« 【アニメ】『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。』を見た | トップページ | 【アニメ】『葬送のフリーレン』/『薬屋のひとりごと』を見た »

2024年3月24日 (日)

【書籍】『運命の裏木戸』再読

 「アガサ・クリスティー」著、トミーとタペンスのおしどり夫婦探偵シリーズ最終作──孫も三人、70歳の夫婦が静かに暮らす為に引っ越した屋敷で"過去の事件"に遭遇する冒険(!?)小説です。

~まあ、冒険にしては大人し過ぎる、そして消化不良感が大きく残る作品です。~

 過去の事件手掛かりとの遭遇や"会話劇"は<いつもの著者通り>楽しめる部分はあるのですが、お年(主人公達も)のせいか、"冒険"部分が本当に薄め過ぎていて。。。

~~~~~

 引っ越した先で、前の屋敷住人達の本も含めて整理中。ついつい懐かしい作品について片付けを止めて読んでしまう「タペンス」。

とある本の中にメッセージを見つける・・・えっ、彼女は殺された!?。

~~~~~

 著者の作品にしては結構、文量的には量が多い方なのに、あれれっ、中身が薄すぎる。。。過去作品というか、二人が関わった過去事件に関する話が多数出て来る事から、シリーズを一気読みして、「あっ、この人は」と登場人物達について良く分かるようになっていたら、もっと楽しめたのだろうか。

 さて、最後にシリーズ一覧・過去感想へのリンクを。

『アガサ・クリスティー百科事典』

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。』を見た | トップページ | 【アニメ】『葬送のフリーレン』/『薬屋のひとりごと』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【アニメ】『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。』を見た | トップページ | 【アニメ】『葬送のフリーレン』/『薬屋のひとりごと』を見た »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク