« 【テレビ】『金田一少年の事件簿 白蛇蔵殺人事件』を見た | トップページ | 【映画】『シン・ウルトラマン 空想特撮映画』を見た »

2022年5月29日 (日)

【書籍】『モリアーティ』読破

 「アンソニー・ホロヴィッツ」著、ドイル財団公認の「シャーロック・ホームズ」シリーズ、その第二弾です。(解説を読むまで、知りませんでした。)

正直、"本家"と違うのはなぁ・・・という点が念頭にあり、中々、別著者による"復活"作品には手を伸ばしづらかった事がありました。

その考えを変えてくれたのが「ジェフリー・ディーヴァー」が描く「ジェームズ・ボンド」です。(名探偵「ポアロ」[ソフィー・ハナ]の方は・・・あれっ、記事書き忘れていたのかな、ちょっと期待外れでした。)

 本作は第二弾に気づかずに、またそのライバル「モリアーティ」の方なら読んでみるかな、で手にとりました。(「アンソニー・ホロヴィッツ」さん名義にも影響を受けましたが。)

最初、読んでいた時の感想はというと・・・

~あれっ、本当にライヘンバッハ川の対決後、ええっ、全然、タイトルからとは違う展開だなぁ、と吃驚。~

繰り広げられる事件も、イギリスというよりは、アメリカのギャング抗争かと見紛う流血事件ばかり・・・事件の続き、流れが気になり読ませる内容でしたが、えー、求めていたのは古き良きミステリなのになんだこのアクション、冒険譚は。

~「ハードボイルド」作品かよ!!~

とツッコミを入れるところでした、最後まで読むまでは。

 これ以上、ネタバレになるので内容に関わる感想は控えますが、成程、こう来たかで楽しめました。

著者の第一弾『シャーロック・ホームズ 絹の家』も読みたくなりました、でも「コナン・ドイル」の本家をそんなに熟読している訳でもないので、その点から手が出し辛いかな。。。

(記:スッタコ小僧)

« 【テレビ】『金田一少年の事件簿 白蛇蔵殺人事件』を見た | トップページ | 【映画】『シン・ウルトラマン 空想特撮映画』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【テレビ】『金田一少年の事件簿 白蛇蔵殺人事件』を見た | トップページ | 【映画】『シン・ウルトラマン 空想特撮映画』を見た »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

リンク