« 【書籍】『まだ見ぬ敵はそこにいる ロンドン警視庁麻薬取締独立捜査班』読破 | トップページ | 【ゲーム】SS、PS、NEOGEOポケットにDCと »

2023年1月21日 (土)

【書籍】『運命 二人の皇帝』再読

 スペース・オペラでお馴染み「田中芳樹」さんが、明王朝における「靖難の役」(せいなんのえき)を描いた歴史/戦記?の著「幸田露伴」名作を子供向けにリライトした作品です。

~子供向けとは知らなかったな。道理で分かり易く、説明も豊富で分かり易かったわけだ。~

 しかも、ブログを見返すと本作、初読かと思ったら再読・・・まあ、十年も前だし、流石に忘れているか。。。推理小説も特定の作家さん以外、読んだ事を忘れている事もあるし。

 で、過去の感想を読むと今回と同じ事を感じている・・・成長していないのか、再読でも変わらない楽しさを提供してくれている事を褒めるべきなのか。

 本作の感想は、過去記事を見れば分かるので、著者について。

確か『アルスラーン戦記』の最終巻後、あまり著者の作品に触れていないような。。。個人的に終盤とあの終わり方には、納得できず。

その前は、『タイタニア』を前半から期間を空けて後半、最終巻まで読んだのかな(デカい一冊になっていたかと)・・・これも、終盤の展開に納得できず。

 うーん、シリーズ完結、終わりを迎えてくれるのは良いのですが・・・。読みたいシリーズの新刊も出ていない、『薬師寺涼子」シリーズ、どうしたんだろう。

 ちなみに『創竜伝』シリーズは途中で挫折・・・SF・ファンタジー物、嫌いではないのに何でだろう、不思議。

 合間を縫って、本作のような"読み易い"田中芳樹節の歴史物を楽しむのも良いかもしれません。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『まだ見ぬ敵はそこにいる ロンドン警視庁麻薬取締独立捜査班』読破 | トップページ | 【ゲーム】SS、PS、NEOGEOポケットにDCと »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『まだ見ぬ敵はそこにいる ロンドン警視庁麻薬取締独立捜査班』読破 | トップページ | 【ゲーム】SS、PS、NEOGEOポケットにDCと »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク