« 【ゲーム】『仙剣奇侠伝』[セガサターン]開始 | トップページ | 【映画】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を見た »

2023年11月14日 (火)

【書籍】『最後の真実』読破

 「リズ・アレン」──元女性記者が描いた話題の傑作ミステリー、あらすじを見ると結構”ハード"な内容、主人公が女性弁護士であるだけに法廷劇もあるのか、どんなミステリーなんだ!?と期待して読み進めたのですが・・・。

~すいません、驚き、またドキドキをお願いします。。。~

 主人公である女性弁護士が・・・切れ者弁護士のはずが、なんでこう隙だらけなの!!。

登場人物達で好感も持てる者達がいない、著者は一体、何を描きたかったのか?。(最終的にはギャングのボスが一番、好感度が上がったよ。。。そうじゃないでしょ。)

 昔と今で異なる女性視点で描かれるストーリー。その"繋がり"がタイトルに繋がる・・・と思って、頑張って読み進めた結果が、「これ・・・ですか。」。

 なんなんでしょう、正直、<その必要性>すら疑う内容の真実でした。

とある描写がキツイだけの、それ以外は特色のないサスペンス作品───残念な読書になりました。

 簡単なあらすじも書く気がおきない・・・。

(記:スッタコ小僧)

« 【ゲーム】『仙剣奇侠伝』[セガサターン]開始 | トップページ | 【映画】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ゲーム】『仙剣奇侠伝』[セガサターン]開始 | トップページ | 【映画】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を見た »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク