« 【アニメ】『魔都精兵のスレイブ』/『佐々木とピーちゃん』を見た | トップページ | 【ゲーム】NEOGEO、そしてPS2 »

2024年3月24日 (日)

【書籍】『ハートに火をつけないで』読破

 「ジャナ・デリオン」著、《ワニの町へ来たスパイ》シリーズ・・・命を狙われる事になり、内通者問題もある為、田舎の町へ身分を偽ってしばらく"普通に静かに"暮らす事を強制された秘密工作員「フォーチュン」──が怒涛の事件発生に連続で巻き込まれる、コメディ・アクション・サスペンス作品です。

 コメディを頭に持ってきた事から分かるように、本作の醍醐味は「湿地三人組」(本書の原題であるSWAMP TEAM3)のまさに往年のドリフコント(女性版)のようなやり取りと活躍(!?)です。

 現代、いつの頃からは"〇害"という言葉が記事とか普通に使われているのを見て、変わったなぁ、諸々"意識"は高くなっているはずなのですが、なんだろう──殺伐?ではないけど、モラル・徳とも違うけど、、、普通に使われるんだ、発言するんだ、あの用語を。。。(と当初、感じてました。今では慣れてしまっている点が怖いよ。)

 そんな中、本作では活動的で色々"溢れる"「アイダ・ベル」「ガーティ・ハバート」、現地のおばあちゃんズ"大暴れ"が本当に面白く、楽しめる──稀有な作品です。

 邦題から分かるように今作は主人公「フォーチュン」と保安官助手「カーター」とのロマンス進展に力が入ってします!!。

自身のお店を持つ夢に進む現地カフェ店員であり、「フォーチュン」自身にとっては珍しい"女友達(普通の!!)"「アリー」の窮地に伴い、ロマンス中断が多々入りますが、全編を通していつものノリで楽しめる内容となっています。

 最後にシリーズ感想へのリンクを。第五弾と本書、順序逆に読む事になりましたが、第一弾が2-3弾後になった時に記載した通り、全然大丈夫。

『ワニの町へ来たスパイ』

『ミスコン女王が殺された』

『生きるか死ぬかの町長選挙』

『ハートに火をつけないで』(本書)

『どこまでも食らいついて』

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『魔都精兵のスレイブ』/『佐々木とピーちゃん』を見た | トップページ | 【ゲーム】NEOGEO、そしてPS2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【アニメ】『魔都精兵のスレイブ』/『佐々木とピーちゃん』を見た | トップページ | 【ゲーム】NEOGEO、そしてPS2 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク