« 【アニメ】『邪神ちゃんドロップキックX』を見た | トップページ | 【アニメ】『それでも歩は寄せてくる』『シャドウハウス 2nd Season』を見た »

2022年9月25日 (日)

【書籍】『死の味』再読

 「P・D・ジェイムズ」著、英国推理作家協会賞受賞、各種描写の細かさが光る警察小説、ミステリーです。

1986年か、古典というには古過ぎないのですが、この重厚感は著者独特、文量もね。

 周りの家(内外)、風景、そして警察側、捜査で質問される側、いずれの側の心情描写も本当に細かい作品です。

なので、読むのが相当"重い"と感じるのですが、意外に読んでみると「思ったり軽い」、負担がそんなにかからない・・・でも、人の裏面、その結末には"ズーン"と喰らうのですが。

~~~

 ゴシップの影響か、突然、閣僚を辞任した政治家が教会にてホームレスと共に首を刃物で切られる事件が発生・・・。

新しい捜査班を立ち上げた「アダム・ダルグリッシュ」警視長、メンバ「ジョン・マシンガム」主任警部、「ケイト・ミスキン」警部が事件に立ち向かう。

~~~

初め再読とは気づきませんでした。

確かに事件と真相が地味で忘れてしまうなぁ、という点は、今回読んだ結果も痛感しました。

でも、内容を思い返し、そしてタイトルの味も考えると、結構、記憶に刻まれる作品だと思うのですが、おそらく若かりし頃、読んだ時は「ただただ描写が細かく、読む文量はあるのはありがたいが、地味な作品だなぁ。」という感想で終わったのかと思います。

 本に限らず、また度々記載してますが、読んだ時期、年齢・背景・状況・前後に触れたモノによっても、色々感想は変わるので、本作もその一つかな。

今回は、「評価上昇」の結果、良かったです。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『邪神ちゃんドロップキックX』を見た | トップページ | 【アニメ】『それでも歩は寄せてくる』『シャドウハウス 2nd Season』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【アニメ】『邪神ちゃんドロップキックX』を見た | トップページ | 【アニメ】『それでも歩は寄せてくる』『シャドウハウス 2nd Season』を見た »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

リンク