« 【書籍】『蒼海館の殺人』読破 | トップページ | 【ゲーム】現時点のゲームソフト所持本数を記録(NEOGEO編) »

2023年2月11日 (土)

【書籍】『探偵が腕貫を外すとき 腕貫探偵、巡回中』読破

 「西澤保彦」著、市民の悩みを相談する神出鬼没の公務員、通称「腕貫さん」「だーりん」(親しい女性より)が活躍する連作ミステリです。

なんとなく登場人物に記憶があり、シリーズ読んだ事あると思うのですが、ブログ内に見つからず。また、記事更新が滞っていた時に読んだ作品だったのかな。

~期待通りの安楽椅子探偵っぷり、練られたミステリを複数味わう事ができました。~

最初の作品は、別シリーズで超能力を絡めたミステリを扱う著者らしいと感じた作品。

『贖いの顔』:

 毎年4月4日午後4時、4階の住居に配達に行くと・・・人死に関わる事態が起こる事から、仕事を辞めようかと悩む兄、告げられた弟。

 そこに突然、隣の座っていた女性から声が。

著者らしいと感じましたが、解説を読むと本シリーズでは"怪奇"的なノリはイレギュラーだったようです。

以降の作品は、堅実というか実直、「腕貫さん」の登場だけ都市伝説っぽいですが。

『秘密』:

 犯人ではないのに自首した男の葬儀に参加した真犯人。何故・・・その秘密がやっと明らかになる!?。

『セカンド・プラン』:

 かつての事件、被害者の癖、それが追ってきて、現在の事件へ。

『どこまでも停められて』:

 毎週月曜日、勝ってに契約駐車場へ車が止められてしまう男性。

 しかも車の車種は、毎回異なる・・・一体、誰がどんな目的で。

『いきちがい』:

 幼稚園の同窓会、掘り出されたタイムカプセル、そして参加者の"色々な"行き違いが殺人を生む。。。

~~~

 ここ最近、少しイレギュラー系の作品を読んでいた影響でしょうか、なんか"ホッ"としました。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『蒼海館の殺人』読破 | トップページ | 【ゲーム】現時点のゲームソフト所持本数を記録(NEOGEO編) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『蒼海館の殺人』読破 | トップページ | 【ゲーム】現時点のゲームソフト所持本数を記録(NEOGEO編) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク