・・は個人的には意外でした。SSは、リミックスが出て初めて欲しいと思い、購入でした。)

 VF2はSSでも楽しんだ事もあり、まだ楽しめましたが、FVの方は何だろう、まだ楽しめません。(DC[ドリームキャスト]のFV2も、まだまだ楽しめている・・・とは言い難い状態だし。やっぱり思った通りに動かして勝利できないと格闘ゲームは楽しめないよなぁ。)

 ダウンロード『コミックスゾーン』[XBOX360]、漫画の中に入り込んだ男が繰り広げるアクションゲームです。

ずっと気になっていた作品だったので、プレイできて良かったです。まだ全然、先の方へ進めないけど。シンプル操作だし、発想とグラフィックが良いですね。

 最後は『ロリポップチェーンソー』[XBOX360]、こちらもアクションで確かダウンロード版がセールか何かの時、購入したのではなかったかな。。。

突き抜けた設定と展開、アクションがぶっ飛んだ作品で、私のように他のゲームに色々と集中力が分散しなければ、一気にプレイして楽しめる、楽しめた~と思える作品ではないでしょうか。

 最後はNEOGEOです。

まずは『餓狼伝説』[NEOGEO・ROM]、初代を「アンディ」でプレイです。初代は「テリー」ばかりのプレイになってしまうのですが、久しぶりに「アンディ」・・・でもこのキャラだと「漸影拳」ばかりになってしまう。。。

久しぶりに説明書の方を読んだら「飛翔拳」のコマンド記載誤りをそのまま鵜呑みにしてしまって、あれ出ない出ないで更に「漸影拳」だのみに。

ノーミスは無理でしたがノーコンは達成できて、スタッフロール後のおまけ(各キャラ紹介・ノーミスだとまたパターンが変わる)を久しぶりに視聴です。

 『龍虎の拳』[NEOGEO・ROM]はストーリーモードで「リョウ」でクリア。こちらは「Mr.BIG」でコンティニューしてしまいました。。。でも、エンディングには影響ないので。

カコーン、カコーンの打撃音と「暫烈拳」が堪らない。「キング」も必殺倒しできたし、「龍虎乱舞」も決められたしで、まずまず楽しめました。

 完成度はシリーズ屈指だと思うのですが何故かプレイ率がJETよりも高いけど2よりは劣ってしまう『ワールドヒーローズパーフェクト』[NEOGEO・ROM]を「ハンゾウ」でプレイです。

システム(特殊技含む)を駆使した連続技の練習が不足しているからだろうなぁ、単発単発で最後は奥義頼みになり、淡泊なプレイになってしまっているのが原因かな。

 『ニンジャコマンドー』[NEOGEO・ROM]、アクション?シューティングの方が近いか、名台詞が多い作品でとりあえず何も考えずにバシバシプレイしたくて「レイア」を選択。

意外に攻撃を避けるのが難しい、Bボタンのバク転は回避に使うものではないのか。。。

 最後は『超人学園ゴウカイザー』[NEOGEO・ROM]を「かりん」で一本目勝利時の「↑ABCD」ポーズを見て、3回戦目ぐらいで呆気なく敗退です。

(記:スッタコ小僧)

 

2022年3月 5日 (土)

【ゲーム】SS、NEOGEO、そして久しぶりのPS2

 まずはセガサターン、アクションゲーム『慶応遊撃隊 活劇編』[SS]をクリアです・・・ただ、難易度は「さる」(EASY)ですが。

なんで守人(もりびと)正装がバニーガールで、声を当てているのが「菅野美穂」さん!?(先日『あらびき団SP』と見て、クリア近いし、クリアしなきゃと決断)と色々とツッコミ所が多いですが、各ステージギミック、ボス戦などなどが凝っている2Dアクションゲームです。

 ライフ制ではなく一撃死なのが辛いですが、武器を持った状態であれば、武器を落とすだけなので1ミスは許されます。

その場復活ではないので、武器を持った状態を維持するのが大切なゲームとなっております。(その武器の命名も凄い。「愛の番傘 鬼怒川」「夢のトンカチ 熱海」「希望の弓矢 草津」と。)

ただ単にグラフィックと声優、アニメシーンに頼った作品ではなく、「おまけ」にもあるように色々なフューチャーが隠されているようです。

難度を上げて、色々と試してみたくなりました。

 次は『ときめき対戦ぱずるだま』[SS]、パズルゲームでキャラ「優美」での挑戦が続いています。最終に辿り着くも焦って自滅で、再挑戦が続いています。

ラストはコンティニューできず、寂しい男性ボーカルの歌が続くスタッフロールを食らうので。。。

 『メタルブラック』[SS]、世紀末と宇宙、美麗なのかくすんでいるのか、味のあるグラフィックとBGM、極太ビームのぶつかり合い・・・見所が沢山あり過ぎるシューティングゲームです。

 セガサターンのコントローラーは"最高"なので、格闘ゲーム以外はあまりスティックを使わなかったのですが、今回はスティックでプレイです。

連射機能がついているので、それをONにして。おおっ、ステージが前より進めたよ、やっぱり連射は必要なのか。

今後は連射が必要と思われるシューティングはスティックの方で試してみよう。

 ハードをNEOGEO、そしてPhantom-1を出してMVSカセットの方をプレイです。

『ネオ・ボンバーマン』[NEOGEO・MVS]、言わずとしれた「ハドソン」のアクションゲームです。以前にも記載しましたが、私はボンバーマンシリーズ、本作が初めてです。

何せ、スーパーファミコンデビューで直ぐに『ストリートファイターⅡ』[SFC]に魅せられた口なので、RPGは少しやりましたが、格闘ゲーム以外にアクションゲームに手を出すのが大分、遅かったので。

緊張感が続くし、ボス戦は頭を使わせる・・・だんだんとシリーズの面白さが分かってきました。(まあ、本当に面白いのは多人数での対人戦で楽しむ作品だとは思うのですが、一人もんなので。)

 『ブレイカーズ リベンジ』[NEOGEO・MVS]、「ディア」でプレイです。(ボタンでカラーは赤・黄・黒・ピンク選択可)

これも以前に記載しましたが、ビスコのゲームがNEOGEO・ROMカセットになって新発売されたのには吃驚しました。

MVSで所持してなかったのはバンバン~ぐらいで、大好きなジャンルで所持してなかったら・・・ROM欲しかったのですが、本作も含め、プレイできる状態だったので、最終的には全く手を出さない結果になったなぁ、珍しい。(まあ、少し二の足を踏んでしまう値段だし。)

複雑なシステムはなく、格闘ゲームの基本に立ち返った、操作感も抜群の作品なので、プレイしていて楽しい作品ですよ。

 『メタルスラッグ3』[NEOGEO・MVS]、アクション、シリーズ最大のスケール!!─その名に恥じない全"動き"見所の作品です。

格闘ゲーム以外、"アクション"には(下手くそな事もあって)なかなか手を出さなかったのですが、私のその一端を変えつつあるシリーズの一つです。(まだまだクリアには到底おぼつかないですが。)

 最後はROMに戻って『餓狼伝説SPECIAL』[NEOGEO・ROM]で締めです。

「ローレンス」でプレイ、あれれっ、もう少し(CPU戦)クリアまで時間がかかると思ったら・・・詰まっていた「ギース」をジャンプキックで誘って、強キックで倒し、「クラウザー」もそのまま倒してエンディングへ。おおっ、意外。

次は「ギース」を試してみようと思っています、CPUにがんがん当て身を食らわせる事ができたら爽快なんだろうけど、そうも行かないだろうなぁ。。。

 最後はPS2、中の2032電池が切れていたら取り替えようと久しぶりに電源ONです。(まだ切れていないみたい、意外に長持ち。)

PC版クリアして、そのアニメ・グラフィック・手触りに感動した『イース ナピシュテムの匣』[PS2]をプレイです。

あれっ、販売元「Falcom」じゃなくて「コナミ」なんだ、と少し不安を頂きつつも、プレイし始めてみると・・・・・・・なんじゃ、こりゃ。

楽しみにしていたアニメOPは、《出来がいいとは思えない3Dモデリング》のCGに。もしかして、一回タイトル表示した後、次のデモ(OP)はオリジナルを繰り出してくれるのでは・・・と期待して待つも、裏切られ。

ゲームの中は大丈夫だろうと初めてみるも・・・えっ、イベントシーンも《(前述)》CG。

すいません、「コナミ」はおかしくなってしまったのでしょうか。(この頃って、まだヒット作を出していた時期だよね、どうしたんだ。)

まだ手に入れていないPSP版に期待して、本PS2版は・・・本棚の奥に眠る事になってしまうかな。

 次は中々進んでいない「タイトー」版の『イースⅣ マスク オブ ザ サン -a new theory-』[PS2]を再開です。

こちらも低年齢層?向けにアレンジされたキャラデザや内容(ゲーム内グラフィック含む)で、前回プレイした時から進めるのが若干、苦痛だったのですが、前述の~匣をプレイした後だと、「まだまし。良い」と思えてしまい、意外と進行できてしまった事が驚きです。(その点/結果より、PS2版~匣、少しはプレイした価値はあったかも。

(記:スッタコ小僧)

2022年2月23日 (水)

【ゲーム】NEOGEO三昧

 NEOGEOのローンチタイトルなので、家庭用NEOGEOの4コンティニュー内でのクリアをまず目指している『NAM-1975』[NEOGEO・ROM]、アクションシューティング作品です。

Aボタンでショット、押しっぱなしにするとレバーで兵士ではなく照準が動く、Bボタンは手榴弾、Cボタンはダッシュ、レバー斜め下で無敵の側転(?)の操作です。

カットインの演出、ステージ間に突然、中ボス?クラスの乱入発生、穿たれる弾痕・・・ローンチなのに後期NEOGEOアクションと比較しても見劣りしない点に改めて脱帽です。

プラパッケージもあるようですが、私が所持しているのは紙パッケージです。

 『餓狼伝説SPECIAL』[NEOGEO・ROM]、2ラインの格闘アクション、闘牛士「ローレンス」でプレイ中です。

昔は悪役というか敵・四天王キャラ・ボスキャラをほぼ使う事はなかったので、ここに来て各作品(主に沢山プレイしたもの)、悪役キャラで(CPU戦)クリアを目指しています。

あれっ、「ギース」戦までは安定で進めていたのですが、継続していないと予期しない所でボロが・・・。

「ローレンス」だと他キャラでキツいと思っていた「ビリー」にあまり敗退する事はなかったのですが、あれれっ、負けてしまった。

 『ラストリゾート』[NEOGEO・ROM]、久しぶりに出したなぁ、NEOGEO初期の硬派シューティング!!。

相変わらず、難度を下げても難しい、1ステージ目もクリアできずに敗退です。。。

グラフィック、演出が良いので、もっと先へ先へ進んでみたのですが、はぁ、その夢、遠いなぁ。

 『みなさんのおかげさまです!大スゴロク大会』[NEOGEO・ROM]、開発会社「モノリス」さんの麻雀ゲーム、まさに肖像権度外視、まあ、昔はね。。。

正直、この内容(グラフィック含む)で、本当にアーケードで稼働できていたのか、と思う一本です。

同社『バカ殿様~』の方は魅力はないけど、まだ「脱〇」があるので・・・ですが。書籍『NEO・GEOのすべて』にインタビューがありますが、確かに牌だけは見やすいけど。

 『餓狼伝説3』[NEOGEO・ROM]、こちらは「テリー」でプレイです、なにぶん、久しぶりなので操作など安定キャラで。

餓SP、R餓狼をプレイすると「連続技の爽快感が味わえない」「体力ゲージが少なくて、あっと言う間に終わってしまう」などなど欠点が目につきますが、グラフィック・BGM、演出は"今度は3ラインで凄いモノを作ってやるぞ!!"という気概は感じされる一作品です。

目指した点、悪くなかったと思うのですが、難しいですね、その頃の流行り/廃りは。今、遊ぶとその一発、一発の重み、良い感じなのですが。

 『戦国伝承2001』[NEOGEO・ROM]、ベルトスクロールアクションです。

当初、私は初代と2の侍・変身(武者・忍者・犬)、時代劇っぽい、または異界の舞台と雰囲気が気に入っていたので、"忍者"達に置き換わってしまったのが納得がいってませんでした。(ADKの作品があるじゃん、、と)

でも今、改めて触れるとしっかり作成してありますね。デモでも浮かして空中連続技がある点、しっかり見せてくれますし、2001年代に合わせて爽快感があるように作られているんだなぁ、と。

 『メタルスラッグ4』[NEOGEO・ROM]、アクションゲーム、シリーズ第四弾です。(Xを入れると5作目ですが。)

新キャラ・フランス女史「ナディア」でプレイです。猿に変身したり、無敵&スコア稼ぎのシステムが入ったりと、工夫の跡は見られるのですが、流石に3の後にこの出来だとね・・・。

NEOGEO後期というか、SNKが無くなってからのROM、なんか品質が悪いんだよなぁ。

本作も少し"浮かして"ROMを本体に差さないと認識しづらい(青画面となってしまう)です。初期のROMなどは、全くそんな事はないのに。

また、もしかしたら置いていた場所が悪いのかもしれないのですが、パッケージの透明プラ部分が後期の方が脆いというか、劣化しやすいような・・・。

 『ネオジオカップ'98』[NEOGEO・ROM]、サッカーゲームです。『得点王』シリーズのまだ第一作目で足踏み状態なので、まあ通電目的のプレイです。

流石に後期の作品だけにグラフィック進化が光ります、こちらをメインにプレイできるように『得点王』シリーズ、踏破したいなぁ。

『~炎のリベロ』だけMVSカセットでしか所持しておらず、若干、コンバーターを通すと相性のせいか、画像の映りが悪いのが残念ですが。

 『ティンクルスタースプライツ』[NEOGEO・ROM]、対戦シューティング、色々なゲームシステム、ADKさんは繰り出してくれていたなぁ。

つい溜めショットの方が敵破壊の効率が良いのかな、と思っていたのですが、意外に溜めよりも連射の方が良いのかな。

 『アート・オブ・ファイティング 龍虎の拳 外伝』[NEOGEO・ROM]、格闘アクションゲーム、龍虎シリーズ第3弾です。

2からの演出カット(顔腫れ)、拡大縮小演出は残ったままだがキャラサイズが通常サイズ化・・・"龍虎"らしさが削ぎ落された、と発売当初は感じた作品です。

その代わり「モーションキャプチャー」で動きをリアルにする・・・といった試みが入っていますが、空中コンボの為か無理矢理な"浮き"挙動がリアルを大幅減するという結果に─。

まあ、この手の冒険、嫌いではないです、この頃は色々と試行錯誤してくれていたんだと。単なる旧作の少しのバージョンアップに留まらず、失敗もあるけど色々と挑戦してくれていた点が、今も記憶に残っている、私にとってはまだまだ現役で楽しませてくれているハード・ソフト群になっている所以かと思います。

「ロバート」でプレイ、「アルティメットKO」を狙い過ぎて・・・敗退です。

 『パルスター』[NEOGEO・ROM]、シューティングゲームです。継続は力なり、で続けていけば先へ進めるようにはなるのですが・・・ここまで色々な作品に触れてきてなんですが、プレイ作品集中、絞らないと駄目だなぁ。

 『SNK VS.CAPCOM SVC CHAOS』[NEOGEO・ROM]、カプコンキャラのドット絵がいいんだこれが、ただ打撃音がちょっとね、の作品です。

久しぶりなので操作が簡単な「舞」でプレイ、おおっ、まさか「真・豪鬼」まで辿り着けるとは。しかも道中EXCEEDでのKOも結構、決める事ができていたし。

負けてしまいましたが、メモリーカードセーブして置こうっと。

 『麻雀狂列伝 西日本編』[NEOGEO・ROM]、ストーリーで進む麻雀ゲームです。なかなか勝てないし、進めない・・・一回はクリアしたいのですが、根気が必要だなぁ。

 『マジカルドロップⅢ』[NEOGEO・ROM]、頭も必要だけど素早い操作も必要、忙しい忙しいパズルゲームです。

爽快なパズルゲームなだけに、上手になりたい、でもまだまだヘッポコ状態です。でも、楽しい。

(記:スッタコ小僧)

2022年2月15日 (火)

【ゲーム】SS、NEOGEO、SSに戻って最後はDCをプレイ

 まずは「セガサターン」で『ウノデラックス』[SS]をプレイ。

ストーリーモードは基本タイマン戦、一応、大会で複数人戦もあるが・・・その色を持っているのに出さないなど戦略はあるんだろうけど、そこまで"ウノ"を現実世界でもやり込んだ事はないので、配られたカードでほぼ勝負が決まってしまうようで、どうにも"ゲーム"としての楽しさがまだ感じられない。

勝利しても、「運が良かった」の感想となるので。マニュアルか、ゲーム内にウノが強くなるヒントとか雑学が散りばめられていれば、良かったのかなぁ。

 『デジタルピンボール ネクロノミコン』[SS]、ピンボールゲームです。音楽と動かしてボールの動きを見るのも楽しい、でも「台揺らし」などのテクニックやスコア稼ぎの内容がもっと把握できると、もっともっと楽しめると思うのですが、如何せん、知識不足です。

今度、動作サイトで実ピンボール台のプレイ動画や(テクニック)説明動画を見てみようかな。

 『レボリューションX』[SS]、えっロックバンド「エアロスミス」が登場!?、CDで攻撃!?─色々ぶっ飛んだ洋ゲーシューティングです。

吃驚なのはガンコンに対応していないような事。まだ、液晶では元々使えないけど。シャトルマウス対応だけど、自身のプレイ環境から、マウスを置いてプレイするような恰好/机・椅子配置ではないんだよなぁ。

なので、普通にSSコントローラーでプレイ、カーソル速度は「Fast」にすれば良かったか、デフォルトだと遅くて照準が間に合わない。

書籍『サターンのゲームは世界いちいぃぃ!~サタマガ読者レース全記録~』では、相当低い評価点だった作品なのであまり期待せずにプレイしたのですが、「あれっ、意外にグラフィックなど良い」と驚きました。

おそらくヘリ等、結構、攻撃場所などをシビアに狙って戦わないと、、、で、爽快感がない点が評価が下がった原因なのでしょうか。

 『アイドル麻雀ファイナルロマンス4』[SS]、うわぁ、マップのお店をほとんど忘れている。。。ちょっとメモって置かないと駄目かな。

久しぶり過ぎて、「ぼったくり花屋」で所持金がゼロに。

 さてハードを変えてNEOGEOへ。当初は発売順に各作品クリアしておこうと意気込んだ事もあったのですが、歳だなぁ。

 『NAM-1975』[NEOGEO・ROM]、あまり名前入力しなかったので気づかなかったのですが、「A」ボタンが一文字決定ではないんだ。

押すと直ぐに入力終了になるので、なんだ!?と思ってました。

レバー縦横で選択が完了してから、全決定でボタン押下。初期の頃はネームエントリーも色々あるんだなぁ。

 『ダブルドラゴン』[NEOGEO・ROM]、弱・中・強・特大攻撃4ボタンの格闘ゲーム、「ビリー」でプレイです。

本作、やり込んでいないので各キャラクリアできておらず、一時期、全キャラクリアしようと重点を置いた時もあったのですが。。。

過去にも記載したけど、パンチ・キックのボタン区別がない点が"格闘"ゲームとして納得していない時期がありまして、まだまだ克服できていないのかなぁ。

「マリアン」に"ビンゴ!!"で敗退です。

 『8マン』[NEOGEO・ROM]、シンプルなアクションゲームです。元アニメのOVAが一本あるのですが、まだ見れていない。いつか見よう、見ようと思って、ほったらかし状態です。

意外にゲームオーバー画面が見所な作品なので、一度は見てみることをお薦めです。

 『オーバートップ』[NEOGEO・ROM]、なんでワーヒー作らず、突然、カーレースゲームを!?と思ったADK作品です。(まあ、初期には『スラッシュラリー』があるので意外ではないのか。)

クォータビューのカーレースゲーム、天候や山、砂漠などを巡る、そしてドリフトも楽(ブレーキボタンを押してレバー)の内容です。

Port townで脱落─でも、低めの難度で結構、久しぶりでも"ゆったり"楽しめるレースゲームです。

 『ワールドヒーローズ2』[NEOGEO・ROM]、「マッスルパワー」でプレイ。えっ、キツめの相手には負けずに何故か同キャラ対戦で敗退してしまった。

「マッスルパワー」ステージのBGM、結構、好きなんだよね。

 『ブレイジングスター』[NEOGEO・ROM]、シューティングゲームです。おそらくスコアアタック等をやり込めば面白い作品なのでしょうけど、ヘッポコシューターには"ストーリー"・展開重視傾向になってしまうので。

でも、各種演出が楽しいし、純粋に撃って避けて、敵の攻撃がきつくなるまでは、それなりに爽快、楽しめる作品です。

 『THE GAME OF JAPANESE CHESS 将棋の達人』[NEOGEO・ROM]、藤井さん人気に"あてられて"か、時々プレイし始めた作品です。

最終戦メモリカードセーブで、チャレンジ中、いやぁ、流石にまだまだ勝たせてくれないや。

 『ベースボールスターズ2』[NEOGEO・ROM]、簡単操作で迫力も満点、NEOGEOの未来野球とはまた違った"熱さ"があります。

スポーツゲームは他ハードではほとんどプレイしない私でも、NEOGEOだからで色々なジャンルがプレイできるのが嬉しいです。

 『得点王』[NEOGEO・ROM]、うーんまだまだ一作目で停滞中のサッカーゲームです。少しはコツが掴めたと思ったら、期間を空けすぎてまた振り出しに戻っている、、、といった進行状況です。

 『闘婚-マチュリメレー-』[NEOGEO・ROM]、当て身がある「光」でプレイしています。

王女「シシー」には安定で辿り着くのですが。。。NEOGEOで所持している作品は、基本他機種の移植を購入しても大体、数回プレイしては売り払ってしまいます。(パワーアップしている点もあるのですが。)

ただ、PS2は"変身"追加があったので、そのまま。いつの間にか値段が高くなっていたので吃驚です。(ボビーさん騒動のせい?)

 『ファイターズ ヒストリー・ダイナマイト』[NEOGEO・ROM]、「ヨンミー」でプレイ。昔、近くのレンタルビデオショップのMVSに入っていた時はOP演出は良いけど、実際のゲーム画面はその頃稼働していた他のNEOGEO作品と見劣りがして、"いまいち"との感想が強かったなぁ。

それが何かの動画を見て、私に攻略ビデオ『INSANITY DVD THE GREAT GRAPPLE FIGHTER’S HISTORY DYNAMITE』を探して購入してしまった影響力は凄いなぁ。

 『マジカルドロップⅢ』[NEOGEO・ROM]、「デス」でプレイ中、データイーストさん、この頃はまだ元気だったんですが。

 『超鉄ブリキンガー』[NEOGEO・ROM]、178メガ(bit)、CGや色々なジャンル、NEOGEO後半に色々な挑戦を繰り出してくれた「SAURUS」さんの作品です。

昔は、こういった掘り出し物があるから、秋葉原へ行くのが楽しかったなぁ。ここ3年ぐらいは行っていないなぁ、感染症の影響もあるけど。

まさか昔は、(特定ハードのソフトですが)お店よりソフトを揃えているなんて、思いもしなかったよ。

 『餓狼伝説』[NEOGEO・ROM]、最初に触れたのがSFC(スーパーファミコン)版だったので、本シリーズの印象は最初は本当にひどかったです。

ストⅡと同様の格闘・・・と見ると評価が大幅に下がる作品ですが、NEOGEO版をプレイした時はオープニング、雨ステージ、ライン等等、演出面で良く出来た作品、これはこれで楽しめる、と再評価した作品です。

 『龍虎の拳』[NEOGEO・ROM]を「ロバート」でプレイ。『餓狼伝説』の近場に置いてあるのでセットでプレイしてしまう感じです。

両作品ともに時々、"カコーン"ってプレイしたくなるんですよね。

 本当に久しぶりに縦置き可能なS端子モニタを出して、セガサターンの縦画面シューティングをプレイです。

 『レイヤーセクション』[SS]、SSシューティングで(私の中で)"クリアせねば"筆頭作品なのですが、モニタ出しが億劫により、遅延・遅延している作品です。

改めてプレイしても、面白い、音楽良い、あと少し、もっと先を──の作品です。

難度NORMALより下がないのが辛い、ボムがないのも辛い、でもでも進みたい、進めたい作品です。

 『怒首領蜂』[SS]、弾幕シューティングゲーム、撃って撃って、ボタン押しっぱでレーザー、敵・敵・敵の忙しい作品です。

 『バトルガレッガ』[SS]、うちのモニタだと本作品、左右が若干、欠けてしまうのが残念です。

 『ガンフロンティア アーケードギアーズ』[SS]、前述のSSシューティングをプレイしてからだと自機が重いというか動かしづらく感じます。

各ステージ演出は結構、好みであり、こちらもクリアしたいと思うのですが、ミスすると特定地点へ戻される仕様なので、ゴリ押しが困難な作品です。

どうも前回指定した縦画面オプションが保存されない作品のようです。なので、最初から縦画面でオープニングを見たいのですが、横画面OP->オプション変更->縦画面でゲームデモ2回ぐらい、でやっと縦画面でのオープニングとなり、そこがちょっと気を削がれます。

さてそのままドリームキャスト(DC)の縦画面シューティングを・・・と思ったのですが、やはりプレイ分散、あまりにやり込まないのは良くない(ジャンルに依りますが)と、違うものを。

 『クイズ ああっ女神さまっ~闘う翼とともに~』[DC]、クイズゲームです。ステージは多数あるようなのですが、演出が乏しく、折角のキャラ物なのに全くその素材や題材を活かしきれていない、なんでこうなった・・・と感じる作品です。

とりあえず、さっさと進めてクリアして奥にしまっておこう、と思うのですが、意外に長いのですよ、これ。

一気に進めるには前述の通り、乏しい演出で進めるのが若干、苦痛・・・ちびちびやるしかないです。

 『スーパーストリートファイターⅡX フォー マッチングサービス』[DC]、「リュウ」でプレイです。

それにしても何故「デフォルトカラー」が選択できないのだろう。。。まあ、カラーヴァリエーションを色々用意しておくのは良い事だとは思いますが。

個人的には、あまりにキャラをカスタマイズ(見かけ)をできるのは、好きではありません。個々(プレイヤー)の個性を持たせられるなどのメリットがあるかもしれませんが、どうも"その作品"の世界感を壊すようで。

 『ポップンミュージック2』[DC]をポップンコントローラー(小さいのですよ)でプレイです。

もともとリズム感や音楽系に弱い私、なかなか本作、"掴めない"なぁ。少しづつ面白さが感じられるようになってきました。(『初音ミク』PSP等のシリーズは即、嵌ったのですが。)

もう少し頑張って(プレイ継続したい)のですが、『ストⅡX』と本作、RGBケーブル->FM(フレームマイスター)だと正常に液晶TV出力できないのですよ。

DC、SS、NEOGEOは基本RGB出力にしているので。その為、S端子縦置きでモニタでプレイしようとS端子ケーブルを出さないと遊ばないので、プレイ頻度が低いのです。

 最後は『マーズマトリックス』[DC]、敵弾吸収が面白いシューティングです。

気軽にプレイできる分、シューティングっていうジャンルは偉大だと思います、独自のシステム実装がある作品多数ですが、格闘ゲームと同じ基本ルールで即、プレイできるので。

ただ、正直、確かに敷居が高い・・・そう簡単に爽快感や面白さを味わう事が難しい点が。

思い返すとシューティングゲームで、クリアまで熱中した作品って・・・スーパーファミコンの『アクスレイ』[SFC]ぐらいです。

年齢も若かった事もありますが、本当に熱中したなぁ、3Dになったり演出とグラフィックが凄かったのが印象に残っています。

まあ、昔はそんなにバンバンソフトが買える事はないので、一作品一作品、長ーくやり込む事になっていた事も影響しているとは思うのですが。

(記:スッタコ小僧)

2022年1月25日 (火)

【ゲーム】DC、SS、NEOGEO、そしてDCに戻って少しXBOX360をプレイ

 久しぶりに「ドリームキャスト」[DC]、まずはアーケードスティックで『ファイティングバイパーズ2』[DC]を「ハニー」でプレイです。

DCは付属コントローラーが扱いづらい点は周知の事実だけど、そこに関連するのか、"諸々丁寧ではないというか、親切ではない"点が目立ちます。

特定条件を満たすと「Rトリガー引きながらハニー選択」で「未来ナース」衣装の「ハニー」を選択できるのですが・・・アーケードスティックだと「Rトリガー引きながら」ができない。

標準コントローラーで選択した後、差し替えれば良いのですが、なんで。。。まさかアーケードスティックの使用に思い至らなかったでは、無いだろうに。

それとも、標準コントローラーをアーケードの格闘ゲームでも使わせよう、使わせよう、慣れさせようという意図なのか。勘弁してください。

『ストリートファイターⅢ サードストライク ファイト ザ フューチャー』[DC]を「ケン」でプレイ。どちらか言うとPS2のアーケードスティックの方が扱い易いので、PS2版の同作を売ってしまった後、正直、しまったなぁ、と思いました。

DCのアーケードスティック、その形状と重さから(部品など)明らかにPS2で使っているモノより良い物かとは思うのですが、何でだろう。

使い続けていれば、操作具合も良くなるかな、、、と思い続けているのですが、使用率が低いからか、未だに操作しづらいです。(XBOX360の方もその大きさから扱いづらいけど、操作感はまあ、マシかな。)

多分、十年ぶりぐらい『エルドラドゲート 第4巻』[DC]を再開して「第10話 食べろ、マンマ!」をクリア、「第11話 聖騎士ギギ」へ突入です。

当初の計画より巻数は減ったようですが、二か月に一本(一巻)リリースの連作ユニットRPG作品です。

「天野善孝」さんのキャラ絵を"そのまま"ゲーム内における(バトル画面)グラフィックに採用するという暴挙!?で、まず度肝を抜かれる作品かと思います。(「天野善孝」さんの絵に、とても愛着のある方には良いけど、もし初めて触れる方だったら・・・おおっ、怖い。)

本シリーズは、実はボックス(緑の厚紙BOX)に入った全新品版を見かけて購入しました。

「YOSHITAKA AMANO Art Works in ELDORADO GATE」という冊子も入っているので、勝手にお店が新品まとめて箱入れしたモノではなくて、シリーズ全巻まとめて・・・で販売されたモノかと思います。

ここ最近、購入しているパーフェクトやらコンプリートガイド等の書籍にこの全巻BOXの記載がなかったので、改めて見てみた次第です。

さて話は戻って、第4巻の話へ戻ります。イベントはお使い系が多いですが、バトルは属性と適度な難度敵で気が抜けなく、良い緊張感が続きダレないRPGです。

ただ、私の読み込み?確認が乏しいのか、各キャラの「特殊能力」効果が把握しづらい・・・うーん、どこかに(ライブラリ等?)記載されているのか、見逃しているのか、それともステータスなどから詳しく確認できるのか。(単に細かい操作を私が忘れているだけ?)

「エリシン」の「疾風剣」が速さが高いほどダメージが高くなるって、、、習得した時に説明なかったし、どこかで確認できていたのだろうか。(攻略本でパッ、と見てしまいました。剣の達人「エリシン」、攻撃で敵に与えるダメージが少なくて、なんだこのキャラは・・・と思っていたので。)

今後、適度に進めていって、いい加減に全7巻、クリアしたいと思います。

最後は、その雰囲気、登場キャラ、そのグラフィックから強烈な印象を与えるRPG『デスピリア』[DC]をプレイです。

実際は、間にSSとNEOGEOを挟んで、別日にまたプレイしたのですが、クリアです。

まあ、いい加減クリアしよう、との思いもあったのですが、ストーリーが興に乗ると本当にプレイが止まらず、久しぶりにゲームで徹夜しましたよ。

バトルが"荒い"との評価があり、そこが確かに残念だったところ。最後の最後のラスボスは本当にきつかったです。

体力を「1」と瀕死にする技(アビリティ)と高威力の全体攻撃を二体の「マインド」が繰り出してくるので、本当、ジリ貧で我慢、我慢の長丁場の戦いが続きました。

もう少し自身の「マインド」を育てていれば、そんなに苦戦しなかったのかな。でも、本当に最後の最後のラスボス以外は、そこまでに育てていた「マインド」で十二分に渡りあえていた(幾分、楽勝気味だった)ので、やっぱりバランスがおかしかったのかな、と思います。

私的には、エンディングが随分、あっさりだなぁ、と感じましたが、全体を思い返すと各種謎はきちんと解決・回収されていたし、テンポも良く楽しめた作品でした。

全「マインド」を確認していないし、また全魔術書を集めて入手できる4属性最強アビリティ所持の「マインド」にも出逢っていない。

メガテン以外で、久しぶりに再プレイしたいと思わしてくれるRPGになったかな。

 「セガサターン」[SS」は、『ときめき麻雀グラフィティ 年下の天使たち』[SS]だけをプレイ。いい加減『慶応遊撃隊~』や『デザイア』をクリアしなきゃ・・・と思っているのですが、今回はDCソフトクリアを優先したので、軽い作品を─と。

 「NEOGEO」は、定番『餓狼伝説SPECIAL』[NEOGEO・ROM]をプレイ。「ローレンス」でちまちまクリアを目指しています。

『パルスター』[NEOGEO・ROM]は、やはり間を空けると以前はやっとノーミスでクリアし到達していたステージが、ボロボロに。。。

継続と集中が必要ですね。

『SNK VS.CAPCOM SVC CHAOS』[NEOGEO・ROM]は、久しぶりに「リュウ」を使用しました。NEOGEO後期/末期作品、本当にプレイが少なくて、せっかくプレイし易い所に置いて、各種システムを当時できなかった分、使いこなそう、練習しようと思っているのですが・・・歳だなぁ、根気が足りない。

『ティンクルスタースプライツ』[NEOGEO・ROM]、対戦シューティング、一人用もストーリーモードが楽しい作品です。

最後は「XBOX360」でシューティング『デススマイルズ』[XBOX360]をプレイ。その世界観のグラフィック、BGMが楽しい一品です。

 寒くて、このご時世の中、家でゲーム三昧するには良い年末年始休みだったのですが、結局、DCの『デスピリア』をクリアに持っていった以外はあまり進められなかったなぁ。

(記:スッタコ小僧)

2022年1月12日 (水)

【ゲーム】『deSPIRIA デスピリア』[DC]マインド豆情報

 ドリームキャスト(DC)のホラーRPG!?、(株)アトラス販売だけあって記憶素子で生成・強化した"マインド"と呼ばれるキモ可愛い!?召喚獣・・・いや精神体を駆使して戦う作品です。

なんと言っても、まずヴィジュアルに"やられ"、そしてストーリーにグッサグッサになる内容です。

状態異常(混乱)の"マインド"を従えた殺し屋に苦戦後、しばらくプレイ停滞していたのですが、久しぶりにプレイしたら、やめ時が見つからなくて、久しぶりに嵌ったなぁ。(そして、最後のエデンへ到達中。)

 久しぶりで肝となる"マインド"属性や強化内容が記憶から、すっ飛んでいたのですが、おおっノートにメモってあって助かった・・・。

パッと見れるように、アップしておこう─というのが本記事です。

Photo_20220112204101

上記が属性で、いわゆる三すくみです。「死」が「怨」に強く、「怨」は「愛」に強く、「愛」は死に強い。「絶」は"無"属性といった所。

まあ、バトル中、急所や耐性属性の攻撃を受けた場合のエフェクトでも把握できるので憶えていなくても安心です。

後述の「記憶素子」の組み合わせ(量、割合)で、生成される属性マインドが決まるのですが、「絶」以外はなんとなく分かると思います。

「絶」がトライ&エラーで、私は大変でした。。。何か法則はあると思うのですが、単純に平均化ではないようだし。

P:Power
D:Defense
S:Speed
VP:マインドの体力
MP:マインドのポイント(いわゆる魔法を使う時の)

表.記憶素子の強化項目
記憶 VP MP
怒       
憎         
狂       
喜       
楽       
慈         
恐       
苦       
乱       
虚         
哀       
寂       

強化させる場合には、きちんと割り振りを考えないと。レベルアップするまでは属性および"マインド"は変わりません。

なので、戦い易いパラメタへ考えて割り振った方が良いです。

Powerが足りないとダメージ激減だし、状態変化攻撃が使える"マインド"はSpeedを高くして先制できた方が有利なので。

まあ、敵にやられて自分が困る攻撃を持つ・・・が基本です、こちらがやられて嫌な攻撃は相手も嫌なので。

特に状態変化を予防できるアクセサリー入手までの間は、本当に「混乱」攻撃が鬼門です。。。

(記:スッタコ小僧)

より以前の記事一覧

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンク