« 【映画】『フリー・ガイ』を見た | トップページ | 【ゲーム・書籍】『セガ3D復刻アーカイブス MANIAX』読破 »

2023年8月 4日 (金)

【書籍】『キュレーターの殺人』読破

 「M・W・クレイヴン」著、「国家犯罪対策庁の重大犯罪分析課(NCA SCS)」の行動&推理力「ワシントン・ポー」部長刑事、友人(変人?)でコンピュータのエキスパート「ティリー・ブラッドショー」分析官──連続殺人犯を追いかける警察小説です。

~怒涛の展開、犯罪が・・・というより、謎->推理->追跡×Nのループ、ループで退屈させません。~

 ただ、終盤は「ああ、この展開か。成程、犯人は・・・」と、他の先達と比較すると「ちょっと見劣りが・・・"どんでん返し"が弱いなぁ」と思っていたのですが、こう来たか!!。

 最近の文庫本は文字が大きく、余白も多いので600頁といってもね、でも読み終えるには結構かかるかな──と思っていたら、1日半で読み終わってしまった、「だって、切りが良い所が見つからない、そりゃ読んでしまうよ。」。

~~~

 生前と死後に切り離された指を残した事件が三件・・・。被害者と現場、そして現場に残された僅かな痕跡より、犯人の行動と手掛かりを追う。

やがて突き当たったのは・・・。

~~~

 途中、"これ系"の犯罪か、真相か・・・うーん、モヤモヤ状態で終わるのか、続くとなってしまうのか、本筋とは離れた点でドキドキする部分もありましたが、常に緊迫感が続く作品でした。

 本作はシリーズ第三弾か。。。。これは、一、二作目、読まなければ!!。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『フリー・ガイ』を見た | トップページ | 【ゲーム・書籍】『セガ3D復刻アーカイブス MANIAX』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『フリー・ガイ』を見た | トップページ | 【ゲーム・書籍】『セガ3D復刻アーカイブス MANIAX』読破 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

リンク