« 【書籍】『天啓の殺意』読破 | トップページ | 【書籍】『螢』読破 »

2022年4月16日 (土)

【テレビ】『金田一少年の事件簿 悲恋湖殺人事件/オペラ座館殺人事件/首つり学園殺人事件/首無し村殺人事件』を見た

 原作:「金成陽三郎」「さとうふみや」さんのコミック、主役は「堂本剛」さんで実写化版が続くなぁ。

トリック・ネタには組み合わせで頑張るも"(現状での)限界"はあるので、この手の作品は"初期"に名作が集中するのかなぁ。。。

そう考えるとこれから始まる新シリーズ、若干、不安が増してきてしまった、映像的なクオリティは大丈夫だと思うのですが、トリック・ネタの点で。

~~悲恋湖殺人事件~~

 代理で参加したリゾート滞在が思わぬ事件に遭遇!?。かつて大量殺人を犯した死刑囚が脱獄して、付近に潜伏し、次々に事件が発生か!!。

~~~~~~~~~~~

 かのマスク男を模した犯人のあだ名が連発される展開に少しゲンナリでしたが、まあ、色々と動きがあり、トリック以外の点で、また原作者の意図の通りか、その謎解明には成程と。

安楽椅子探偵ではない、活発な少年探偵っと言った所がまあ、本家とは違った魅力だしね。

~~オペラ座館殺人事件~~

 演劇部の合宿中に事件発生。。。かのオペラ座の怪人をなぞる犯人の正体は。

~~~~~~~~~~~~

 はぁ、いくら何でもかの有名作品のトリックそのままじゃぁ・・・まあ、これまでにも色々と使われまくっているので、今更ですけど。

~~首吊り学園殺人事件~~

 エリートクラスで発生する首吊り事件!?。

~~~~~~~~~~~~~

 犯人が"あからさま"過ぎなのは、シリーズ通してでいつも通りなのですが、展開的にもね。

~~首無し村殺人事件~~

 鎧武者の恨みが残る土地にて、旧家における遺産争い!?が勃発する中、発生する陰惨な事件。

~~~~~~~~~~~~

 狙ったタイミングではないんだろうけど、久しぶりに見たなぁ俳優の「山本太郎」さん。

合わせ扉の間(部屋)って、あまりにも分かり易い仕掛けで、また全体的に(特撮も影響)少し"ガックリ"来る内容でした。

 久々の推理ドラマ視聴だったので、新シリーズ開始前の旧作品の再放送、意外と楽しめて視聴できていたのですが、ちょっと内容的に息切れ気味・・・最初に記載した「初期に名作」と矛盾するようですが、有名処の"組み合わせ"が多くて「映像的に映えるトリックや舞台」でないと、ちょっと見ていて退屈してしまうのです。

(記:スッタコ小僧)

 

« 【書籍】『天啓の殺意』読破 | トップページ | 【書籍】『螢』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『天啓の殺意』読破 | トップページ | 【書籍】『螢』読破 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

リンク