« 【アニメ】『大正オトメ御伽話』を見た | トップページ | 【ゲーム】アドベンチャーゲーム三昧 »

2022年5月22日 (日)

【書籍】『オベリスクの門』読破

 「N・K・ジェミシン」著、三部作全てが「ヒューゴー賞受賞」の二作目、SF作品です。

第一作目を読んだ後、まだ三作目が邦訳されていないのに本作に手を伸ばしてしまいました。

~いつもアニメ等は最終回まで録画を溜めてからの一気見、映画の三部作でも全ての録画が揃ってから見ていた私が。~

 自分でも驚きです、続きの展開が気になってしまって。

そして、第二作でも「今後どうなる、最後はどうなる!?」で三部作の最終作が待ち遠しくて堪らない。

 今回は前作に引き続き、娘を奪われた「エッスン」の再会とそして新たな戦い、そして娘「ナッスン」の成長と意外な出逢い、加えて破壊の季節が吹き荒れる地球、そして"各種族"の謎の一端へ迫る内容となっています。

 舞台となっている地球上、凪となっている展開が少なく、正直、色々な事、読むべき、そして理解すべきことが多くて忙しい、忙しい。

その環境からか色々な事に"平和ボケ"というか、関心が少ない私にもグサグサッっと刺さってくる事態や登場人物達の言葉・・・本シリーズの力強さが感じられます。

 まあ、第一作、二作と一気に読んで、ここで小休止は意外に良かったかも。

流石に少し、軽め(ライト)な作品が読みたくなりました。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『大正オトメ御伽話』を見た | トップページ | 【ゲーム】アドベンチャーゲーム三昧 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【アニメ】『大正オトメ御伽話』を見た | トップページ | 【ゲーム】アドベンチャーゲーム三昧 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンク