« 【書籍】『帝王死す』再読 | トップページ | 【書籍】『心霊探偵八雲 青の呪い』読破 »

2023年10月22日 (日)

【ゲーム】PS2、そしてNEOGEOへ。

 途中までプレイして未クリア放置──解消していこうと『未来少年コナン』[PS2]を再開です。

アニメムービーメインで、アクションはあるもミニゲームレベルだったとの記憶から、一気にクリアに持っていこう・・・と思ったのですが。

 あっ、放置した理由を再び理解です。

開発元さんから、あまりゲーム部分には期待していなかったのですが、流石に操作性というか視点および視点移動が悪すぎます。

 穴落ち一発ゲームオーバーであり、再開場所も"大戻り"なので、再開3~4回プレイで気力が尽きてしまいました。

 所々、挿入されるアニメは原作そのままなので、その点は嬉しい作品なのですが、《ゲームの楽しさ < ストレスが溜まる》が残念ながら成り立つ作品なので、お薦めはできません。

 PSもアーケードスティックを動かしておかないと──で、『キン肉マン マッスルグランプリMAX』[PS2]です。

パッケージの透明シート部分(プラスティック部分)の劣化が激しくなってきたので、野外向けの透明補修テープで補強しました。

 NEOGEOのパッケージにも言えるけど、後期の作品ほど劣化が激しいような・・・。陽当たりの関係、置いておいた場所が悪かったのかもしれませんが、KOF2002や月華2なんかが一番、影響を受けています。

 同じような場所に置いていた真サムや龍虎2のパッケージは全然、大丈夫なのになぁ。後期の作品は流石にそこまで保存や耐久性をパッケージに求めなかったのか、ROM値段は相変わらずだったけど。流石に数十年後もプレイするとは思いもしなかったのでしょう。

 さて、マッスルグランプリに話は戻りますが、アーケードモードで「ラーメンマン」と「ウォーズマン」、そしてストーリーモードでやっと「七人の悪魔超人編」をクリアしました。

 両モードに影響したキャラ出現条件があり、全キャラを出すだけでも、まだまだ時間はかかりそうです。

 漫画⇒アニメ原作を3Dポリゴン表現で、ゲーム化───PS2で「やっとここまで、十二分に満足できる表現を実施してくれた。」ではないでしょうか。

 3D表現にした時の面白さと新鮮味、そしてキャラゲーだと中々厳しいのですが、ゲームとしても及第点作品だと本当に元ネタを知っている人にとっては嬉しい、そしてプレイして楽しいです。

 特に今回は前述の出来であるコナン後のプレイだったので、改めて本作の良さを実感です。

 そう言えば『キン肉マン』は再びアニメ化のようですが、新章からのようですね。他のジャンプ系作品とは異なり、海外人気があるといったような事は聞かないので、もうゲーム化されることはないのかなぁ。

 次はNEOGEOです。『超鉄ブリキンガー』[NEOGEO・ROM]、シューティングゲームです。

EASYでルートも一番下、簡単なルートで何とかデフォルトコンティニュー数でクリアしました。。。

 スタッフロールが漢字表記、珍しい。諸々の点で作り込みというか丁寧さを感じる作品なので、"通常"はNEOGEO-CDのみだったのが残念というか不思議でなりません。

 『餓狼伝説スペシャル』[NEOGEO・ROM]、「ビリー」にてプレイです。NEOGEOプレイすると絶対、プレイしてしまいます。

「アンディ」のイタリアステージと「舞」の日本ステージ・・・水面の描き方、質感が異なる、最近、2Dドットゲームをプレイすると色々な表現というか"タッチ"に目が行くようになりました。

 相当なドット絵懐古厨なのかな、私。。。NEOGEO旧新シリーズ記事の為、画像を撮るようになって、各社さんや各作品ごとの"質の違う"というか異なる描き方も楽しめるというか、気になるようになってきました。

 やっぱり、NEOGEO大好きからは離れられないなぁ。

 『ベースボールスターズ2』[NEOGEO・ROM]、一回クリアしようと頑張っている作品、でもまだリーグ戦は続く──のようです。

野球は世界大会や国内だと優勝決定戦ぐらいしか見なくなったこの頃なので、実名が使われていない架空球団による野球ゲームの方が私には合っています。(まあ、第一作目は、選手データがとても面白いので、一度は全チームを見る事を推奨しますが。)

 『得点王』[NEOGEO・ROM]、4戦目で詰まっている状態のサッカーゲームです。

ドイツチームでプレイしています、うーん、点はとれるのですが、相手にそれ以上の得点を与えてしまう。

 『ダブルドラゴン』[NEOGEO・ROM]、「ビリー」でプレイ中です。詰まった時は「双龍転生」(変身)が役立つ事が多々あり。

変身後のみ利用可能な「双龍破」(二匹の龍の飛び道具)がCPUに良く効く場合があります。

 ただ、後半の「チェンフー」がキツイ、勝てません。。。

 『オーバートップ』[NEOGEO・ROM]、ADKさんのカーレース、いやいや色々な道路と天候、また得手不得手を持つ色々な車種を楽しむドライビングゲームです。

 走って、周りを楽しむ部分を味合わせてくれる、タイムアタック若干緩めの作品です。忙しくない分、本当に楽しませてくれます。

レシートを入れたままだった、2006年購入で5万円台か・・・この頃でも結構なプレミア作品だったんだなぁ。2003年のゲーム雑誌「ユーゲー」でNEOGEOカーレースNo.1に推してなかったら、購入に踏み切ったかどうか。でも、この頃にはROM、MVSに拘らず、好きな格闘ジャンル以外もNEOGEOは収集しよう、となっていた時期なので、結局は手を伸ばしたんだろうなぁ。

 『NAM-1975』[NEOGEO・ROM]、アクションシューティング作品です。期間が空くと途端に凡ミスをやらかしてばかり。

『SNK VS.CAPCOM SVC CHAOS』[NEOGEO・ROM]、久しぶりにドット絵の「春麗」を見たくてプレイです。

この衣装と各必殺技表現──色褪せません。

 『マジカルドロップⅢ』[NEOGEO・ROM]、パズルゲームです。『ぷよぷよ』シリーズをプレイしていた時は、自分で大連鎖の種を組めない──ように感じて、<いまいち>と思っていたシリーズです。

 でも、本作の真髄はそこにあらず・・・なんだろう、この忙しなさ、病みつきになるパズルゲームです。

うわぁ、「タワー」を抜けられず・・・。あとスゴロクモードを再開、各玉の説明を読んでおかないと、把握できていない。

 『メタルスラッグ』[NEOGEO・ROM]、アクションゲーム、プレイしたくなるよね。

 『ゴーストパイロット』[NEOGEO・ROM]、横画面・縦スクロールのシューティングゲームです。

つらい・・・弾幕だけならまだしも、突っ込んでくる敵機、しかも前と左右だけではなく、後ろからも。

 〇バッグNEOGEOの機能を使って、残機とパワーMAX状態を維持するも、こんなに長い作品なのか───一体、何千機を叩いたんだ。

(記:スッタコ小僧)

 

« 【書籍】『帝王死す』再読 | トップページ | 【書籍】『心霊探偵八雲 青の呪い』読破 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『帝王死す』再読 | トップページ | 【書籍】『心霊探偵八雲 青の呪い』読破 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク