« 【ゲーム】現時点のゲームソフト所持本数を記録(プレイステーション2編) | トップページ | 【ゲーム】現時点のゲームソフト所持本数を記録(ドリームキャスト編) »

2023年3月 5日 (日)

【書籍】『黄金の羅針盤』読破

 「フィリップ・プルマン」著、「ライラの冒険」三部作の第一作目、"児童向け"・・・いや違うかな、ファンタジーです。

~映画化された作品が、大"スベリ"/"ズッコケ"した事に興味が沸き、読んでみました。~

 何やら不純な目的&興味から手に取ってみた作品です。

まあ、実写化は駄目だったけど原作はGood!!という作品は多数あるので、大いに期待して読み進めたのですが・・・。

~うーん、映画コケるの分かるなぁ。~

 映像化して面白い点が少ないんだよなぁ。まあ、設定というか、本"世界"の肝に関わる部分ですが、ファンタジー&ファンタジーしていないのですよ。

 人には"ダイモン"と呼ばれる守護精霊がついてますが、見た目はただの生物。まあ、子供時代は姿が固定せず、色々な生物に変身できますが、"ファンタジー"独自、姿から奇抜な登場者がいない。。。

 空飛ぶ魔女や喋って鎧を着た戦士の熊などおりますが、なんだろうなぁ、動いている姿が容易に想像できるものを捻りもなく映像化されてもつまらないだろうなぁ、と。

 原作は、主人公の少女「ライラ」を含めた(当時は?)意外な性格というか"やんちゃ"ぶりが受けたのかなぁ。

残念ながら、三部作、全部読み続けることは無さそうです。

(記:スッタコ小僧)

« 【ゲーム】現時点のゲームソフト所持本数を記録(プレイステーション2編) | トップページ | 【ゲーム】現時点のゲームソフト所持本数を記録(ドリームキャスト編) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ゲーム】現時点のゲームソフト所持本数を記録(プレイステーション2編) | トップページ | 【ゲーム】現時点のゲームソフト所持本数を記録(ドリームキャスト編) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク