« 【書籍】『説教師 エリカ&パトリック事件簿』読破 | トップページ | 【書籍】『軍神の血脈 楠木正成秘伝』読破 »

2022年6月12日 (日)

【書籍】『東の果て、夜へ』読破

 「ビル・ビバリー」著、殺しを目的とした旅路─英国推理作家協会賞受賞作です。

確かにクライム・ノヴェルというよりは、ロード・ムービー・・・違ったロード・ノヴェル。

 残念ながら原作の方は未読ですが「スティーブン・キング」原作映画『スタンド・バイ・ミー』が漂うというか、浮かんでくるテイストがありました。

 あらすじから想定はしていたけど、"推理"要素が全くなかった点が少し残念─賞名から少しは何かあるのかと期待していたのですが。

ただ、それを補ってあまりある(思ったり)"静かな"重みというか、読み応えがある作品でした。

~読んだ時期、年齢如何によっては、かなり心に残る、響く内容だったと思えるので、受賞作というのも納得です。~

~~~

 少年「イースト」は屋敷の見張り。しかし警察の捜査でしばらく組織はナリを潜める・・・。

そんな中、「イースト」の弟を含めた少年・青年達に"ある仕事"が振られる。

車で二千マイルを旅して、組織の裏切り者を仕留めろと。

 長い長い車旅の始まりです。

~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『説教師 エリカ&パトリック事件簿』読破 | トップページ | 【書籍】『軍神の血脈 楠木正成秘伝』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『説教師 エリカ&パトリック事件簿』読破 | トップページ | 【書籍】『軍神の血脈 楠木正成秘伝』読破 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

リンク