« 【ゲーム】NEOGEO、まずはスポーツゲームから | トップページ | 【ゲーム】携帯機を楽しむ »

2024年3月14日 (木)

【書籍】『象は忘れない』再読

 「アガサ・クリスティー」著、名探偵「ポアロ」が"良き"友人である推理小説家「アリアドニ・オリヴァ」夫人が持ち込んだ過去の事件に迫る推理小説です。

 悪さをした人物を忘れずに時を経てから、その人物に仕返しをした象の逸話より、「昔を良く記憶している人は誰かいる、いるはず」とのエネルギーを糧に「オリヴァ」夫人、そして「ポアロ」がとある悲劇の真相を探る物語となっています。

~~~~~~

 珍しくあまり参加しない系統のパーティーに出席したミセス・オリヴァ。そこで、名付け親になった女性と結婚の予定がある青年の母親と出逢う・・・そして、問いかけられた謎。

 父親と母親、どちらが先に殺したのかと・・・・・・。

自身は海外へ行っていた直後より、詳しい事象を知らなかった名づけ子の両親、無理心中!?かの事件。

質問者および質問を不快に感じながらも、動機が不明な事件に興味を惹かれて「ポアロ」に相談する事に──。

~~~~~~

 とある情報が入ると、その時点で推理(小説)慣れしている人には簡単に真相が掴める作品ですが、いつも通り<読めてしまう>のが、著者の凄さです。

 さて、最後に著者の作品一覧と感想へのリンクを──。あと少しで再読完了だな。

『アガサ・クリスティー百科事典』

(記:スッタコ小僧)

« 【ゲーム】NEOGEO、まずはスポーツゲームから | トップページ | 【ゲーム】携帯機を楽しむ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ゲーム】NEOGEO、まずはスポーツゲームから | トップページ | 【ゲーム】携帯機を楽しむ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク