« 【書籍】『アンドロメダ病原体』読破 | トップページ | 【書籍】『その裁きは死』読破 »

2022年3月 5日 (土)

【書籍】『浮雲心霊奇譚 白蛇の理』読破

 「神永学」著、霊の見える赤目を持つ風来坊!?「浮雲」と既に事件巻き込まれ体質となった絵師を目指す青年「八十八」が遭遇する怪事件を描いた幕末・心霊ミステリーです。

~ちょっと登場人物のプチ・ロマンスに頼り過ぎかな・・・まあ、本作の魅力全開なのですが、もう少しミステリ部分に力を注いで欲しい。~

収録の三作品は「白蛇の理」「猫又の理」「狐憑の理」と動物(妖怪)にちなんだ内容となっているのですが、正直、タイトルに"合わせた"感が読後に色濃く印象に残る、それだけ事件の内容と謎解きが"薄かった"結果となりました。

 悪役も含め、登場人物達も揃ってきたようなので、そろそろ直接対決や「浮雲」の過去に関わる展開が欲しい所です。

色々と記載しましたが、一気にシリーズ四作品を読ませてしまう、面白さはありました。

 最後に前作までの感想へのリンクを。

『浮雲心霊奇譚 赤眼の理』

『浮雲心霊奇譚 妖刀の理』

『浮雲心霊奇譚 菩薩の理』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『アンドロメダ病原体』読破 | トップページ | 【書籍】『その裁きは死』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『アンドロメダ病原体』読破 | トップページ | 【書籍】『その裁きは死』読破 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク