« 【書籍】『十角館の殺人』再読 | トップページ | 【書籍】『ダブル・ダブル』読破 »

2022年11月20日 (日)

【書籍】『ヨルガオ殺人事件』読破

 「アンソニー・ホロヴィッツ」著、元編集者「スーザン」、そして作中小説では名探偵「アティカス・ピュント」が活躍する「犯人は誰?」の挑戦が際立つ、ミステリです。

 正直、著者の作品は読後になんとなく感心した、面白かった記憶はあるのだけど・・・あれれっ、比較的、最近読んだ作品なのに内容を忘れてしまう事が多い。

~おそらく、トリック的には目新しくないが、パズル的にはとても優れた作品だったんだろうなぁ。~

 さて、本作はというと、

~面白かったです、作中小説の犯人は当てられたが、本編・・・成程、と。でも、英語で原文を読める程、語学力をつけていない状態では、また、内容を忘れてしまうのだろうなぁ。~

 気に入った洋画を見た時も都度、思った事だけど、原文で読み書きできる力をつけたいなぁ。。。(思っているだけで、動かないから、その状態が続いているのですが。)

 邦訳でも十二分に楽しめましたが、本作の詰めに詰め込まれた仕掛けを知ってしまう、とね。

~~~~~

 8年前、高級ホテルで発生した殺人事件・・・犯人は従業員で、逮捕され刑務所に収監済み。

その事件現場と関係者達を場所と時代を変えて、人気の推理小説シリーズとして発表していた故「アラン・コンウェイ」。

その作品を読んだ当時、事件により結婚式を台無しになれたホテル経営者の娘が「犯人は別にいる、従業員は無実」と言い残して、失踪する。

ホテル経営者の両親より、娘を探してくれと作品を編集していた「スーザン」へ依頼が舞いこむ事に・・・。

~~~~~

 ストーリーからも魅力的、だた、中々その小説を本の中で読ませてくれず、ストレスが溜まると作中作が始まった後は、その小説自体も面白く、そして「えっ、作中作を読んだけど、まだ本編の犯人が分からないよ。」と読み手を悔しがりさせつつ、終盤へ・・・くそっ、くそっ犯人が分からなかったと良い敗北感を味わえました。

■「アティカス・ピュント」シリーズ

カササギ殺人事件

■「ホーソン&ホロヴィッツ」シリーズ

メインテーマは殺人事件

その裁きは死

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『十角館の殺人』再読 | トップページ | 【書籍】『ダブル・ダブル』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『十角館の殺人』再読 | トップページ | 【書籍】『ダブル・ダブル』読破 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

リンク