« 【映画】『TENET テネット』を見た | トップページ | 【書籍】『人魚姫 エリカ&パトリック事件簿』読破 »

2022年8月21日 (日)

【書籍】『愛の探偵たち』再読

 「アガサ・クリスティー」が描く探偵達、「ミス・マープル」「ポアロ」「クィン」が活躍する事件を描く短篇集です。

まず先頭を飾るのは劇にもなっているという「三匹の盲目のねずみ」。

短篇というより中篇なのですが、閉ざされた中で誰もが怪しいドキドキ感と相変わらずの"隠しの妙"で楽しめました。

続いては「ミス・マープル」作品が続き宝探しの「奇妙な冗談」、正攻法の「昔ながらの殺人事件」、そして「ミス・マープル」特性と著者の技が極まった「申し分のないメイド」が味わえます。

そして「管理人事件」・・・こちらは、長編化したものがあるので、うーん、うまく/運よく期間が空いて読む事になることを願います。(どっちを先に読んだ方が─の解答は難しい。)

 次は「ポアロ」おじさん登場で、テレビ版の映像化された内容が直ぐに思い出される「四階のフラット」と「ポアロ」には珍しい事件発生中の誘拐事件捜査を描く「ジョニー・ウェイバリーの冒険」。

 最後は「愛の探偵たち」で謎めいた人物「クィン」氏登場で締めです。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『TENET テネット』を見た | トップページ | 【書籍】『人魚姫 エリカ&パトリック事件簿』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『TENET テネット』を見た | トップページ | 【書籍】『人魚姫 エリカ&パトリック事件簿』読破 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

リンク