« 【書籍】『凶手』再読 | トップページ | 【書籍】『生きるか死ぬかの町長選挙』読破 »

2023年12月27日 (水)

【アニメ】『最果てのパラディン 鉄錆の山の王』『転生したらスライムだった件 コリウスの夢』を見た

『最果てのパラディン 鉄錆の山の王』:

 「柳野かなた」著のファンタジー小説のアニメ化、第二期です。

一期は確かに悪くなかったけど、正直、続編が見たかったかというと微妙な作品でした。

 一期の時は番宣での期待値を満足してくれなかった、けど主人公含め、登場人物は印象的──といった感想です。

今回はあまり期待せず、ハードルを下げて見始めたのですが・・・・・・終盤のベタベタの英雄譚、竜退治の展開ながら──うーん、やっぱり燃える!!。

 あと竜を含めた本世界で描かれている神々が良いですね。

ちょっと情報量が多いと感じた部分もありますが、<しっかりした世界観のファンタジー/異世界モノ>はその映像を見ていて楽しいです。

 異世界転生モノという設定を忘れて、"純"ファンタジーとして楽しんでました。

ただ、最後に「竜の力が・・・」の部分は、"定型無双モノ"方面に行きそうで、ちょっと心配な終わり方でしたが。

 

『転生したらスライムだった件 コリウスの夢』:

 「伏瀬」原作のライトノベル、第三期前にOVA?スペシャル版?、スライム「リムル」が学校を去る前の夏休み、冒険者ギルドからの依頼でとある国の内部対立を<水戸黄門>的にスパッと解決のエピソードです。

 正直、物足りなかったというのが感想です。

本シリーズ、テレビ放送されたものは全て視聴しているのですが、見ていて「何のこと?」「誰?」と感じる部分があった事も影響しています。

 ちょっと消化不良な内容となっていました。

原作や劇場公開された作品などを見ているコアなファンには、もしかしたら楽しめたのかもしれませんが。

 以前に書きましたが本シリーズは、アニメ化前、「川上泰樹」さん漫画でコミック化された第一巻を書店で見かけてから、コミックで読み続けていた作品です。(なので、アニメのキャラデザが若干、異なっていたのには当初、少し残念に思いました。)

 本作以外に過剰に増えてきた"無双モノ"の影響か、本シリーズも若干、<鼻につく>主人公を感じるようになってきてしまった・・・・・・。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『凶手』再読 | トップページ | 【書籍】『生きるか死ぬかの町長選挙』読破 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『凶手』再読 | トップページ | 【書籍】『生きるか死ぬかの町長選挙』読破 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク