« 【書籍】『キュレーターの殺人』読破 | トップページ | 【映画】『ダーティハリー5』再見 »

2023年8月 4日 (金)

【ゲーム・書籍】『セガ3D復刻アーカイブス MANIAX』読破

 攻略本とは違う、こんな本が発行されているとは。

特段、3DSで欲しいと思ったソフトが存在せず、でも立体視は楽しみたいので、手を出したい。

そんな中、出逢った『セガ3D復刻アーカイブス 1・2・3トリプルパック』[3DS]は、まさに渡りに船でした。

アーケード稼働実績や過去作であることから、それなりに実績もある作品だし、確かに3Dだと見映えが良さそうな作品が多い・・・また、昔の2D作品を3D化したら、「どうなろうのだろう。迫力は増すのかな、面白さは?。ただ目が疲れるだけ?」との興味も重なり、珍しく発売当時、新品で手に入れた作品です。

 購入した時、パッチ適用なども発生する事があるので、三本一通り、気になった作品を少しプレイしました。

正直言うと、その時は「まあ、旧作、2D作品の立体視化、成程ね。」───正直、言うとそんなに感銘は受けなかったかな。

~すいません、やり込みが足りなかったです。~

 まさか大型筐体で稼働していた時の雰囲気、また再現だけでなく、更に面白くする為の改善、色々な工夫がこんなに詰まっている作品とは・・・・・・。

 TVゲームデビューが遅かったので、"形の残らないモノ"に中々、お金を費やす事が出来なかった私。

なので、ゲーセンでのプレイは本当、眺めているだけだったなぁ。その後、バイト等でお金が稼げ、ゲームに嵌った時は、ゲーセンと言うより、近所のレンタルビデオ屋に設置されていた格ゲー筐体でCPU戦を嗜むぐらいだったし。。。

 家庭用ゲーム機はSFCからNEOGEOへだったので、セガ製ゲームには正直、そんなに思い入れがありません。

PS2『スペースハリアーⅡ』で赤青メガネでの立体視も経験していたので、本アーカイブスで最初にプレイした『スペースハリアー』立体視も、そこまで「おおっ」とならなかったのでしょう。

 本書籍を読んで、当時の"熱さ"と本作への開発者さん達の"情熱"&"灼熱"を知り、大型筐体、プレイしておけば良かったとの後悔が募るばかり。。。

 ソフトの環境音や筐体動作を意識したオプション設定を利用して、少しでも当時の熱気を、今後のプレイにより感じたいと思います。

 さて、久しぶりにゲームパッケージ回を実施しておきます。

~~ゲームパッケージについて【第37回】~~
機種:3DS
タイトル:セガ3D復刻アーカイブス 1・2・3 トリプルパック
その他:─
《背面》
まとめて遊べる(得)パック!
3Dで甦る、29本の名作たち!
AC スペースハリアー
AC アウトラン
AC ターボアウトラン
AC パワードリフト
AC ぷよぷよ通
AC エイリアンシンドローム
AC サンダーブレード
AC アフターバーナーⅡ
AC ファンタジーゾーン
リメイク ファンタジーゾーンⅡ ダブル
AC ギャラクシーフォースⅡ
MD 獣王記
AC スーパーハングオン
MD ソニック・ザ・ヘッジホッグ
MD ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
MD ベア・ナックル
MD ベア・ナックルⅡ
MD エコー・ザ・ドルフィン
MD コラムス
MD ザ・スーパー忍Ⅱ
MD ガンスターヒーローズ
MD サンダーフォースⅢ

あっと驚く追加要素も・・・・・・すみからすみまで遊び尽くそう!
おまけ収録:セガ・マークⅢ版「アウトラン3D」「スペースハリアー3D」「メイズウォーカー」「ファンタジーゾーンⅡ」

さらに!「アーカイブス1」のセーブデータがあれば「アーカイブス2」でマークⅢ版「ファンタジーゾーン」が、「アーカイブス1」と「アーカイブス2」のセーブデータがあれば「アーカイブス3」でSG-1000版「ガールズガーデン」「チャンピオンボクシング」が遊べるようになります。
つまり、トリプルパックならまとめて遊べる!!

この商品は、個別に販売されている「セガ3D復刻アーカイブス「セガ3D復刻アーカイブス2」「セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE」の3本のパッケージをパックにしたものです。
各ソフトのパッケージおよびゲーム内容は個別販売されているものと同一です。
============
 表は、各ソフトで書き下ろされたイラスト抜粋です。
裏面は収録作品の名前と各画面、本数が多いので小さい画面での掲載となっています。
流石に小さ過ぎて、正直、元作品を知らないと???です。
パッケージとしては面白みがないですよね。まあ、記載しているのは3ソフトを収めた紙製の箱パッケージの内容であり、各ソフト自体にはもう少し大きい画面写真が貼り付けてあるので。

ただ、3DSは元々背面の三分の一、下には「■バラエティ ■1人用 ■セーブデータ数 1」などの説明で埋められてしまっているパッケージ構成です。
パックでなくても、もともと情報量が詰められないですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『キュレーターの殺人』読破 | トップページ | 【映画】『ダーティハリー5』再見 »

ゲーム」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『キュレーターの殺人』読破 | トップページ | 【映画】『ダーティハリー5』再見 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク