« 【書籍】『間違いの悲劇』読破 | トップページ | 【書籍】『ベンスン殺人事件』再読 »

2024年4月12日 (金)

【アニメ】『シャングリア・フロンティア』/『勇気爆発バーンブレイバーン』を見た

『シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~』:

 原作「硬梨菜」・漫画「不二涼介」、フルダイブ型ゲームに熱中する男子を描いた作品──のアニメ化です。

コミックで人気が出ている作品というのはアニメ化前から知ってました。その容姿よりどんな作品か気になっていたのですが、流石人気作、アニメ化です。

 "クソゲー"の真逆、"神ゲー"・・・定義(条件)が難しいよね、突き詰めると<人それぞれ>になりそうだし。

ただ、本作では「プレイヤー人数が多い」「(フルダイブ型だけに)思った通りに操作──動ける」としているので、分かり易いです。

 序盤は「クソゲー」をプレイしてきた主人公「サンラク」ならではのステータス設定と行動が引き起こすイベントを楽しみ、後半はクソゲーで培ったプレイヤースキルにて《強敵との正統派バトル》を楽しむ・・・と言った所でしょうか。

 良くも悪くも普通に<異世界冒険モノ>としての面白さが上がってきたなぁ、ちょっとゲームならではというかゲーム外、「サンラク」に想いを寄せる女子との・・・が見たかったなぁ。

 

『勇気爆発バーンブレイバーン』:

 スマフォゲームのアニメ化は視聴しないので、「Cygames」さん製作の本作も当初は見ないつもりでした。

ただ、完全人型に近いロボットアニメ、そして「大張正己」(デザイン)という事で見てみた作品です。

大張正己」さん、出逢いはもちろんNEOGEO作品のアニメ化、アニメ『餓狼伝説』です。

 その後はNEOGEO『超人学園ゴウカイザー』、大分経過してからやっとアニメを見たかな。(その間に確か成〇アニメもあったけど。。。この時は、えっ、「大張」さん、どうしちゃったの・・・と。)

 さて、本アニメの感想に戻ります。正直言うと、確かに一話の展開には度肝を抜かれたけど、私は<ノリについてけなかった>方です。

残念ながらネットで見られる感想&盛り上がり程、楽しめなかったというのが本音です。多分、世代・・・年齢の影響なんだろうなぁ。

 "ながら見"が多く、最終前と最終話のみちゃんと見たかな。なんじゃこりゃこりゃ、このグルメアニメ演出は何!?相合傘やめれー、えっ白旗って・・・等々、確かに見所というかツッコミ所満載で、そのノリに乗れる人には面白いんだろうなぁというのが伝わってきました。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『間違いの悲劇』読破 | トップページ | 【書籍】『ベンスン殺人事件』再読 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『間違いの悲劇』読破 | トップページ | 【書籍】『ベンスン殺人事件』再読 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク