« 【コミック】『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』読破 | トップページ | 【アニメ】『ランウェイで笑って』を見た »

2022年1月25日 (火)

【ゲーム】DC、SS、NEOGEO、そしてDCに戻って少しXBOX360をプレイ

 久しぶりに「ドリームキャスト」[DC]、まずはアーケードスティックで『ファイティングバイパーズ2』[DC]を「ハニー」でプレイです。

DCは付属コントローラーが扱いづらい点は周知の事実だけど、そこに関連するのか、"諸々丁寧ではないというか、親切ではない"点が目立ちます。

特定条件を満たすと「Rトリガー引きながらハニー選択」で「未来ナース」衣装の「ハニー」を選択できるのですが・・・アーケードスティックだと「Rトリガー引きながら」ができない。

標準コントローラーで選択した後、差し替えれば良いのですが、なんで。。。まさかアーケードスティックの使用に思い至らなかったでは、無いだろうに。

それとも、標準コントローラーをアーケードの格闘ゲームでも使わせよう、使わせよう、慣れさせようという意図なのか。勘弁してください。

『ストリートファイターⅢ サードストライク ファイト ザ フューチャー』[DC]を「ケン」でプレイ。どちらか言うとPS2のアーケードスティックの方が扱い易いので、PS2版の同作を売ってしまった後、正直、しまったなぁ、と思いました。

DCのアーケードスティック、その形状と重さから(部品など)明らかにPS2で使っているモノより良い物かとは思うのですが、何でだろう。

使い続けていれば、操作具合も良くなるかな、、、と思い続けているのですが、使用率が低いからか、未だに操作しづらいです。(XBOX360の方もその大きさから扱いづらいけど、操作感はまあ、マシかな。)

多分、十年ぶりぐらい『エルドラドゲート 第4巻』[DC]を再開して「第10話 食べろ、マンマ!」をクリア、「第11話 聖騎士ギギ」へ突入です。

当初の計画より巻数は減ったようですが、二か月に一本(一巻)リリースの連作ユニットRPG作品です。

「天野善孝」さんのキャラ絵を"そのまま"ゲーム内における(バトル画面)グラフィックに採用するという暴挙!?で、まず度肝を抜かれる作品かと思います。(「天野善孝」さんの絵に、とても愛着のある方には良いけど、もし初めて触れる方だったら・・・おおっ、怖い。)

本シリーズは、実はボックス(緑の厚紙BOX)に入った全新品版を見かけて購入しました。

「YOSHITAKA AMANO Art Works in ELDORADO GATE」という冊子も入っているので、勝手にお店が新品まとめて箱入れしたモノではなくて、シリーズ全巻まとめて・・・で販売されたモノかと思います。

ここ最近、購入しているパーフェクトやらコンプリートガイド等の書籍にこの全巻BOXの記載がなかったので、改めて見てみた次第です。

さて話は戻って、第4巻の話へ戻ります。イベントはお使い系が多いですが、バトルは属性と適度な難度敵で気が抜けなく、良い緊張感が続きダレないRPGです。

ただ、私の読み込み?確認が乏しいのか、各キャラの「特殊能力」効果が把握しづらい・・・うーん、どこかに(ライブラリ等?)記載されているのか、見逃しているのか、それともステータスなどから詳しく確認できるのか。(単に細かい操作を私が忘れているだけ?)

「エリシン」の「疾風剣」が速さが高いほどダメージが高くなるって、、、習得した時に説明なかったし、どこかで確認できていたのだろうか。(攻略本でパッ、と見てしまいました。剣の達人「エリシン」、攻撃で敵に与えるダメージが少なくて、なんだこのキャラは・・・と思っていたので。)

今後、適度に進めていって、いい加減に全7巻、クリアしたいと思います。

最後は、その雰囲気、登場キャラ、そのグラフィックから強烈な印象を与えるRPG『デスピリア』[DC]をプレイです。

実際は、間にSSとNEOGEOを挟んで、別日にまたプレイしたのですが、クリアです。

まあ、いい加減クリアしよう、との思いもあったのですが、ストーリーが興に乗ると本当にプレイが止まらず、久しぶりにゲームで徹夜しましたよ。

バトルが"荒い"との評価があり、そこが確かに残念だったところ。最後の最後のラスボスは本当にきつかったです。

体力を「1」と瀕死にする技(アビリティ)と高威力の全体攻撃を二体の「マインド」が繰り出してくるので、本当、ジリ貧で我慢、我慢の長丁場の戦いが続きました。

もう少し自身の「マインド」を育てていれば、そんなに苦戦しなかったのかな。でも、本当に最後の最後のラスボス以外は、そこまでに育てていた「マインド」で十二分に渡りあえていた(幾分、楽勝気味だった)ので、やっぱりバランスがおかしかったのかな、と思います。

私的には、エンディングが随分、あっさりだなぁ、と感じましたが、全体を思い返すと各種謎はきちんと解決・回収されていたし、テンポも良く楽しめた作品でした。

全「マインド」を確認していないし、また全魔術書を集めて入手できる4属性最強アビリティ所持の「マインド」にも出逢っていない。

メガテン以外で、久しぶりに再プレイしたいと思わしてくれるRPGになったかな。

 「セガサターン」[SS」は、『ときめき麻雀グラフィティ 年下の天使たち』[SS]だけをプレイ。いい加減『慶応遊撃隊~』や『デザイア』をクリアしなきゃ・・・と思っているのですが、今回はDCソフトクリアを優先したので、軽い作品を─と。

 「NEOGEO」は、定番『餓狼伝説SPECIAL』[NEOGEO・ROM]をプレイ。「ローレンス」でちまちまクリアを目指しています。

『パルスター』[NEOGEO・ROM]は、やはり間を空けると以前はやっとノーミスでクリアし到達していたステージが、ボロボロに。。。

継続と集中が必要ですね。

『SNK VS.CAPCOM SVC CHAOS』[NEOGEO・ROM]は、久しぶりに「リュウ」を使用しました。NEOGEO後期/末期作品、本当にプレイが少なくて、せっかくプレイし易い所に置いて、各種システムを当時できなかった分、使いこなそう、練習しようと思っているのですが・・・歳だなぁ、根気が足りない。

『ティンクルスタースプライツ』[NEOGEO・ROM]、対戦シューティング、一人用もストーリーモードが楽しい作品です。

最後は「XBOX360」でシューティング『デススマイルズ』[XBOX360]をプレイ。その世界観のグラフィック、BGMが楽しい一品です。

 寒くて、このご時世の中、家でゲーム三昧するには良い年末年始休みだったのですが、結局、DCの『デスピリア』をクリアに持っていった以外はあまり進められなかったなぁ。

(記:スッタコ小僧)

« 【コミック】『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』読破 | トップページ | 【アニメ】『ランウェイで笑って』を見た »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【コミック】『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』読破 | トップページ | 【アニメ】『ランウェイで笑って』を見た »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

リンク