« 【書籍】『昔には帰れない』読破 | トップページ | 【ゲーム】SS『ドラゴンマスターシルク』、ラストスパート前? »

2023年9月 3日 (日)

【ゲーム】NEOGEO・旧-><-新<第43回>

 100メガショック作品ではあるけど・・・"プロレス"ゲーム『ファイヤー・スープレックス』[ROM・1993.4.23・106Mbit]です。

ジャンプがCボタンである事から、ちょっと(当時の)格闘ゲームとは操作が異なり、動きも"カクカク"して【重い】・・・格闘ゲームを期待した身には、最初のプレイでは悪印象しか残しませんでした、組み合った時の"技かけ"連打もキツイし。

Img_2710

Img_2714

 でも、そんな悪印象を変えてくれたのが・・・【連射機能付きアーケードスティック】です。(えっ。。。)

だって、仕方無いですよ、技を自分がかけられずCPUにやられてばかりは、本当にストレスが溜まるので。

上記も本作プレイの一役を担ったのですが、もう一つが月刊ゲーメスト7月号増刊(平成5年)『最新格闘ゲーム 必殺荒ワザ増刊』さんです。

【全キャラの技(間合いあり・寝技・反動利用技・ポスト技・背後技・組み技・ダッシュ技・場外技)が技名入りで掲載】されています。

 やはりプロレス、技名を知りたいですよね。(有名処3Dポリゴン作品のプロレスゲームは技名表示が出るし、本当のプロレス好きは表示されなくても、把握しているのでしょう。私は時々、見ていた/見ているレベルなので。ちなみに画像は「ロイ・ウィルソン」の「ワンハンド・ボストンクラブ」です。)

 格闘ゲームではなく、プロレスゲームとして見始めると──登場演出や"カクカク"の一つ一つの行動/技も、”いい感じ"に見えてくる!?。

------

 サッカーゲーム『得点王 炎のリベロ』[MVS・1996.10.16・-]、ナンバリングはありませんが、シリーズ第四弾です。

~なんで、後発の『ネオジオカップ'98~』は、本作ではなく3をベースにしたのだろう。~

 選手が大きく迫力があり、また画面の視点切り替えが"映える"作品となっています。

残念ながらコンバーター(Phantom-1)と相性の悪い数少ないMVSの一作であり、フィールドに縞々発生、本来のグラフィックが楽しめない・・・OPやゴール時などの大丈夫なのですが。

Img_2764

 Img_2778

 ゲージのシステムも面白いと思います、今回のプレイで「ゲージ満タンで強力シュート、キーパーがキャッチできずに弾き、こぼれ球をシュート」「"物凄い"シュートアシスト」(曖昧ですいません)など、+1の面白さに繋がっていると感じました。

(記:スッタコ小僧)

 

« 【書籍】『昔には帰れない』読破 | トップページ | 【ゲーム】SS『ドラゴンマスターシルク』、ラストスパート前? »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『昔には帰れない』読破 | トップページ | 【ゲーム】SS『ドラゴンマスターシルク』、ラストスパート前? »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク