アニメ・コミック

2022年6月 4日 (土)

【アニメ】『ルパン三世 THE FIRST』を見た

 「山崎貴」監督、原作漫画「モンキー・パンチ」─言わずと知れた名アクション・コメディ、大泥棒「ルパン三世」とその仲間達を描くアニメ、えっ、なんで3DCG!?の作品です。

~映像表現方法について、色々模索、実験する事は良いかと思います。でも、果たして"その表現"が今作というか、本題材に合っていたのか。~

 確かにルパンのドタバタ劇(アクション)、コミカルなシーンでは『トムとジェリー』のようで3DCGに合う部分もあるかと。

ただ、キャラ達が等身大だし、あまりド派手な動きをCGのリアルな動作に落とし込もうとすると・・・うーん、何だろう、目立たないなぁ。

 少し前に『ペット』を見て3DCGアニメ作品に対して大幅に評価/考えを改めていただけに、ちょっと残念な感想を持つ作品となりました。

ここ最近、四部あたりの青ジャケットからルパンシリーズについて見れていない、テレビのスペシャルも見なくなっていました。

~正直、ストーリーが楽しめなくなってきている。。。歳かなぁ、そんなに昔の題材と展開から大幅に変更が入っているわけでもないのに。~

 なんだろう、年齢経過と共に単純に楽しめなくなってきているのかな。

キャラは好きなのですが、本作の場合、どうも活かしきれていないような気がします。

・見る年齢層を意識したのか、「峰不二子」の"はっちゃけ"ぶりが無かったのがとてもガックリ。

・「次元」の「小林清志」さん、どうしたんだろう、と心配してしまう力(声)の弱さと目立った所がない。

・「五ェ門」はいつから"お笑い"担当に・・・。

 キャラの魅力減、前述の通りストーリーも"安全"を狙ったのか定番の流れ、メインの3DCG映像は・・・どうも少し前に見た海外作品と比較すると見所が掴めなかったで、期待をして見た作品ではないですけど、大きく期待外れの結果となりました。

 3Dの初、一作目作品だから、「THE FIRST」なのでしょうか。意表をついて、今までのシリーズでは描いた事のない、キャラに纏わる"初めて"を持ってきてくれたら、ストーリーだけでも楽しめたかな。

まあ、初3DCGで手一杯だった・・・作品です。

(記:スッタコ小僧)

2022年5月29日 (日)

【アニメ】『ペット』を見た

 ユニバーサル・スタジオの3D・CGアニメーション、「クリス・ルノー」「ヤーロウ・チェイニー」監督のコメディ作品です。(アニメは"製作会社"がまあ、前面だよね。)

続編公開に合わせて、テレビ放送された録画をやっと見ました。続編で声をあてた方がMCの同題材番組に続けてのスペシャル放送ですか。(勘違いのようです、MCの方はアングリーバード?、別作品だった。。。)

その影響もあり、なかなか視聴に踏み切れませんでした。(話題性ばかり狙った作品かと。。)

~すいません、勘違いしてました。3D・CGアニメーション作品、映像・動き、映えるなぁ。~

凄く内容と動きに合っていて、また細部まで細かく描かれている点、その映像美に吃驚です。

~アニメは2D(手書きに近い方)、ゲームはドット絵(レトロ)が良い・・・と偏りがちだった自分にまさか"ガツン"と喰らわしたのが、まさか本作になるとは。~

 期待せずに視聴し始めたことも評価を上げた事に影響しているかもですけど、単純に面白かったです。

ストーリー的には「ケイティ」と小さい頃から暮らしていた犬「マックス」、しかし突然、新たな同居人・犬「デューク」登場でやきもち、そして喧嘩・・・そして、トラブル発生で何とか「ケイティ」の元に戻ろうと──ストーリーは単純、多数のペット、野良達の動き、ドタバタに拘った作品です。

 いやぁ、3D・CGアニメーションの台頭理由、納得しました。素直に「凄い」と映像で感心しましたので。

もっと吃驚したのが、メインの犬達について声優を務めたのが・・・「バナナマン」さんだった事。

本作の方は当初、全く意識せず(前の番組部分はスキップしたので)、また続編公開時の番宣はほとんど忘れていたんだろうなぁ。

 全く気付かない程、溶け込んでました。相当、大変だったのでしょうね。

前述の偏見解消にもなり、かなり溜まっている本系統アニメ、良い消化機会・開始の狼煙となりそうです。

(記:スッタコ小僧)

2022年5月22日 (日)

【アニメ】『大正オトメ御伽話』を見た

 原作漫画「桐丘さな」、大正浪漫のラブストーリーのアニメ化作品です。

~まず、ジャンプコミックである事に吃驚した。そして、この"ほんわか"なノリ、今の時代に合っているのかな。~

まあ、男女共にご都合主義的な相思相愛となった点は置いておいて、絵柄通り優しい内容で過激表現が増えている作品が増えている中、和みました。

 今まで"大正浪漫"といったらゲームは『サクラ大戦』、漫画というと『はいからさんが通る』(まあ、私は南野さんの実写化導入ですが)でしたが、後者はイマイチな出来のリメイク劇場版にてランクが下がってしまったので、本作、良い入れ替えタイミングでした。

原作コミックは全5巻!?短くて吃驚ですが、長期連載が続けば良いっていう事もないので、著者が描きたい事を描ききったのであれば良い終わりだったのかと思います。(時間があったら、読んでみたいです。)

 本作独自の展開は少ないのですが、登場人物達の"柔らかさ"で楽しませてくれる作品でした。

原作巻数の少なさ及び極端な過激さ/目立つ部分が無い点から、今考えても「なんで本作をアニメ化したのが、若干、謎」ですが、《まんがタイムきらら》系で楽しめる作品が増えている中、方向性は違えど、色々な方面へ手を伸ばすといった点では良かったのかな。

 いずれにしても、意外にも楽しめた作品でした。

(記:スッタコ小僧)

2022年4月10日 (日)

【アニメ】『怪人開発部の黒井津さん』/『現実主義勇者の王国再建記(2期)』を見た

 「水埼弘明」著、悪の組織の怪人開発に焦点を当てるとは・・・意外なコメディ作品のコミック、そのアニメ化です。

~惜しむらくは本作を見た視聴者が全てが感じた通り・・・安定した作画を!!です。~

本当、残念。ナレーションを毎回変えたり、スターウォーズ開始のような長いタイトル(読めんよ)、ご当地ヒーロー出演など色々な趣向や展開、要素はとても良かった・・・それだけに悔やまれる作品です。

 信じられない程、クオリティが高い作品は高くなっているだけに、"絵の息切れ"がこんなにも致命傷となるとは。(まあ、折角、アニメで動いているのを見ているのに、その絵がクチャッってなっていたら、それはガッカリするわ。)

~~~~~

 「どぜう丸」著の異世界召喚モノ小説のアニメ化の第二期、確かに第一期、悪くはなかったけど、まさか第二期が作られるとは意外でした。

でも確かに本二期最終回の"あの秘密"は明かしてくれないと、"しっくり"来なかっただけに必要な続編放送だったのかと思います。

絵的には凄さや特筆すべき点はないけど、"安定"はしていたなぁ。

 やはり品質、別に最上級を維持しなくても、その作品、また最初に繰り出した品質を"維持"するのは大切ですね。

(記:スッタコ小僧)

2022年4月 2日 (土)

【アニメ】『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』を見た

 「泰三子」原作コミック、ベテランと新米・・・女性警察官「藤」部長と「川合」と周囲を描いた"お仕事"漫画のアニメ化です。

実写ドラマが先に放送されていたのは知ってました。ドラマはほとんど見なくなっているので、見ませんでしたが。

 なんで実写ドラマ化放送したのに、後からアニメ化なんだろう、絵柄も独特過ぎて好みではないしなぁ・・・と期待薄の作品でした。

実写化->その後アニメで、アニメが良かった『古見さんは、コミュ症です。』のような作品もあるしなぁ、、、と一応、見てみると。

~成程、意外と面白い。やっぱり自身があまり知らない所の舞台裏・実情を面白く描いてくれているので、楽しめるんだろうなぁ。~

シリアス展開もあり、ただ単純に焦点を当てただけではなく、事件自体は続く・続くとなっていても、切れの良い構成で毎週一話ずつ、直ぐに消化して楽しめた作品でした。

(記:スッタコ小僧)

【アニメ】『錆喰いビスコ』/『天才王子の赤字国家再生術』を見た

 『錆喰いビスコ』の方は、賞を受賞した時の文庫宣伝CMがあった時に気になり、記憶に残っていました。(「瘤久保慎司」著のライトノベルのアニメ化です。)

終末未来?荒廃した近未来、おおっ「独自の世界観を描いているんだろうなぁ、どんなSFを書いているんだろう」と。

 予期せぬタイミングで待望!?のアニメ化。楽しみ、楽しみ、と見始めたのですが・・・。

なんだろう、このデジャブ感で新鮮味が全く感じられないのは。「ビスコ」「ミロ」などの名前パロディは良いですけど、賞をとった世界感が"これっ"なのでしょうか。

 うーん、キノコねぇ。悪くはないけど、なんだろう。映像、キャラ絵的に"インパクト"が無さ過ぎて、スマートな点が「嵌ろうには嵌れない」もどかしさを生み出しているのでしょうか。

 絵は悪くない。展開も悪くない。音楽も。。。でも、なんで。諸々"優等生”なのに、いまいち「続きが、続きが・・・」と視聴が進みませんでした。

 原作ノベルとその挿絵・・・やはり本作は小説⇒アニメの所で、躓いたといった作品なのでしょうか。

~~~~

 流石に元の題名は採用できなかったのか。「鳥羽徹」著のライトノベルのアニメ化です。

戦記?コメディ物でしょうか。『無責任艦長タイラー』系とは異なり、"能ある鷹は爪を隠す・・・いや、隠しておらず"なのですが、敵味方いずれも曲者揃い、無双できるほど単純な世界ではない"程よい厳しさ"で、適度な緊張感で楽しませてくれました。

つらつらと適度に見るには良いですが、がっつり視聴という程ではない。なので、シーズン2は望みませんが、絵崩れせず、安心して見れるファンタジー作品だった点は、高評価です。(ちょっと、今期はファンタジー多めだったけど、正直、見れなかったなぁ。絵や展開事態も。)

(記:スッタコ小僧)

2022年3月27日 (日)

【アニメ】『その着せ替え人形は恋をする/明日ちゃんのセーラー服』を見た

 両作品共にアニメにおける映像美で、まず強烈なインパクトを与えてくれましたね。

『その着せ替え~』(原作:福田晋一)の方は、オタク青年が・・・と思っていたのが逆で、またヒロインのキュートさ演出が"あざとい"ながらも、グッと掴まれる。

『明日ちゃんの~』(原作:博)はその表現から"あざとさ"全開過ぎて、ツッコミを入れる所の騒ぎではない。

 なんだろう、どちらも(大きく)"特殊な世界観"ではないし、大きくぶっ飛んだ設定でもないのに記憶に焼き付く作品です。

~そう、あのシーン、あの部分、また見たい~

と思わせる所が多数ある点、アニメに期待する所が詰まっていたなぁ。

 随分、単調で短い感想しか記載できてませんが、面白く下期でダントツだったのは確かです。(続き物は溜めて一気見派。1話完結ペースのほん二作品は最終回放送と同時に見終わり、まだ見れていない作品は多数あるのですが。)

 うーん、本映像レベル作品に慣れてしまうのが怖い・・・絵、映像が全てではないと思うのですが、やっぱり、受ける印象と残る記憶が大分変ってくるので。

(記:スッタコ小僧)

 

【アニメ】『スローループ』を見た

 「うちのまいこ」原作の"日常系?"釣り&ハートフルコメディでしょうか、アニメ化作品です。

~期待通り、安定してほんわかと1話、1話を楽しめました。~

釣り漫画というと「矢口高雄」さんの『釣りキチ三平』しか思い浮かばない、実生活では釣堀自体もほぼ経験がないような・・・。

 小学生時代、田舎へ帰った際、確か親戚のお兄さんが好きで集めていたような気がします。

田舎は、上も下も大分歳が離れた人しかいなくてね。祖父母の家にはもちろん、テレビゲームなんかもないし、TVで視聴している番組も子供向きではない。

そんな中、確か2階か何かにドッサリ置いてあったのかな、漫画『釣りキチ三平』・・・とっても楽しんだ記憶があります。

魚との戦いが熱い、熱い、釣りをほどんど知らない私も"どっぷり"引き込まれる面白さと画力でしたよ。

 さて本作の話に戻ると釣りは上記「大物とのバトル展開」がメインの前述漫画しか知らない私には、また初耳の「フライフィッシング」がメインでしたが、登場人物に初心者がいるお陰で丁寧に、そして料理レシピも交えつつ"ライト"な内容で助かりました。

 また本作に期待した"ハートフル"、十分に期待に応えてくれる内容となっているので、安心して見ていられた作品かな。

(記:スッタコ小僧)

2022年3月24日 (木)

【アニメ】『リアデイルの大地にて』を見た

 「Ceez」著のライトノベル、ゲームの中へ、ゲームキャラに転生してしまって・・・の異世界ファンタジーモノのアニメ化です。

~1話完結が多くて、無双キャラなので安心、ほのぼのダラダラと気を張らずに軽~く楽しめた作品ですが、・・・なんで本作アニメ化なのか。~

上記が正直な感想です。

まあ、気を張り、次回が気になる、「ああっ、いい所で続くかよ」とならない作品が確かにあると"楽"なので助かってはいるのですが。。。

 ただ、一番残念だったのは最終回です。

最後の最後は、ちょっと"締める"ではないけど、もっと楽しめる内容を持ってきて欲しかったな。

この全く盛り上がらずに"閉まらない"感じが本作らしいのかもしれないのですが、とてつもなくダラダラっとした感じで終わってしまった、というのが印象に残りました。(まあ、最初と最後は記憶に残り易いので。)

~~~

 いやぁ、随分と放送されるアニメ、多くなってきたなぁ。

そして玉石混淆が激しくというか、際立って目につくようになってきました。

原作モノは原作ヒットを受けてのアニメ化である為、"安定"の面白さを提供すると思いきや、アニメ・映像の作り手の妙・技が大きく物を言うんだなぁと痛感しました。

 話は違うかもしれませんが、旧SNKの格闘ゲームキャラ達が結構、好きです。

同人臭が漂うとか、今のキャラからすると洗練されていない?かもしれませんが、なんだろう《ゲーム屋さんが考えたキャラ》感が良いのかな。(中には アニメや漫画のパ〇リ・・・いや大いに影響を受けたモノが散見されますが、その点も含めて。)

 今は3Dで実写やリアル、実現したい等身やアニメに近い表現に近づいた影響か、「おおっ」とは思うのですが大きく嵌れないなぁ。

原体験の影響が強いのかもしれませんが、2D・ドットが目立ち、動きのメリハリがあるゲームが未だに好きなんだ。

─後半、全く関係ない話になってきた。

(記:スッタコ小僧)

2022年3月23日 (水)

【アニメ】『ましろのおと』を見た

 「羅川 真里茂」原作コミック、津軽三味線─自分の音を目指す高校生を描いた作品のアニメ化です。

『赤ちゃんと僕』の著者、こちらも大好きだった作品で原作コミックは文庫版を揃えて何回、読み返した事か。(今、おそらく押し入れだけど、家にまだあるはず。)

 著者の原作という点から、大分、期待していた作品・・・そして見ると期待通り、今まで触れていなかった三味線の世界、そして周りの好感度の高い登場人物達の影響で、一気に好きに、そして楽しめた作品となりました。

~ただ、惜しむらくは「なんで、ここで終わりなんだよ!!」とのアニメ12話で描かれた最終回。~

 なんとも歯切れの悪いというか、後味が・・・こんな所で「おあずけ」かよ、との展開と場面でバッサリ。

えっ、次のクール?または第二期が確定で番宣があるか、続きはいつ─と終了後、早送りするもCMだけ。。。えっ。

ちょっとそれは無いよなぁ、というのが最終的に一番大きな感想です。

 映像、三味線演奏、諸々素晴らしかっただけに、本当に本当に残念なのは前述のみ。

第二期、期待したい、待ちたい作品です。

(記:スッタコ小僧)

より以前の記事一覧

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンク