« 【書籍】『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』読破 | トップページ | 【アニメ】『異世界おじさん』を見た »

2023年3月11日 (土)

【書籍】『教会で死んだ男』再読

 「アガサ・クリスティー」著、ポアロ物11、ホラー1、ミス・マープル物1を収録した短編作品集です。

文量は少ない(そう感じている、感じさせているだけ!?)のに読み応えはバッチリ、と言っても"重い"わけではなく、スラスラっとでも推理/ミステリーの楽しさは十二分に楽しませてくれる、相も変わらず「流石」としか言いようがありません。

 どの作品もテレビシリーズでも見ているはずで、真相も分かっているにも関わらず、また再読でも面白いと感じるなんて・・・やっぱ、凄いよ。

収録されている作品は以下の通りなのですが、なんでタイトルをミス・マープル物の作品にしたんだろう。

正直、他の収録作と比較すると私的には見劣りする作品であり、ポアロ物の作品から取った方が良かった気が。

まあ、『スズメ蜂の巣』なんかが、タイトルに採用するとしたら合っていたかな。

・戦勝記念舞踏会事件

   映像化で見た方が良い作品です。うーん、扱われている仮装に不慣れな日本人向けに絵があったらなぁ。

・潜水艦の設計図

 ・クラブのキング

 ・マーケット・ベイジングの怪事件

・二重の手がかり

・呪われた相続人

・コーンウォールの毒殺事件

・プリマス行き急行列車

・料理人の失踪

・二重の罪

・スズメ蜂の巣

 長編化?基となった作品もあり、また数々の推理小説作品に触れてきた読者にとっては、直ぐに真相到達や驚きは少ないかもですが、クリスティー作品の肝はその点ではないので。

・洋裁店の人形

 突然、周りの人達に意識され始めた人形。いつからあったんだっけ。あれれ、移動している!?の怪異譚ですが、まあ、怖くはないかな。

・教会で死んだ男

 ちょっと「ミス・マープル」の無駄遣いというか、かの探偵の特色は、あまり活かされていない内容かと。

 本当に何で本作が表題作に・・・。

さて、最後に著者作品一覧(そして感想)へのリンクを。

『アガサ・クリスティー百科事典』 

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』読破 | トップページ | 【アニメ】『異世界おじさん』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』読破 | トップページ | 【アニメ】『異世界おじさん』を見た »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

リンク