« 【映画】『22年目の告白-私が殺人犯です-』を見た | トップページ | 【書籍】『致死量未満の殺人』読破 »

2022年2月 3日 (木)

【書籍】『浮雲心霊奇譚 赤眼の理』読破

 「神永学」著(著者、久しぶり!!)、『心霊探偵八雲』の流れを汲む、今度は舞台を幕末にして憑き物落とし「浮雲」(命名:依頼人)が活躍するミステリーです。

~相変わらずスラスラ読める。文量少ないのに、なんでこうスラスラと情景やイメージが入ってくるのやら。~

 期待に応えてくれる著者だなぁ、と本当に感心です。

あまり重くなく、早く読み進められて、適度な満足ミステリー・・・久しぶりに手に取った著者作品、まだ読んだ事のない新シリーズ一発目で不安だったのですが、ナイスヒットです。

 今後、本シリーズで長く付き合う事になる主人公以外の語り部やその周り、そして仇敵!?などなど一冊目から色々出てくるのですが、前述のように重たくない、スススーッと読ませて頂きました。

良かった、また継続して楽しめるシリーズ作品、「+1」です。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『22年目の告白-私が殺人犯です-』を見た | トップページ | 【書籍】『致死量未満の殺人』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『22年目の告白-私が殺人犯です-』を見た | トップページ | 【書籍】『致死量未満の殺人』読破 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

リンク