« 【書籍】『靴に棲む老婆』読破 | トップページ | 【書籍】『クリスマス・プディングの冒険』再読 »

2023年7月29日 (土)

【ゲーム】久しぶりにPSone

 うーん、出し易い場所に置いてあるのにプレイ率が低い・・・まあ、専用の小さい液晶モニタでプレイする点が、意欲をそそらないのか。

でも、このサイズはこのサイズで"いい具合"なんだけどなぁ。

 『黒ノ十三』は、監修が推理小説作家、ホラー小説も"流石”の「綾辻行人」さんです。

ホラーノベルアドベンチャーなのですが、トンキンハウスさん、システムの作り込みが甘すぎる・・・。

 同開発会社さんは、スーパーファミコン(SFC)の『イースⅢ』での出逢いかな。

SFCから初めてゲーム本体を購入しただけに、その頃は「とにかく色々プレイしたい。」だったなぁ。なので、ついつい確か千円を切っていた『イースⅢ』に手を出してしまったと・・・。

そして、安いには安いだけの理由がある事を思い知った作品の一つだったかな。また、イースシリーズ初がその作品だっただけに、あれっ、聞いていたシリーズの風聞と違う、、、でガックリした。まあ、Ⅲはシステムから大幅に変更されているのを知らなくてね。

 さて、本作の話に戻ります、ここ最近、暑いので、少し「冷っ」としたかったのですが、今回、読んだ作品である「節制」・・・えっ、コメディですか。

 背筋がゾクゾク~とは、かけ離れた作品過ぎて、逆に啞然として暑さを少し忘れさせてくれましたよ・・・というのは言い過ぎで、冷房かかった部屋でゲームプレイしているので。

 次は大分、期間を空けすぎていて終盤のDISC4にも関わらず、プレイしたら、「あれっ、どこに行くんだっけ」状態。『ファイナルファンタジーⅨ』。

記憶の片隅には少しアビリティや仲間のレベル合わせで、周辺で戦闘しよう──だったのですが、一気に終わらすか、で"突入"!!。攻略サイト助かりました、どこへ行けば良いのか思い出しました。

・・・でも、神竜に大分、苦戦、アイテム"からっけつ"になった事から、「あっ、やっぱり少し仲間レベル合わせと各キャラの攻撃&特性思い出ししておかなければ」、で次回は同セーブポイントから再開するつもりです。

 はあ、駄目だなぁ、期間を空けてストーリー忘れ気味だと、感動大幅減なので。。。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『靴に棲む老婆』読破 | トップページ | 【書籍】『クリスマス・プディングの冒険』再読 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『靴に棲む老婆』読破 | トップページ | 【書籍】『クリスマス・プディングの冒険』再読 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク