« 【書籍】『毒の目覚め』読破 | トップページ | 【映画】『クリッター2』再見 »

2024年5月17日 (金)

【書籍】『シャイニング』読破

 「スティーヴン・キング」著、近代"ホテル"を舞台にした《幽霊屋敷》モノ、ホラー小説です。

正直、舞台を洋館としたゴースト物は怖くない・・・まあ、日本人なので洋館独特の雰囲気(装飾や小道具)が"ピン"と来ないのだろうなぁ。

やはり自身の経験や記憶で、その場(雰囲気含む)が想像できた方が恐怖を感じるので・・・・・・。

 本作を実写化した「スタンリー・キューブリック」監督・「ジャック・ニコルソン」主演の映画は、とある場面を描いたパロディで知り、実際に映画版を見たのは大分後です。というか、最近のはずなのに、あれれっ、ブログに記載がない。

 映画版は、確かに独特の雰囲気でとても印象に残る作品でしたが、歳の影響もあると思うのですが、ぶっちゃけ怖くなかったです。

また吹き替えで聞き逃しか、字幕をきちんと見てなかったのか、タイトルである"シャイニング"の意味も本原作を読むまで把握できてなかった。。。

 後半にブログ記載順で私が読んだ/(実写化されて)見た著者作品の感想へのリンクを貼りますが、私の中では「その知名度の割には、そこまで──」という感想を持つ小説家さんでした。

 でも今回、著者の三作目、本作を読んで《やっとその本来の凄さ》が(私の中で)感じ取る事ができました。

【キングの精髄この一作にあり!】との宣伝文句に納得です、近代・独特の能力&展開を含めたストーリー、成程、これが"キング節"かと。

~~~~~~

 癇癪にて仕事を馘になり、家族と共に冬に閉ざされるリゾートホテル「景観荘(オーバールック)」の管理人として過ごす事になった「ジャック」。

 現在は仲直り──癇癪が起こした事件で離婚も考えていた妻「ウェンディ」、"かがやき"と呼ぶ能力を秘めた少年「ダニー」。

厭な予感、そして"友人トニー"の警告に怯える「ダニー」・・・大好きなパパの為、その不安を押し殺して過す事に──。

~~~~~~

 著者の作品でブログ記載した感想へのリンクを記載順で。

『夜がはじまるとき』『夕暮れをすぎて/夜がはじまるとき』『第四解剖室』『任務の終わり』『呪われた町』『スタンド・バイ・ミー』

また、著者原作の映画化作品の感想も同様。

『アトランティスのこころ』『ミスト』『デッドゾーン』『シークレット・ウインドウ』『ニードフル・シングス』『クリスティーン』『セル』

(記:スッタコ小僧)

 

« 【書籍】『毒の目覚め』読破 | トップページ | 【映画】『クリッター2』再見 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『毒の目覚め』読破 | トップページ | 【映画】『クリッター2』再見 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

リンク