« 【映画】『大魔神逆襲』再見(?たぶん) | トップページ | 【書籍】『日本SF短編 50 Ⅱ 日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー』読破 »

2023年11月27日 (月)

【映画】『ライジング・ドラゴン』を見た

 ・・・確かに"ジャッキー・チェン"色が溢れた作品、特に笑いと挑戦、そして"やさしい"部分に感じられる───「ジャッキー・チェン」監督・主演で贈るアクション・コメディ作品です。

 ジャッキーの見せ場というか見せ方が終盤までは<少し地味だなぁ>、<チームとしての見せ場を気にしている>と感じられました。

見終わった後、記事を書こうと調べて「ジャッキー・チェン」自身が監督・脚本──という事で、「ああ、成程」と諸々納得しました。

 好みは分かれると思います、この"ノリ"(ずっと継続)が楽しめるか、もう少し悪役&シリアスを入れて欲しいと思うかどうか。

私は後者の方、楽しめましたが、今まで見たジャッキー映画と比較すると順位は下の方へとなるかな・・・と。

~~~~~

 ハンター・・・いや普通に盗人、チームでオークション会社の依頼の元、お宝を盗む「JC」&チームの面々。

清時代に略奪された文化遺産の十二支の首像を巡る、海・森林・空を駆ける争奪戦が幕を開く!!。

~~~~~

 オープニング、体にローラー(スケート?)をつけた逃走アクション、終盤にはスカイダイビングと"新たな試み/アクション"を色々と魅せてくれようとしている点は好感触、ただ織り込まれた"(独特の・・・ある意味コテコテか)笑い"と薄く織り交ざったストーリーが楽しめるかが各個人の評価分岐点です。

 私は若干、後述が"合わなかった"、また色々な試みの影響で<期待していた"いつもの"ジャッキーアクションが少なかった点が、私には残念でした。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『大魔神逆襲』再見(?たぶん) | トップページ | 【書籍】『日本SF短編 50 Ⅱ 日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『大魔神逆襲』再見(?たぶん) | トップページ | 【書籍】『日本SF短編 50 Ⅱ 日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー』読破 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

リンク