« 【ゲーム】ネオジオポケット少し、そしてPS2で徹夜久しぶり・・・ | トップページ | 【映画】『拳精』再見 »

2023年8月12日 (土)

【書籍】『奇貨居くべし(三)黄河篇』読破

 「宮城谷昌光」著、まだ商人になる前、戦乱の中で色々な出来事に巻き込まれ、その中でも目的の為に進んでいく・・・「呂不韋(りょふい)」青年、転換点──歴史小説です。

~今までの経験、学びがどう活かされるのか、続巻が待ち遠しくて堪らない。~

 のっけから、本第三巻の感想で無くて申し訳ありません。

けっして、本巻が「ただの繋ぎ」で、中途ダレ(疲れ)している・・・といった内容ではありません。

 本作でも、各国の陰謀、思惑に振り回されて、窮地に陥り、激動の旅路と落ち着き、そしてまたまた色々な出逢いがありました。

あと後半2巻、今までの出逢い・再開、または別れたままの人達が、どのような状態になるのか、どう進んでいくのか、楽しみです。

 この手の作品は、全巻読み終わった後、一気に記載した方が良いのかな。。。

記事タイトルの"読破"も、正直、使い方が適切ではないのだけど──最初にやらかしてしまったので、使い続けている状態なので。

 最後に前作までの感想へのリンクです。

奇貨居くべし(一)春風篇
奇貨居くべし(二)火雲篇

(記:スッタコ小僧)

« 【ゲーム】ネオジオポケット少し、そしてPS2で徹夜久しぶり・・・ | トップページ | 【映画】『拳精』再見 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ゲーム】ネオジオポケット少し、そしてPS2で徹夜久しぶり・・・ | トップページ | 【映画】『拳精』再見 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

リンク