« 【テレビ】『ゴットタン 芸人マジ歌選手権』を見た | トップページ | 【映画】『セル』を見た »

2021年12月31日 (金)

【ゲーム】久しぶりにPS2をプレイしたら・・・XBOX360⇒NEOGEO⇒PS2をプレイ。

 まずはXBOX360でトリプルパックの『TRIALES HD』『LIMBO』『Splosion Man』(XBOX360)のアクション三昧。

『TRIALES HD』[XBOX360]は本体のマイゲームに半ソフト(コントローラー)表示、また某ゲーム雑誌にて内容を知っていた事もあり、気になっていた作品ではあります。

ただ、車もそうだけどバイクもそう好きな方ではないので、いつかはプレイして見ようと思っていたのですが、中々、手を伸ばしづらかったゲームです。

でも今回プレイして見て、なんてシンプルなのにリトライ、リトライの繰り返し挑戦で"やめ時"が難しい作品なんだ!!と痛感です。

バイク、面白いですね。

次は『LIMBO』[XBOX360]、モノクローム(影絵グラフィックが印象的!)のアクションゲームです。こちらも存在と少し映像は知っていたのですが、成程、アクション&アドベンチャー(謎解き)、ハラハラ感が堪らない。。。まあ、あの失敗/ゲームオーバー場面ありきの作品なのかもしれませんが、"それだけではない"という事を教えてくれました。

最後は『Splosion Man』[XBOX360]、三回爆破でドッカーンと自分が飛ぶ、ジャンプアクションゲームです。絵柄の好みは分かれる(私はちょっと・・・)でしょうが、軽く楽しめるアクションです。

次は『デススマイルズ』[XBOX360]、左右撃ち分けボタン、その世界&グラフィックが印象的なシューティングゲームです。

 そう言えばXBOX360って、インストールを求められる作品以外もゲームを本体HDへ取り込みできるんですね。。。ちょっと前まで知らなかった。

あんなにあるハードディスク容量、ダウンロード購入はあまりしないし利用しないなぁ、と思っていたら、成程。

起動時以外の"爆音"回避、助かります。流石にうるさいので、当然の機能なのか。

お次のハードはNEOGEO、今回も稼働率が低いソフト通電目的で、取り出しにくい位置に置いてあるソフトをプレイです。

 『ザ・キング・オブ・ファイターズ2003』[NEOGEO・ROM]、チームバトルルールの変更は良いのですが、肝心の本作を引っ張るメインチームと打撃音が・・・と私の方では発売前は大いに期待・期待していたのですが、手に取ってプレイした後、評価が少し下がった作品です。

久しぶりに説明書をきちんと読むと・・・プラクティスモードの終了方法、やっぱりリセットボタンなんだ。

打撃音の爽快感減少もあるけど、なんか"抜けている"というか、丁寧ではない・・・と感じさせる作りなんだよなぁ。

 『ステークスウィナー2』[NEOGEO・ROM]、前作をクリアしていないので、本作は触りだけ・・・いや、意外と難しく直ぐにゲームオーバーになった競馬"ちょびっとシミュレーション+"アクション"ゲームです。

登場人物のキャラ、グラフィック向上は良いけど、個人的には馬の方を・・・と思いましたが、これはこれで"ゲームとして"味はあるのかな。

 『メタルスラッグX』[NEOGEO・ROM]、2はMVSで所持、2の構成&処理向上版、アクションゲームです。

シリーズ作品では本作が一番最初にROM購入した作品だったかな。次はPS2で3、でもなんか嵌らず、即、手放した記憶が。

その後3は、MVSの方で手に入れて、コンティニューしまくりのクリアですが、シリーズ最強・最高の一端を感じ取る事ができました。

本シリーズ、うまくなって"しまくり"せず、いつかは背景・各キャラの動作をの楽しむ余裕ありつつ、クリアしたい作品です。(そんな日が来るのは厳しいですが。)

 『サムライスピリッツ零』[NEOGEO・ROM]、普段、全く使わない「慶寅」でプレイです。

当時は、シリーズ復活、嬉しかったなぁ、システムもとても魅力があったし。SPECIALで諸々改善されたけど、本作だとOP&キャラ選択から、んっ、と思ってしまう演出というか"絵"・"字"なんだよね。

単純にメインの格闘ゲーム画面だけではなく、全体的な雰囲気、そこの作り込みも盛り上げには大切なんだ、という事が分かる作品です。

 『ザ・キング・オブ・ファイターズ'99』[NEOGEO・ROM]、雰囲気(OP・キャラセレ、操作説明)作りは良かったとは思います、背景描写は凄いし、まさに新シリーズ開幕に向けて"力"は入っていて、画面からも伝わってきてました。

ただ、如何せん、システムがね。。。前転・後転の変更、そしてストライカーシステム、その後のシリーズ作品で改善、改善はされましたが、最初に持ってきていたら─と皆、考えたでしょうね。

でも失敗を次のシリーズ作品では改善、活かして「ただでは転ばない」所がとても好感が持てました。

主人公チーム「K’、マキシマ、紅丸、真吾」でラスボスまで辿り着けましたが・・・残念、敗退です。

 『ブレイカーズ』[NEOGEO・ROM]、「ティア」でプレイです。最初はシステム的に本作固有がなく、キャラも・・・なんか堅実な作品ですが、地味地味だなぁ、と感じる作品です。

でも、2D格闘ゲームの基本、原点に帰ったようでMVSの『~リベンジ』と共に時々、プレイしたくなる味があります。

『クイズ迷探偵ネオ&ジオ─クイズ大捜査線PART2─』[NEOGEO・ROM]、クイズゲーム、最初の頃は本当、色々なジャンルを出していたなぁ。

肖像権問題から、昔はグレー?、今はNGな主人公達以外の登場人物が「あれっ、見た事がある」ゲーム。懐かしいなぁ。

 『ザ・キング・オブ・ファイターズ'98』[NEOGEO・ROM]、本作こそ本当に"丁寧"、まさに「DREAM MATCH NEVER ENDS」です。

それにしては前述したように取り出しにくい所で通電目的!?に入っているかというと、当時あまりプレイしていなかった、システムをやり込まなかった作品を・・・で、多大にプレイしていた本作は一旦、奥へ置いてしまっているのです。

シリーズ内でも大好きな一本ですよ!!。

「シェルミー、キング、舞」でプレイ。「シェルミー」の吹っ飛ばし、この頃は浮かんで両足キックか・・・この点は、『~2002』に軍配があがります。

 『リアルバウト餓狼伝説スペシャル』[NEOGEO・ROM]、リアルバウトシリーズでは本作が最高!!かな。試合開始前演出、裏キャラとサービス満点だし。

『リアルバウト餓狼伝説』は最後の「ギース」の演出・・・があるので、そちらも捨てがたいし、3の落胆を大幅に取り戻してくれた恩恵もあるので、甲乙つけがたい、難しいなぁ。

2は・・・時間短縮?、どうして─の演出カットがあるので、ちょっと自分的には評価が低い。本記事でも多数記載が目立ちますが、実際の格闘部分以外も含めての雰囲気、作品作りが大切だなぁ、と思っているので。

「テリー」にてプレイです、「クラウザー」まで辿り着きましたが、グルグルラリアットというかサイクロンでボロ負けです。

『ジョイジョイキッド』[NEOGEO・MVS]、テトリス系のパズルゲーム、NEOGEOは他に大幅に魅力的なパズルゲームが意外にも多数あるので、じっくりプレイできていない作品です。(長そうだしね。)

ちまちま長~くプレイして見るが良い作品だと思うので、もっと取り出し易い場所に置いてみるか。

 『ゴーストパイロット』[NEOGEO・ROM]、横画面縦スクロールシューティングの難しさを初期に味合わせてくれた作品だったかと。

『ソニックウィングス』シリーズ(2・3)の方が手に入れたのが早いかドッコイ・ドッコイだったと思います、当初は格闘ゲーメインだったので。

敵近い、アタックやめろー、狭い・狭いで大慌て。それに見合うほど、残念ながら先へ進みたいとは思えなかったなぁ。

『ソニック~』の方は、序盤は爽快感である程度は遊ばせてくれるし、選択キャラがいる影響だけどボム演出など動かして、見ていて楽しい作品なので、つい他のシューティング作品ばかりに手をつける事になります。

 久しぶりにPS2、「HEAD MOUNTED DISPLAY PUD-J5A」の電源を入れたら・・・お逝きになってしまっていた。

イヤーマフはボロボロになって以前に布を被せて使えるようにはしていたのですが、流石に利用せず、放置し過ぎたか。

右イヤフォンから音が聞こえず、画面は明るくなるけどメニューが表示されず・・・。

大分、本機器には悪い事をしたなぁ、対応ソフトで早く遊び倒していれば良かった、申し訳ないなぁ。

PS薄型本体が頑張っているので、その耐久力を甘く見ていました。複雑化、またそんなに長い期間の利用を想定していないよね、流石に。(内蔵電池変えるのはドライバーでネジ作業だし。)

本当、昔のゲーム機って頑張っています、大切にしないとなぁ。

話は変わりますが、利用しているハードディスク録画機も裏面のネジ、錆びが・・・と大掃除した時に気づいた。VHS・DVD・HDのアナログ録画機の方は、そんな事はなかったのですが、諸々の製品もそんなに長く長く使う事を想定していないからなぁ。。。。

話は戻って、ヘッドマウント対応ソフトを起動・・・ではなく、セーブ記録を見ると前回8月?のホラーアドベンチャー『デメント』[PS2]をプレイです。

緊張感溢れる鬼ごっこ、パニックになる画面も操作も「あわわわわっ」と開発者の狙い通り、大慌ての作品です。

(キャラの)悲鳴が響き渡るので、周りには注意・注意。適度な謎解きで、本作をプレイすると・・・あっ、夜が明けてしまった、と久しぶりに夢中にさせてくれる作品です。

(記:スッタコ小僧)

« 【テレビ】『ゴットタン 芸人マジ歌選手権』を見た | トップページ | 【映画】『セル』を見た »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【テレビ】『ゴットタン 芸人マジ歌選手権』を見た | トップページ | 【映画】『セル』を見た »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

リンク