« 【書籍】『時計館の殺人』再読 | トップページ | 【書籍】『女を脅した男』読破 »

2023年2月26日 (日)

【ゲーム】現時点のゲームソフト所持本数を記録(プレイステーション編)

 初代プレイステーション(PS)を購入したタイミング、切っ掛けは何だったかな。

コンビニ販売など色々な驚きをもたらした『ファイナルファンタジーⅦ』が契機ではない事は確かなはず。

スーパーファミコンでⅤとⅥをプレイしていたけど、RPG初はロマサガ、その後メガテンでハード購入を牽引するほど、私の中では地位は確立してなかったので。

 当時の好きなジャンルから考えると『鉄拳2』が要因だろうか。アーケードからそのまま、いや二作目は逆?のクオリティとの売り文句だったら、文句なく引っ掛かっていたはず。(アーケードそのままに・・・でNEOGEO大好きっ子だったので。)

『鉄拳2』における最後のステージ演出、エンディング、今でも憶えている、その作り込みの丁寧さ・・・圧巻。

上記じゃないとしたら、初代『バイオハザード』かな、多分、初期版(某エンディング演出に記憶有り。)があるので。

 いずれにしてもプレイステーション2発売前、まだ次世代現役時代、ただ、セガサターン購入とは大分遅れて手に入れた記憶があります。

うーん、レースゲームである『リッジレーサー』の映像・表現にも相当、インパクトを受けた記憶がある。。。レースゲーム目的でハードに手を伸ばす事はないとは、当時の私には無かったと思うのですが。

ゲーム販売店などで、新しいポリゴン、3D表現に魅せられ、少し触れたくて購入したのかも。

さて、所持本数の話に戻ります。

※※現在の所持本数は、215本です。※※

 収集始めたのは遅いですが、本当に目的が収集──となっているハードではないでしょうか。一覧はこちら

ローカルメモを見ると「全般的にロードの長さにうんざり」の記述があり、当時はロードを含めて結構"頑張っていた"作品以外は、あまり触れていなかったようです。

 収集契機となった作品は何だったんだろうか、演出がネット動画で目を引いた『封神領域エルツヴァーユ』が始まりだったかもしれません。

その後はセガサターンと同じく『ユーゲー⇒ゲームサイド』の影響で、有名どころ以外も記事で見かけた作品を収集していったのかも。

本ハードの収集は、上記雑誌の影響が本当に色濃いかな。

 初代PSはその映像や試みから(ロード時間も含めてですが)【まだまだ発展途上】──との印象が深くて。(現在の最新ハードのグラフィック表現進化を見る限りも明らかですが。本当、"グラフィック"に留めるなら、まだまだ進化するのだろうなぁ。一体いつが"極み"、完全版となるのだろうか。リメイク?、3D表現だと現時点が"最高"・"最適"なのか判断がつかないよ。。。まだまだ進化できる!!と思ってしまうのは、思い込みなのだろうか。)

 さて話は戻りますが、『ゲームサイド』の2006年8月号、「プレイステーション10年史」特集にはお世話になりました。

色々以外なジャンルも紹介してくれる「プレイステンレス」コーナーにも影響を多大に受けました。

当時、1万越えのアクションゲーム『快速天使』には、前述の特集における記事がなければ、絶対に手を出さなかったでしょう。

まあ、それでもディスク媒体のゲームに出す値段は1万台が限度だったようですが。

 初代PS、その表現も含め、ジャンルからも色々と冒険のあったハードかと思います。

ソフトのバリエーションも豊か。PS2も色々ありましたが、当時の開発者達は本当に色々な物を試したんだなぁ、と感心です。

PSoneでのプレイ基本で、他のハードより開始準備し易いはずなのですが・・・ここのところ、中々進められていない。

ジャンルを含め、"未知"の体験を提供してくれるだろうハードとして、今後も楽しみたいところです、まだまだプレイしていない作品が多数あるし。

(記:スッタコ小僧)

 

 

« 【書籍】『時計館の殺人』再読 | トップページ | 【書籍】『女を脅した男』読破 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『時計館の殺人』再読 | トップページ | 【書籍】『女を脅した男』読破 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク