« 【書籍】『生か、死か』読破 | トップページ | 【映画】『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を見た »

2022年11月 6日 (日)

【ゲーム】PS、SS、XBOX360、そしてSSに戻りプレイ

 まずはPS、PSはPSoneでプレイしています、ロードが長いのかハード仕様なのか信号が途絶える事が多いのでFRAMEMEISTER経由でHDMIテレビだとテンポが悪いので。

 その影響からか、結構、進みが滞ってしまいがち、『FFⅨ』をそろそろクリアしようかな、と思っている所で足踏みで、今回も『黒ノ十三』[PS]というホラーノベル?作品に手を伸ばしてしまいました。

私の中では『殺人鬼』だったかな、本作で監修を実施している「綾辻行人」の"ホラー"では強烈なインパクトでした。アニメから入った『Antoher』で、ホラー系作品も書き続けているんだ、と思ったぐらいなので、正直「綾辻=ホラー」の印象は私の中では低いです。

ただ、『殺人鬼』は当時の私には相当に衝撃的でした、ホラーを小説で読んだ事がほぼない時期だったので、そのインパクトが強かったのかも。

さて、『黒ノ十三』の感想ですが、まず気になったのは操作性の悪さです。

セーブがストーリー分岐点でSELECT・・・のタイミングでしかできない点が、辛い。。。なんで、ノベルなんだから任意の場所でセーブさせてよ、とプレイしづらくて仕方がない。

〇ボタン押しっぱなしで、文章進めていくと「分岐点(選択)」で一旦止まらず、最初の選択が選択されて進んでしまうのも痛い・・・ちゃんとマニュアルを読んでいなかった自分が悪いのですが、最初の話で「頭から」を2~3回ほど繰り返す破目になりました。

 最初選択できる話が数話に限定されていて、最初と最後をまずプレイしてみたのかな。まず、思ったのは「ターゲット年齢層はどこ?」との疑問です。

夜中起きていると・・・子供っぽい作品もあれば、恋愛絡みの話もあって。まあ、前者は子供時代に皆が思う、または経験する"基盤"を元にした怖さ追求なのかもしれないので、まあ、低年齢層向けではないんだろうなぁ。

~~~ちょっと脱線。

 買った当時も意外と高かったのか忘れてしまいましたが、『電撃ムックシリーズ 電撃CDV and BOOK①超人学園ゴウカイザー オフィシャルガイドブック』の話。

超必も掲載されておらず、NEOGEOゲームの攻略本としては全く役には立たない、システム解説のガイド・・・は、NEOGEO雑誌の記事にも及ばないし。

 そう言えばCDが付録についていて聞いてなかったなぁ、PCで再生してみると・・・あれっ、再生できない。

昔のCDだからかな、とセガサターンで再生してみると・・・あれれっ、再生できない。

そして良く見ると「CDV」!?CD/CDV/LD兼用プレイヤー要って。。。いやはや、こんな規格あったんだと吃驚です。

~~~

 次はセガサターンで『ガンブレイズ・S』[SS]、控え目なH絵を肝?としたRPG作品です。かなり以前に進めていた作品ですが、あまりのショボさに放置していました。

 いい加減、クリアして置こうと再開です。

Img_2403

ショボいって何が・・・グラフィックです、SS時代にこのグラフィックな無いだろ、と。グラフィックの濃淡というか、もう少し立体感、描けませんか、SFCにも及ばないぐらいです。

ただ、音声が異常に充実していて(通行人も全て喋る)、逆に進行とテンポの邪魔になっているのが。。。

あと操作性も非常に悪い・・・なんで、武器/防具選択について、次のキャラを選択する場合、「NEXT」を辿らなければいけないのか。

私はやっとSFCからゲームに入れた、遅いゲームデビューだったので、もしかしたら古い作品にはそのインタフェースがあったのかもしれませんが、私は触れた事のない、未知のインタフェースでした。

Img_2394

防具の防御力もA~F等の英字レベル表記であり、攻撃力やスピードといったステータスが見れない・・・レベルが上がると受けるダメージ量が減ったりするので、各キャラ自体にも防御力はあるかと思うのですが。。。(それともレベルだけ?)

 最新でもないのですが、普通にHDMI接続ハードをプレイしたくてXBOX360へ。

『カラドリウス』[XBOX360]、シューティングゲームです。XBOX360、洋ゲーに触れる良いハードかと思ったのですが、プレイするのは直ぐにプレイできるシューティングやレーシングゲームに偏ってしまう。

EASY・アレックスでまず、ノーコンティニュークリアを目指しています、普段は気にしない実績に拘ってしまうのが、意外。

カスタムって、同系統のみしか選択できないのかと思っていました。。。成程、弾消し武器を集中させる事もできるのか。

 『ウルトラストリートファイターⅣ』[XBOX360]、アーケードスティックも接続・動かしておかなきゃで、鉄板格闘ゲームを。

「ハカン」でプレイしてみました。バージョンアップを繰り返した割には、ストーリー部分が・・・まあ、"対戦"ジャンルだからね。(でも、その点、一人でも楽しめるSNK、偉大だなぁ。)

せっかくのストーリー説明も何だろう、アニメ一枚絵だったりアニメだったり。。。全部、アニメーションでまとめられなかったのか、Ⅳの最終形態かと思うのですが、不完全感が拭えないので、"この一本!!"にならない。ただのⅣだった時、あんなに感動したのに。

 XBOXですが『ソウルキャリバーⅡ』を「ホン」でプレイです。本シリーズ、ストーリーモードについて比較的優しく、全キャラクリアし易くしてくれている点が嬉しい、少しずつキャラクリアを進めている作品です。(前回プレイから大分、経過してますが。)

XBOX作品、XBOX360で動いてくれる点、ありがたい、できれば全ての作品が動いてくれれば良かったのですが。

HDMIでプレイするとグラフィックの緻密さが味わえて、この当時の3D映像ですら、私には凄いなぁと改めて感心です。(FRAMEMEISTERを通すとどうしても、"ぼやけて"しまうので。)

 さて、最後はセガサターンに戻って『ガンブレイズ・S』[SS]は、えっ、もう終盤と思うけど、ここでレベル上げが必要かも・・・と思わせる部分に嵌ってしまいました、一気にクリアしようと思ったのに。

縦モニタを出すのが面倒だったので、横画面で楽しめる『ダライアス外伝』[SS]と『レディアントシルバーガン』[SS]のシューティングを。

久しぶりにこちらもアーケードスティック(バーチャスティックという製品名かな)を出したのですが、当初、ついに壊れたのかと思って焦りました。

「レトロゲーム復活剤」さん、カセットではなくても周辺機器接続に利用しています、良かった、まだ動くぞ。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『生か、死か』読破 | トップページ | 【映画】『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を見た »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『生か、死か』読破 | トップページ | 【映画】『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を見た »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

リンク