« 【アニメ】『五等分の花嫁∞』を見た | トップページ | 【ゲーム】XBOX360、久しぶりだと面倒・・・ »

2023年10月14日 (土)

【書籍】『冷えきった街/緋の記憶 日本ハードボイルド全集4 仁木悦子』読破

 ここ最近、気になっている日本ハードボイルド全集───海外作品では触れてきたけど、このジャンル、日本作家さんの作品をあまり読んでおらず、新たな出逢いがあるので楽しんでいます。

 今回は、「仁木悦子」さん、お名前は聞いた事があるのですが、読んだ記憶がないなぁ。略歴を見ると推理小説の方がメイン?、江戸川乱歩賞も受賞している作家さんのようなのですが、なんでこの"ハードボイルド全集"まで出逢う事がなかったのだろう。

 収録されている作品は表題作の『冷えきった街』長編に短編5つです。

いずれも「桐影(とうえい)秘密探偵社」で働く探偵「三影潤」が主人公の作品でまとめられています。

 『冷えきった街』は、屋敷の見取り図と住居の見取り図が出て来るなど、「あれっ、ハードボイルド?」と思うトリック含みの内容となっております。

 まあ、登場人物達の苦悩、その結末から、まさにタイトルにあった【ハードボイルド > 推理物】と感じる作品ではありますが。

 短編は、最近はこの手の発言はNGのようですが、"女性らしい"視点を感じる内容が多かったです。やはり主人公は男性なのですが、なんだろう、やっぱり読んでいると、女性作家さん、と滲みでてくるような・・・。(事件の小道具や真相到達への肝など、ハッキリしたものから、読んで漠然と感じる部分など)

 上記が悪いと言っているのではありません、逆にその点が<ハードボイルド作品>として、独特の印象を残してくれました。

 収録されている作品は以下の通り。

・『冷えきった街』

・『色彩の夏』

・『しめっぽい季節』

・『美しの五月』

・『緋の記憶』

・『数列と人魚』

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『五等分の花嫁∞』を見た | トップページ | 【ゲーム】XBOX360、久しぶりだと面倒・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【アニメ】『五等分の花嫁∞』を見た | トップページ | 【ゲーム】XBOX360、久しぶりだと面倒・・・ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク