« 【ゲーム】久しぶりPSP、そしてSSへ。本当に久しぶり1本クリア追加。 | トップページ | 【アニメ】『氷属性男子とクールな同僚女子』『大雪海のカイナ』を見た »

2023年3月24日 (金)

【書籍】『だれも猫には気づかない』読破

 「アン・マキャフリー」著、猫ファンタジー!?いやいやただの中世物語、中編作です。

『パーンの竜騎士』シリーズは残念ながら、第一巻目で挫折した記憶があります。うーん、内容を憶えていない。

もしかしたらSF&ファンタジーのミックスだったのかも。推理小説メインで他ジャンルの読書歴が浅い段階の時、どちらかというとSF・ファンタジーと"くっきり"区別の出来る作品しか受け入れる事が苦手だった時期もあったと思うので、前述のミックスだったら、それが原因。

 まあ、いずれ機会があったらシリーズに手を出したいと思います。

さて、本作の感想ですが、記載したように著者のシリーズには挫折したけど、良く聞いていた著者名だったので、軽く一作品を読んでみたくて手を出しました。

 うーん、SFじゃないっぽいけど、まあファンタジーなら良いか。どんな世界を描いたのだろう、"あらすじ"からすると有能な摂政だった故人の飼い猫が・・・えっ、もしかして猫が喋るのか、"猫人"展開か!?と思ったら・・・えっ、「ファンタジー、薄っ!!」。

~まあ、最初に著者が「この本を孫娘に捧ぐ」と記載している点、文字デカッ、頁数少な、から、んんっ!?と不穏だったのですが。~

分かり易い内容と展開、ストーリー自体は"王道"というか中世のロマンス・謀略、そこに活躍する猫というスパイスを少し加えた作品。

 著者の狙い&目的通りの物語だったのでしょう、ただ、私には著者の特色に触れる為に一作品を──が目的だったので、こうも"味"が無い作品だと拍子抜けでした。。。

(記:スッタコ小僧)

« 【ゲーム】久しぶりPSP、そしてSSへ。本当に久しぶり1本クリア追加。 | トップページ | 【アニメ】『氷属性男子とクールな同僚女子』『大雪海のカイナ』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ゲーム】久しぶりPSP、そしてSSへ。本当に久しぶり1本クリア追加。 | トップページ | 【アニメ】『氷属性男子とクールな同僚女子』『大雪海のカイナ』を見た »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク