« 【書籍】『炎の爪痕』読破 | トップページ | 【書籍】『夢現(ゆめうつつ) 日本推理作家協会70周年アンソロジー』読破 »

2024年2月23日 (金)

【テレビ】『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!第8回山-1グランプリ』を見た

 意外と楽しみにしている年始企画、今年は無いのかと思っていました。

初っ端から飛ばしてくる、バレリーナ「松浦景子」さんで無言のフリップ芸、ダンスダンスでその舌鋒ではなく"筆"鋒は辛辣!!。

 「四天王」さんは高校受験生+宇宙人の異色展開で笑いを誘う。

「シンディー&きのこちゃん」はモモ子さんツッコミで且つ数の女性(顔マネ&仕草のみ含む)を披露、飛び抜けて──のヒトネタが無かったのが残念かな。

 「メグちゃん」さん、元気だったんだ。相変わらずのギャグ連発。47歳・・・流石に"時の流れ"を感じました。

「めしあがれ」はマッチョと"細ッ"の言葉遊びというか連発芸。

 「鳥居パラダイス」は「鳥居みゆき」さん久しぶりだけど相変わらずの"狂気"、そして「中川パラダイス」さん、一人で頑張っているも、どうも持ち味が出せてないような。「中川パラダイス」さん、以前に何かのドッキリで見たけど、久しぶり。

 「市川こいくち」さん、自在に"おなら"を操る達人。「バタハリ」さんはカラーコーン芸。お笑い・・・かな、まあ、色々なパフォーマンスがあるのは良いけど。

 「ルミ子」さんはコント、"母がランドガール"。「承子クラーケン」さん、"翼の折れたエンジェル(本物)"でインパクト大、そして"お笑い真剣勝負"とは・・・。

 「清水たぁー&寛香」はモノマネ、大トリは・・・えっ、「チャンス大城」さんが人形を使って──。

~~~~~~

 スタートダッシュのインパクトが強すぎましたね。2週の2回に渡っての放送、本番組は特定の企画回しか見なくなっているのですが、今年も楽しめました。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『炎の爪痕』読破 | トップページ | 【書籍】『夢現(ゆめうつつ) 日本推理作家協会70周年アンソロジー』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『炎の爪痕』読破 | トップページ | 【書籍】『夢現(ゆめうつつ) 日本推理作家協会70周年アンソロジー』読破 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク