« 【ゲーム】ネオジオCDについて | トップページ | 【ゲーム】NEOGEO・旧-><-新<第56回> »

2023年9月16日 (土)

【ゲーム】NEOGEO・旧-><-新<第55回>

 韓国と言ったら(言って思い起こすのは)──もちろん、韓国ビッコム(VICCOM)社の格闘ゲーム『ファイトフィーバー』[MVS・1994.6.28・-Mbit]です。(まあ、私だけでしょうが。)

 私の大好きなハード、加えて一番好きなゲームジャンルの作品なので、必然です。

 本MVSソフトとの出逢いと再会の経緯も影響しています。

 まだコンバーター(MVSを家庭用NEOGEOでプレイ可能)という物を知らず、秋葉原のお店での『ファイトフィーバー』との出逢い・・・もちろん、プレイできないので見ただけで終わる。(NEOGEO作品らしいけど、こんな作品あるんだ。)

その後、Phantom-1やCONVERTORⅡを手に入れて、NEOGEOの格闘ゲームジャンルを揃え始めるも、最後の最後に『ファイトフィーバー』だけ残る・・・欲しい時に出逢えない、昔に見たのは"幻"だったのか。

 そしてやっと再会、手に入れてプレイ・・・まあ、評判は知ってましたけどね、その操作性とグラフィックに衝撃を受ける──。(写真はEASYでプレイ。。。格闘ゲームは基本、難易度を変更してプレイする事はないのですが、本作はそれでも、一回戦突破が困難なので。だって、技が出ん出んデデン。)

Img_3681

Img_3696

 私の中で【韓国=ファイトフィーバー】の《等式》が刻み込まれた瞬間です。(OPのBGMと画像、闘い前の選手コール「ハン・ベータル」・・・♪♪がリフレイン、リフレイン)

その後、地デジ移行で家電量販店の店員さんお薦めで購入した"初"液晶テレビの録画仕様の不満と1~2か月に1回は録画失敗する事象から、かの国製の印象が決定的なものになってしまいました(私の中での)。。。本当に"原"体験と"初"体験時の影響は大きいなぁ。

 上記の印象を覆すモノが出てきてくれないか。。。うーん、ゲームはXBOXの『青い涙』があるけど、アドベンチャーだし。(前述の通りハード愛とジャンルから、まず無理だろう。)

 えーと映画は・・・昔、北の潜入した工作員との──作品(アクション・サスペンス)の記憶はあるけど、一番好きなジャンルはSFというか、特撮なんですよ。

なので、まだ見ていない『パラサイト 半地下の家族』でも上書きするのは厳しいだろうなぁ。

 小説は・・・推理小説が大好きなのですが、日本のみならず、海外作品もここ最近は、"本格"系は既に"応用"&"組み合わせ"段階なので。。。バイオレンスに振れている作品もありますが、"驚き"は少ないです。

 ドラマや音楽は、日本のも含めてほぼ見ていない、聴いていないので最近の曲が分からない──状態。(なので、本媒体・ジャンルで前述《等式》は揺るがないだろう。)

 【韓国=ファイトフィーバー】《等式》をずっと"私は"引きずりそうです。

まあ、ミニや配信で入れられる作品では無さそうなので、広がりは限定的だと思いますが。(幸い?)

 インストに「テコンドーで燃え上がれ!」とありますが、うーん、どの技が。。。

-------

  確かファミ通で記事を見たのかな、あれっ、この前「3」を出したばかりだった記憶がもう新作!?、『リアルバウト餓狼伝説』[1996.1.26・346Mbit]です、「さらば、ギース。」の声が響く・・・。

 爽快感溢れるコンビネーションアタック、"バリバリ"とHIT数がカウントアップ(体力ゲージが2本で安心)、凝ったリングアウト演出、そしてテリー&アンディーでの「ギース」との──操作していて、プレイしていて本当に楽しい、シリーズ傑作の一つです。

Img_3787

Img_3814

 うわっ、あとちょっとだったのに。。。

当初、強パンチ、強キックボタンが無くなった事に違和感というか、えっー通常技パターンが削られているの!?とネガティブなイメージでしたが、プレイして見ると「英断」──(私はそんなに餓狼3にマイナス面の印象はそこまで無いのですが)シリーズ起死回生の一作です。

(記:スッタコ小僧)

« 【ゲーム】ネオジオCDについて | トップページ | 【ゲーム】NEOGEO・旧-><-新<第56回> »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ゲーム】ネオジオCDについて | トップページ | 【ゲーム】NEOGEO・旧-><-新<第56回> »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク