« 【テレビ】『ゴッドタンSP 芸人マジ歌選手権』を見た | トップページ | 【書籍】『探偵が腕貫を外すとき 腕貫探偵、巡回中』読破 »

2023年2月11日 (土)

【書籍】『蒼海館の殺人』読破

 「阿津川辰海」著、高校生探偵「葛城」&助手「田所」が活躍する"本格"推理小説、シリーズ第二弾でしょうか。

著者の作品は初めて、タイトルとパッと開いた所の館までの地図、館の見取り図、家系図──「くぅー、そそるぜ。」

上記より、かなり期待を膨らませて読み始めたのですが・・・

~"本格"を拗らせてしまった作品かな。~

 やろうとしている事は分かります。

また、扱っている内容、いや雰囲気、概念??から、著者の推理小説好きも十二分に伝わってきます。

 でも、残念ながらそれが本格推理、本格ミステリとしての面白さに直結していないというか、なんだろう、この"もどかしい"感じは。

読後「成程ね。。。」の感想ぐらいしか浮かばないとは、結構、色々な事を詰め込んである作品なのに。

 本作の感想とずれますが、改めて、古典、昔から読み続けられている本格推理小説群の凄さ、偉大さを実感できました。

(記:スッタコ小僧)

« 【テレビ】『ゴッドタンSP 芸人マジ歌選手権』を見た | トップページ | 【書籍】『探偵が腕貫を外すとき 腕貫探偵、巡回中』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【テレビ】『ゴッドタンSP 芸人マジ歌選手権』を見た | トップページ | 【書籍】『探偵が腕貫を外すとき 腕貫探偵、巡回中』読破 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク