« 【ゲーム】NEOGEO、そしてPS2 | トップページ | 【書籍】『運命の裏木戸』再読 »

2024年3月24日 (日)

【アニメ】『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。』を見た

 「藤孝剛志」著、ライトノベル、コミック化もされているようで、今回はアニメ化───異世界転生ではなく、異世界に理不尽に召喚されて・・・の作品です。

 まあ、溢れてきた感がある無双モノ、その"極み"を狙ったのか、主人公は殺意を向けた相手など、相手を触れずに"一発"で──バトルにもならない展開です。

 ・・・はあ、無双したいのでしょうね。。。

アニメは大量に放送されるけど、その分"ながら見"、いや酷い時は"スキップ見"が増えてしまったなぁ。

 本作は色々と展開されているだけに、そのストーリー/展開に惹かれる人がいるのでしょう。

アニメとなった時、その動きや演出が楽しみなのですが・・・・・・目を惹く作画、動きがないのが辛いですよね。

 各種ツールなどは発達して、色々と製作し易くなっている、ある程度のクォリティでの作成は容易になっているのでしょうか。

大量生産"工芸品"というか"工場品”!?、せっかく数ある中から選択された題材だと思うので、大変でしょうけど、もっと──と求めてしまいます。。。

 "芸術品"を目指せとは言わないですが、やはり記憶に残る台詞、絵、動きが何個か欲しいところです。

以前に映画の感想で記載した気もするけど・・・特撮技術が発達して、やたらCGを使ったSF作品が豊富な時期があったけど、見てみると"ガックリ"。

 昔の作品とは遥かに映像美では良くなっているのに、つまらなくて仕方がない作品が多数。。。

 実写、またゲームでも"リアル"(3D系ね)に近い描写をするものは映像的には"まあ見れる"、同水準には"見える"ようになるけど、アニメの場合は本当に差が激しく見える、分かるように見える・・・原作、原作イラストの"絵"の癖というか、特色があるだけに、やはり"リアル系"より目立つんだろうなぁ。

(記:スッタコ小僧)

« 【ゲーム】NEOGEO、そしてPS2 | トップページ | 【書籍】『運命の裏木戸』再読 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ゲーム】NEOGEO、そしてPS2 | トップページ | 【書籍】『運命の裏木戸』再読 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク