« 【書籍】『浮雲心霊奇譚 妖刀の理』読破 | トップページ | 【書籍】『87分署シリーズ 電話魔』読破 »

2022年2月11日 (金)

【書籍】『浮雲心霊奇譚 菩薩の理』読破

 「神永学」著、第2弾を読み終わったら、即、3弾を読み進めてしまいました。。。霊が見える赤目を持つ憑きもの落とし「浮雲」の活躍を描く幕末ミステリーです。

~新たな敵!?が登場、史実の有名人についての著者アレンジにも磨きがかかる、内容もですが、出てくる登場人物でも楽しませてくれます。~

今回は、"謎と真相"(ミステリ)が幾分、弱めでしたが、その分、剣豪・・・アクションにて魅せてくれています。

そこが著者も一番描きたかったのでしょう、前作の「妖刀の理」に持って来なかった点が不思議ですが・・・いや、狂刃と戦うよりも、今作の展開の方が映えるとの判断でしょう、正解です。

いやあ、こうやってシリーズ続巻、新しいシリーズ、全く別の作品と色々楽しみにできる著者がいるって、嬉しいなぁ。

 昔の好きな小説の再読も色々な発見があり楽しみだけど、今現在、どんどんと作品を出してくれる人がいるって良いね。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『浮雲心霊奇譚 妖刀の理』読破 | トップページ | 【書籍】『87分署シリーズ 電話魔』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『浮雲心霊奇譚 妖刀の理』読破 | トップページ | 【書籍】『87分署シリーズ 電話魔』読破 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク