« 【書籍】『ありふれた祈り』読破 | トップページ | 【書籍】『氷姫 エリカ&パトリック事件簿』読破 »

2022年5月13日 (金)

【映画】『クリムゾン・ピーク』を見た

 怪物⇒ロボット&怪獣⇒怪人(水生)ときて、今度はゴシック・ホラーで幽霊&サスペンスですか、鬼才「ギレルモ・デル・トロ」監督作品です。

主人公の小説家を目指すお嬢様「イーディス」に「ミア・ワシコウスカ」、怪しさ/妖しさ抜群の没落貴族!?「トーマス」に「トム・ヒドルストン」、その姉「ルシール」を「ジェシカ・チャステイン」が演じています、名前でピンッと来なかったけど、お顔を見ると「ああっ、見た事ある!!」方々でした。

 さて、本作の感想はというと・・・

~監督さん、描きたかった"絵"を存分に撮ったなぁ。。。でも、鑑賞している側にとっては、"いまいち"嵌れないかも。~

 確かに"お化け"演出について【ドキッ】とさせられるけど、ゴシック部分と監督さんの映像美が良すぎるのか、怖さが半減してしまっています。

道理で真夏の深夜、涼みたい時ではなくて、こんな時期に放送だったのでしょうか。

 ちょっとタイトル&あらすじから、見ている側が期待している作品とあまりにも乖離があるので、確かに映像としては良かったのですが、一つの映画作品としてみると「ガッカリ」との感想を私は持ちました。

 まあ、"ギレルモ"風味前面に楽しみ&本作に望んでいたのなら、及第点の作品なのかもしれません。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『ありふれた祈り』読破 | トップページ | 【書籍】『氷姫 エリカ&パトリック事件簿』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『ありふれた祈り』読破 | トップページ | 【書籍】『氷姫 エリカ&パトリック事件簿』読破 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンク