« 【書籍】『Zの悲劇』再読 | トップページ | 【ゲーム】NEOGEO、セガサターン、そして本当に久しぶりドリームキャスト »

2023年2月18日 (土)

【アニメ・コミック】『陰の実力者になりたくて!』を見た、読んだ

 「逢沢大介」原作小説、漫画化は「坂野杏梨」、そしてアニメ化の"勘違い"ファンタジーアクション、コメディでしょうか。

アニメ放送途中にコミック版を購入してしまった。。。

 通常はアニメを見てストーリーは面白いんだけど、作画が──の感想を持った時、コミック版を見ると絵が良くて「ついコミックの方で」読んでしまう事が、異世界転生モノのアニメで多かったです。(古くは『魔王様、リトライ』など)

~ところが本作は違う、アニメの作画は素晴らしくて、どうしてもどうしても続きが知りたくてコミックで読んでしまった。~

 学園襲撃エピソードの時に次の一週間が待ちきれず、そして続きも続きも・・・で、発売中全巻、一気読みしてしまいましたよ。

コミック版は正直、アニメの絵・絵柄と比べると「んっ!?」となり、当初は購入を躊躇いました。

でも、読み進めるとコミック版はコミック版で"勘違いコメディ"部分にマッチした絵柄と演出で、これまた楽しめるのですよね。

 勘違いコメディは本当、面白い。(主人公が好きになれないけど『カメレオン』、また全くバイクに興味がなかったけど『特効の拓』、好きだったなぁ。)

 アニメ版は本当に毎週、楽しみでした。ただ終盤、コメディ部分の描き方がシリアス描写に食われて・・・の印象が残りましたが。

本当、アニメって難しいですよね。

原作モノは多数の作品がある中で、選ばれたモノなのですから、絶対に面白いはず。

それがアニメ化にあたり、こうも結果が分かれる事が多々あるとはね。。。

 その作品にも成功して欲しいけど、こうも力量の差が出て来るものなのか。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『Zの悲劇』再読 | トップページ | 【ゲーム】NEOGEO、セガサターン、そして本当に久しぶりドリームキャスト »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『Zの悲劇』再読 | トップページ | 【ゲーム】NEOGEO、セガサターン、そして本当に久しぶりドリームキャスト »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク