« 【映画】『万引き家族』を見た | トップページ | 【ゲーム】携帯機に集中 »

2024年5月26日 (日)

【書籍】『隠された鍵 ミステリー傑作選』読破

 「日本推理作家協会」編の推理──いや、これ推理か?と思う作品もありつつも"良くも悪くも"強烈なインパクトを残す短編集です。

~まあ、正統派から"キワモノ"まで・・・どれも強烈に記憶に刻み付ける作品ばかりでしたよ。~

 前回読んだ別出版社の短編集は、私によっては"デジャヴ"ばかりの内容且つガッカリな感想だったので、本作は丁度良い<上書き>になりました。

前回の作品が2022年で、本作が2008年発行という点が、物凄く残念な点なのですが・・・・・・大丈夫か、日本の推理小説界は、と。(どうだろう、「日本推理作家協会」編の2022年などの短編集を読んでないので、まだ不安を感じるのは早いか。)

 さて、収録されている作品は以下の通り。

・『伝説の星』石田衣良

・『DECO-CHIN』中島らも

・『ゼウスの息子たち』法月綸太郎

・『虚空楽園』朱川湊人

・『光る棺の中の白骨』柄刀一

・『愛書家倶楽部』北原尚彦

・『プロセルピナ』飛鳥部勝則

・『大松鮨の奇妙な客』蒼井上鷹

・『犬の写真』池永陽

(記:スッタコ小僧)

 

« 【映画】『万引き家族』を見た | トップページ | 【ゲーム】携帯機に集中 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『万引き家族』を見た | トップページ | 【ゲーム】携帯機に集中 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

リンク