« 【ゲーム】NEOGEO、SS、NEOGEOに戻って3DS、そしてXBOX360。 | トップページ | 【映画】『ドント・ブリーズ』を見た »

2021年12月12日 (日)

【書籍】『ファイアマン』読破

 「ジョー・ヒル」著、人体発火の感染病が蔓延したまさに終末・・・SFサバイバル作品です。

~感染した一人の看護師の女性・・・しかも妊婦の視点で描いた点は目新しいが、炎を操る力、閉鎖コミュニティ問題、感染者を狩る人々─と言った点は、既出で経験済み。なので、読み応えはあり、確かに面白かったけど、「この一冊!!」にはなれなかったかな。~

つい最近、「ジョン・ウィンダム」さんの『トリフィド時代 食人植物の恐怖』を読んで、その影響で映画『28日後...』などの記憶も呼び起こしていたので。

 まあ、視点が影響したのか最大の敵が・・・〇では、ちょっと役不足だったかなぁ、とも思いました。

でも、その視点を無くしてしまうと、本作ならではの持ち味が薄れてしまうし、難しい所ですね。

 エンタメ作品か・・・もう少しホラーかSF感が個人的には欲しいと感じました。

感染して自分自身が燃えてしまう恐怖・・・そういった点のゾクゾク感が主人公の「ハーパー」女史が子供の為に"生きる"と決意の表れなんでしょうけど、その辺の恐怖が(ストーリーの展開もあるけど)早々にあっさり無くなってしまう点がね。

感染者狩りの恐怖があるけど、どうも銃社会でないせいか、またはドンパチ映画/ゲームの影響か背筋が凍るといった震えに繋がらない。。。

 映画化が進められているという事ですが、確かにアクション・怒涛の展開・・・映像的には楽しめそうなエンタメ作品かと思います。(悪い意味ではなく。)

(記:スッタコ小僧)

« 【ゲーム】NEOGEO、SS、NEOGEOに戻って3DS、そしてXBOX360。 | トップページ | 【映画】『ドント・ブリーズ』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ゲーム】NEOGEO、SS、NEOGEOに戻って3DS、そしてXBOX360。 | トップページ | 【映画】『ドント・ブリーズ』を見た »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンク