« 【映画】『モータル・コンバット レガシー』を見た | トップページ | 【テレビ】『岸辺露伴は動かない』実写版を見た・Part4 »

2024年5月24日 (金)

【書籍】『最後の一撃』読破

 「エラリー・クイーン」著、小説家兼探偵「エラリー・クイーン」がまだ"探偵駆け出し"の頃に遭遇した事件を後に解き明かす推理小説です。

~はぁ、シリーズ全作品が新訳されないのが分かったような気がする。。。~

 読者への挑戦状も挟まれているだけに"贈り物"の謎、相当期待したのですが・・・・・・。

構成、ストーリー建ては相当良いんだけど・・・1905年の事件の要因、1929年の年末・1930年の年始にかけての事件発生、そして1957年の種明かしと。

 やっぱり残念なのは、謎の肝が【内輪ネタ】のように感じてしまう事。これでは楽しめないですよ。

まあ、お国柄も関係してくるかもしれないけど、うーん片方は許容できてももう片方は──やっぱり、許せない。

 私は本作初読と思っているけど、過去に読んでいたとしたら「そりゃ、すっかり忘れているよ。何もかも。」と思える内容なので、再読でも驚きません。

 最後に著者の作品一覧と感想へのリンクを。

『エラリー・クイーン完全ガイド』

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『モータル・コンバット レガシー』を見た | トップページ | 【テレビ】『岸辺露伴は動かない』実写版を見た・Part4 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『モータル・コンバット レガシー』を見た | トップページ | 【テレビ】『岸辺露伴は動かない』実写版を見た・Part4 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

リンク