« 【ゲーム】DC、そして久しぶりに携帯機を連続&長時間プレイ | トップページ | 【書籍】『心霊探偵 八雲 9 救いの魂』読破 »

2022年6月19日 (日)

【書籍】『カタリーナ・コード 警部ヴィスティング』読破

 「ヨルン・リーエル・ホルスト」著、老─いや大ベテラン警部が活躍するミステリ、シリーズ第十二作目です。

~本作がシリーズ初でも安心(というか、本作以外も邦訳されているのは第八作目らしいので。~

あまりシリーズ色がなく、私は巻末の解説を読むまで本作がシリーズ初作品かと思ったぐらいです。

また、サブタイトル(警部ヴィスティング)をきちんと認識しておらず、またどうも北欧、馴染みのない名前からか、最初に昔の事件資料を見直している老刑事、まさか主人公とは思わなかったぐらいです。

~派手さはないけど、本作、うまく映像化したら凄い作品なんだろうなぁ。~

 大きな展開というか、トリックとか、衝撃がある作品ではないのです・・・ただ、なんだろう、描き方、展開が良いのかズシンと響く作品です。

実写でうまく描かれたら・・・うーん、一本保持しておきたい刑事物になるかも。(SF、特撮映画に偏り気味の私ですら。)

~~~~~

 突然、姿を消した「カタリーナ」夫人。その机の上には、数字が記載された紙が。。。

そのコード(暗号)と資料を取り出しては、解決できなかった事件に想いを馳せる警部「ヴィスティング」。

失踪した夫人の夫とも個人的に付き合うようになり、数年あった今、更に昔の事件に紐づき新たな展開を迎える!!

~~~~~

 暗号は堅苦しく考えなくても大丈夫、出てくる人々、秘められた真相に向かい、ドキドキの読書が待っています。

北欧ミステリ・・・ハードというか、少しダークな点ばかりでの印象がありましたが、本作でその見方が変わりました。

 確かに色々なミステリが発展したミステリ大国!!、また楽しみな著者が増えました。

(記:スッタコ小僧)

 

« 【ゲーム】DC、そして久しぶりに携帯機を連続&長時間プレイ | トップページ | 【書籍】『心霊探偵 八雲 9 救いの魂』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ゲーム】DC、そして久しぶりに携帯機を連続&長時間プレイ | トップページ | 【書籍】『心霊探偵 八雲 9 救いの魂』読破 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

リンク