« 【映画】『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を見た | トップページ | 【書籍】『十角館の殺人』再読 »

2022年11月13日 (日)

【ゲーム】やはりゲーム熱を上げてくれるのはNEOGEO

 宝島社の書籍『NEO・GEOのすべて』で企画者とデザイナーさんインタビューが掲載されており、当初はSHTは無理だ・・・となった本作、いつかは開発者達の心意気(格闘ゲームブームの中、あえてSHTを!!)に応える為、いつかクリアしたいと思っていた作品『ラストリゾート』[NEOGEO・ROM]45Mbitをプレイです。

 まだまだクリアは程遠いですが、インターネットの発達で本当、攻略助かっています。

私も助かっている恩返しできれば良いけど。手元にまとめてある各ゲーのコマンド一覧でも記事としてアップするかな。

既に情報が展開されている分、目新しくはないだろうけど、誰かの一助になれば。基本、コマンド全部知らないのは嫌なので、その時点で調べてメモを残してパッケージに入れて置いたり、攻略本は基本、購入するので。

 Excelなどまとめたモノであれば、そう記事化に時間がかからないはず。

さて、話は戻ります、ウィルスにより機械生命体が人類を攻撃─最新鋭機「TZ-024」(1P)で闘いを挑むシューティングゲームです。

背景、敵機撃墜時の演出など見所一杯(ゆったり見ている暇はないけど)、「LAMELLA:ラメラー」は1面で突然出現してくる白い?敵、「IRON CRAW:アイアンクロー」は1面高速道路に出る中型機、そして1面ボスは「BRUCKEN:ブラッケン」。

 名前を聞くと見た目に合っているような・・・まあ、まずデザインしてから付けたであろうから。

取扱説明書も久しぶりに読むと楽しいです、敵キャラクター名(少しですが)と「マル秘パイロットマニュアル」など。後者の復活に有利だから「●2P同時で攻めろ。」はボッチゲーム好きの私には敷居が高いですが。。。

 次は『神凰拳』[NEOGEO・ROM]338Mbit、パッケージ裏に記載しているけど「~全てワークステーションによって作成された3Dモデルデーターをを元に、~」("を"の連続誤字あり)が売りである格闘ゲームです。

折角の独特の映像なのに前述の誤字を含め、パワポで作成したようなパッケージが・・・ガックリ。あと、若干、操作性も悪く、折角の「エア・リアル・バトル」(パッケージより)が操作感で楽しめないのが痛いかな。

 でも、色々な意欲(システム)が詰まった作品であり、好感が持てる作品です。ROMがあるので売却しましたが、セガサターン版の方、連続ガード時にエフェクトが着くなど改善が見られたので、あまりSS版はプレイしなかったですが、操作感も改善されているかもしれません。

ここ暫く記事にしていない作品が続いてますが、普段プレイするものと比較すると出しにくい所にあるROMなので、通電目的もあり。

 『餓狼伝説3』[NEOGEO・ROM]266Mbit、SPECIALから次はどんなシリーズ作品を──で期待が高かったけど・・・の作品です。

3ライン、決して悪い進化ではなかったはずだけど。キャラの見え方、ステージの時間帯によるグラフィック加減、システムも含めて「やれる事は詰め込んだ」といった所でしょう。

 連続技の爽快感から原点回帰の一発の重み、少ない体力ゲージ、あと私個人的には「ちょっとオカルト系に向かったボス」が、SPECIALの熱狂を引き継ぐ事ができなかったのかな。

 珍しく「ギース」でプレイしてみました。丁度、SPECIALで「ギース」をクリアした後だったので。

次は『超鉄ブリキンガー』[NEOGEO・ROM]178Mbit、シューティングですがオプション(ユニット)扱いで溜め撃ちすると装備している格闘アームに応じてロボットに変形して攻撃してくれる!!、ゲームです。

「SAURUS(ザウルス)」さん、NEOGEO後期(!?)に本当に頑張っていたよなぁ。

敵ロボの名前もある意味インパクト・・・「侵攻軍統括官 機操将 上条」「近衛右隊 機操将 鈴城」「近衛左隊 機操将 猟残」「多脚機操銃砲兵 暦州」「局地強襲特務部隊 才賀24」「超豪級鬼操兵 凰愚」。

マニュアル最後に「ブリキンメダルを集めて めざせハイスコア」とあり、開発スタッフの最高得点は1クレジットクリアで163万8千点、だそうです。

 シューティングが続くなぁ、最後は対戦!?シューティング『ティンクルスタースプライツ』[NEOGEO・ROM]146Mbitです。

改めてマニュアル見ると、色々記載があるなぁ。ゲームセンターのゲームなだけにHOW TO PLAYで基本説明はあるけど、当時はアーケードゲーム雑誌で攻略が出るなど、情報の展開は色々だったし。

オーブ:

 ザコに紛れてオーブが来ることがあります。オーブを連爆に巻き込むと、一定時間連爆させた数そのままを、相手に送ることができるようになります。(この現象を「フィーバー」といいます。)

オーブを巻き込んだときの爆発威力が強ければ強いほどフィーバー継続時間が長くなります。

【ロードラン】溜め撃ち/マジカルショット:貫通力のある光の弾丸がまっすぐ射出される。

【リアリー・ティル】溜め撃ち/ドラピーファイヤー:ドラピーによる火炎放射だ。少し射程が長い。

【アーサー・シュミット】溜め撃ち/プラズマレーザー:(あれっ、説明がない。見た目で分かるからかな。)

【ヤン・ヤンヤン】溜め撃ち/ワイドウエーブ:(あれっ、こちらも。まあ、名称から分かるよね。)

【なんじゃもんじゃ】溜め撃ち/ナンジャサンダー:撃った瞬間のレバーによって、電撃を放出する方向をコントロールできるぞ!

【マッキー&ペンテル】溜め撃ち/ペンテルアタック:発射後、敵に当たるかあ、もう一度Aボタンを押すと破裂する。うまく使えば、狙った敵だけを破壊できるかも。

【ド・ケスベイ】溜め撃ち/トリプルパンチ:魔導ネコが左右交互にパンチを繰り出す。

【ティンカー&リンカー】溜め撃ち/フェアリークリスタル:撃った瞬間のレバー方向で、8方向に打ち出せる。

【グリフォン&エヴィン&バーン】溜め撃ち/トルネードカッター:光のリングをブーメランのような軌跡で飛ばす。戻ってきたショットをキャッチしない限り、画面に残しておける。

 ストーリーモードしか基本プレイしてなかったので、各キャラの溜め撃ち、色々と特性あるんだ。またフィーバー、その特徴、あんまり分かってなかったなぁ。

 最後は『SNK VS.CAPCOM SVC CHAOS』[NEOGEO・ROM]、単純にどこキャンなど楽しみたくて「京」でプレイです。

NEOGEOで新し目(まあ古いですが)の作品はパッケージにMbit表記、ないんだよなぁ。。。継続していれば良かったのみ。

 暴走庵に負けてしまった。。。残念だけど、結構、楽しめました。

~~~

 やはり、自分にはNEOGEOが一番かな。。。あれ、もうゲーム熱冷めたかも、と他機種(全てもうレトロですが)プレイ時に感じて、歳を感じるも、再び熱くさせてくれるハードであり、ソフト。ありがたいです。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を見た | トップページ | 【書籍】『十角館の殺人』再読 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を見た | トップページ | 【書籍】『十角館の殺人』再読 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

リンク