« 【書籍】『死亡告示 トラブル・イン・マインドⅡ』読破 | トップページ | 【書籍】『宇宙戦争』読破 »

2024年6月20日 (木)

【映画】『スティーブンキング シャイニング エピソード3』を見た

  「スティーブン・キング」原作、そして製作総指揮&脚本、監督は「ミック・ギャリス」、"輝き"を持つ少年ダニーを「コートランド・ミード」、父母を「スティーブン・ウェバー」「レベッカ・デモーネイ」が演じる幽霊ホテル、最終回です。(過去の感想はこちら。12)

~キングさん、キューブリック版の反発の為に終盤改変ですか。それとも、本実写化を作る時における家庭環境というか、家族想いが影響!?~

 原作小説を読んだ時は、父子愛をそこまで感じる作品ではなかったような。。。単純にキングらしさの異色&異能を盛り込んだ近代に合わせた幽霊屋敷モノ!!との単純な感想でした。

 まあ、改変された終盤展開と少年「ダニー」が見る他の人には見えない友人「トニー」の正体に──私は"ホロリ"。まんまとキングさんの術中に嵌ってしまったのですが。

~~~~

 どんどん力を、現実の人間であるジャックやウェンディ、ダニー達への影響を与えるようになってきたオーバールックホテル!!。

ダニーはホテル初日に出逢い、強さは違えど同じ"シャイニング"を持っているコック「ハロルド」に助けを求める・・・だが、刻一刻と父ジャックに異変が──。

~~~~

 続編『ドクター・スリープ』があるのか。小説と映画、まずは小説からかな。シャイニングは映画より小説の方が楽しめたので。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『死亡告示 トラブル・イン・マインドⅡ』読破 | トップページ | 【書籍】『宇宙戦争』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『死亡告示 トラブル・イン・マインドⅡ』読破 | トップページ | 【書籍】『宇宙戦争』読破 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

リンク