« 【映画】『男たちの挽歌』再見 | トップページ | 【ゲーム】NEOGEO三昧になっているなぁ。 »

2024年1月 8日 (月)

【書籍】『古書贋作師』読破

 「ブラッドフォード・モロー」著、コナン・ドイルを溺愛する"元"古書贋作師──の一人称視点で繰り広げられる、本、そして文字大好きのミステリです。

~はぁ、まあ最悪の真相ではなかった・・・でも、(私が懸念した中で)ワースト2の真相/結末だったな。~

 両手首を切断された恋人の兄、事件前、そして事件後に届く脅迫状──序盤は語られる事件の内容に惹きつけられるのですが、あれ、登場人物が少なすぎる、あらら、これは・・・・・・。

 もしかしたら、あの"ありふれた"、私が嫌いな真相展開か──と中盤から後半にかけて、読むのが辛くなり、スピードもダウン。

結果的には、"最悪"(ワースト1)は避けられたのですが、私個人的にミステリの解答として、二番目に大嫌いな真相となっていました。(いや、言い過ぎか。その解答で傑作もあるのですよ。。。)

 なんだろう、一番嫌いな解答と合わせて、<あまりミステリというジャンル>を書かない小説家が、ミステリ初挑戦時に"やってしまう"失敗のような感じがするのですよ。。。安易な解答/真相選択な気がして。

 稀覯本(きこうぼん)の世界を味合わせてくれましたが、肝心のミステリ部分が──本当に残念です。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『男たちの挽歌』再見 | トップページ | 【ゲーム】NEOGEO三昧になっているなぁ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『男たちの挽歌』再見 | トップページ | 【ゲーム】NEOGEO三昧になっているなぁ。 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク